人間同士にも相性があるように、ペットと人間の間にも強い絆が生まれることは珍しくない。このたびアメリカから、がんを患う男性にピタリと寄り添うネコの話題が飛び込んできた。まだ出会って2か月という男性とネコだが“ベストフレンド”であり、何をするにも一緒だという。

米フロリダ州で暮らしていたケリー・ニュージェントさん(Kelly Nugent)は今から2か月前、ニューヨークに住む父親のもとに2匹の飼い猫とともに移り住んだ。ケリーさんの父は数か月前に骨髄のがんと診断され、1人で日常生活を送るのが難しくなっていたためだった。

そんな父親想いのケリーさんが『The Dodo』のインタビューに応じ、父と飼い猫との新しい生活について語った。

ケリーさんは「ニューヨーク到着後、2匹のスコティッシュ・フォールドのうちの“スイートポテトSweet Potato)”は、あっという間に新しい環境に慣れたの。そして父のそばを離れなかったわ。スイートポテトは人が大好きなオスで、ネコというよりもイヌのような性格なの。地球上で最も優しいネコなのよ。一方で私の父は動物は大好きだけど、ネコを飼ったことはないし、ネコよりもイヌのほうが好きなタイプだった。でもスイートポテトがそんな父を変えてしまったのよ!」と明かし、このように続けた。

スイートポテトはまるで父の具合が悪いのを分かっていて、『僕が癒しになるよ。だってあなたには僕が必要だから。これは僕の仕事だよ』と言っているかのようだった。父のそばを離れることなく、父とは何をするにも一緒で、それを見ている私のほうが優しい気持ちにさせられたわ。」

「たとえば父がリクライニングチェアに座ると、必ずスイートポテトがやってきて、父の腕のわずかな隙間に身体をすっぽり入れて寄り添うの。父がコンピュータを使えばキーボードの上に載るし、机で書類に目を通しているとその書類の上に座るのよ。スイートポテトは常に父のそばにいるの。眠る時でさえね。」

こうしてしばらくすると、ケリーさんは父とスイートポテトの様子をTikTokInstagramに投稿するようになり、ほっこりとした動画や写真を見た人たちが次のようなコメントを寄せた。

ベストフレンドだね。」
「なんてキュートなの!」
お父さんも、スイートポテトもひげがあって、まるで双子のようね。」
「私の父もネコを生きがいにしていたの。もう亡くなってしまったけど、父のことを思い出したわ。」
「フロリダに戻る時は、スイートポテトを置いていくのかしら? いずれにしても早くよくなりますように。」
ペットって最善の薬なんだよね。」
「体調がよくなって良かったね。スイートポテトに感謝だね。」
お父さんの表情がとても優しいわよね。」

これらの温かい言葉にケリーさんは、「スイートポテトは私のネコではなく、もうすっかり父のネコになってしまったわね」と苦笑いを浮かべつつ、次のように語った。

スイートポテトは間違いなく、父の精神的な支えになっていると思う。最近は大変な治療の甲斐あって、ずいぶんと体調がよくなったの。痛みもかなり改善されて、スイートポテトゴルフをするほどなのよ。それに6月には骨髄移植が予定されているの。父がここまで回復したのはスイートポテトのおかげだわ!」

画像は『Bored Panda 2021年4月14日付「Cat Refuses To Leave The Side Of His Grandpa Who’s Fighting Cancer」(Image credits: french75vintage)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト