(田中 美蘭:韓国ライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 標的を見つけては日本の歴史認識を糾弾している韓国メディアネットユーザーだが、今度は世界的スタージャスティン・ビーバーに噛み付いた。数年間の充電期間を経て活動再開をし、4月9日には日本の音楽番組「Mステ」こと「ミュージックステーション」で歌声を披露した。その際に、彼が着用していた衣装を巡り、韓国のネットユーザーがまたしても言いがかりともいうべきクレームをつけてきたのだ。

 2020年の年末にオンラインライブを開催、2021年元旦に新曲「Anyone」を発表し、3年ぶりの活動を本格的に再開させているジャスティン・ビーバー。お騒がせな一面もありながらも、彼の歌声は日本はもちろん、韓国でも若い世代を中心に根強い人気がある。4月9日Mステでも、コロナ禍での出演ということでライブによるパフォーマンスは叶わなかったものの、VTR出演ながらも熱唱しファンたちを喜ばせた。

 もっとも、放送後に動画などを見た一部の韓国のネットユーザーネットメディアが、彼が着用していたジャケットが「旭日旗」を連想させるデザインだと画像入りで報じた。こうなれば、どのような反応が来るはもうおわかりだろう。「ジャスティン・ビーバー戦犯旗を着て日本のテレビに出ていた」と騒ぎ始めたのである。

 そもそも、今回、ジャスティン・ビーバーが着用していた「日の出ジャケット」と呼ばれる衣装は米カリフォルアのERLというブランドのものだ。ジャスティン・ビーバーはこのブランドが気に入っているようで、同じく彼の新曲「Peaches」のミュージックビデオの中でもERLのアイテムを着用している。ERLに確認してはいないが、旭日旗ではなく、あくまでも太陽をモチーフにしたのだろう。

 実は、ジャスティン・ビーバーと韓国のメディアネットユーザーの間には因縁がある。2014年4月に、日本をプライベートで訪れたジャスティン・ビーバーが東京・靖国神社で撮った写真をインスタグラムに載せたところ、中韓のメディアネットユーザーが一斉に反応し、ジャスティンインスタグラムは炎上状態となった一件だ。

ジャスティンビーバーと韓国の因縁とは

 当時の報道記事などを元に振り返ると、この投稿に対して60万件以上の「イイね」がついたという。だが、中韓のネットユーザーコメント集中によって炎上状態になり、翌日には写真自体が削除された。その後、ジャスティン・ビーバーが改めて謝罪コメントを載せている。

 しかし、謝罪メッセージに書かれていたのは中国と日本だけで、韓国が入っていなかったことに韓国のネットユーザーが猛反発。「韓国に来るな!」「韓国を無視するな!」といった怒りのコメントがあふれた。日本のファンからも、「何も悪いことをしていないのになぜ謝罪するのか?」「韓国や中国の言いがかりに屈したジャスティンにがっかりした」という失望の声も上がっている。

 この時は、中国外務省の報道局長がジャスティン・ビーバー靖国神社訪問と投稿についてコメントをするなど、総じて見れば韓国よりも中国の反応や反感が強かったという印象である。

 ジャスティン・ビーバーについては、意図的に炎上騒ぎを起こしているという指摘もある。実際、騒ぎが起きた当時も、「東京には数多くの神社があるにもかかわらず、なぜわざわざ火種になりうる靖国神社に行ったのか?」という疑問が呈された。前年の2013年に、オランダ・アムステルダムにあるアンネ・フランクの家を訪れた際にも、アンネ・フランクの偉大さと功績を称えるメッセージとともに、「彼女が僕のビリーバー(ファン)になってくれたら嬉しい」という一文を寄せ、「傲慢」「バカにしている」「不謹慎」と批判の声がわき起こった。

 ただ単に彼が「天然」なだけかもしれないが、SNSを通じてスターセレブとの距離感が格段に近く感じられる現代では、投稿した内容が思わぬ炎上や議論を呼ぶのは何かと起こりやすいものだ。ただ、過去にリチャード・ギアが中国のチベット問題を批判したことで中国から入国を禁じられたように、中韓が絡む発言は、何かと厄介ごとが起きやすい。

 何かと因縁があるジャスティン・ビーバーと韓国だが、今回のこの騒ぎより前の4月2日にも韓国メディアに報道され注目されていた。それは、韓国のアイドルグループBTSが所属する芸能事務所「HYBE(ハイブ)」がジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデといった世界的アーティストが在籍する米国のメディア企業「Ithaca Holdingsイサカホールディングス)」を買収すると発表されたためである。

 YTNやKBSなど韓国のニューステレビ局は、韓国のエンターテインメント企業による過去に例を見ない海外企業の大型買収として報じるととともにBTSジャスティン・ビーバーコメントについてもそれぞれ伝えた。BTSジャスティン・ビーバーも、今回の経営統合を歓迎する旨のコメントを出しており、ジャスティン・ビーバーについては「一つのチームとして多くのことをできることを楽しみにしている、ともに歴史を作って行こう」というメッセージも残している。

 ちなみに、当然と言えば当然のことかもしれないが、ジャスティン・ビーバーMステ出演後、HYBEからもジャスティン・ビーバーからも特にコメントなどは発表されていない。

次は何に難癖をつけてくるのか?

 旭日旗について韓国が過剰反応するのは、今回のジャスティン・ビーバーだけではない。広く知られているように、韓国でも漫画・映画ともに人気を博している「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎のつけている耳飾りの模様が旭日旗であると騒ぎ立て、耳飾りの紋様が変更されたことは記憶に新しい。

 韓国で「旭日旗」と言えば、誠心女子大学教授のソ・ギョンドク氏が何かについて批判や排除を主張し、東京オリンピック旭日旗が持ち込まれないよう、旭日旗を排除すべきとSNSを通じて呼びかけを行っている。現在、関係が急速に悪化している中国についても、「参鶏湯は中国の起源によるもの」(参考記事)という投稿をしたネット検索大手の「百度(バイドゥ)」に対して、「どちらが勝つかやってやろうじゃないか」と抗議メールを送ったと報じられている。

 このように旭日旗の抹殺に躍起になる人物や団体がいるが、一般的な韓国人はどのような反応なのだろうか。確かに、放送後に衣装デザインに関する報道は出たものの、正直、それが今日まで騒がれているという印象はない。ネットでの批判コメントなどとは対照的に、冷めた意見も多く聞かれる。

 4月12月日付けのNEWSISや聯合ニュースの報道では、彼の新曲が韓国国内のチャートで上位にランクインし好評を得ていること、前述のHYBEとの経営統合に関連して、今後、ジャスティン・ビーバーをはじめとした米国の有名アーティストの訪韓やKPOPアーティストコラボに対する期待が報じられている。

 近年のSNSコミュティサイトの情報の拡散力や炎上の速さを見ても、声を大きく上げる反日団体などによって、一部の声が韓国国民すべての声という印象になってしまうのは憂うところではあるが、今後も何かにつけて、このようなクレームが続くと思うともはや呆れや怒りを通り越して失笑がこぼれる。次はどんなテーマを見つけるのだろうか。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国人も嘆息、米国に人権状況酷評された文在寅政権

[関連記事]

炎上大国、韓国に見るネットコミュニティの歪な正義

韓国でもしっかり起きている歴史認識と教科書の歪曲

活動を再開したジャスティン・ビーバー(写真:Backgrid/アフロ)