重要人物の日記や書簡などの一次史料発掘や、竹下登後藤田正晴らをはじめとした「オーラル・ヒストリー」の取り組みで、日本近現代史研究に大きな影響を与えてきた伊藤隆さん(東京大学名誉教授)。現在は国家基本問題研究所(国基研)の理事を務めるなど、保守論客の一人としても知られています。

 88歳になった今でも最前線で研究を続ける歴史家の目には、近年の日本やかつての教え子はどのように映っているのか――。近現代史研究者の辻田真佐憲さんが聞きました。(全2回の1回目/後編に続く

日本学術会議は「なくしたほうがいい」

――櫻井よしこさんが理事長を務めている国基研の「日本学術会議は廃止せよ」という意見広告に、伊藤さんは賛同人として名前を連ねています。ただ、あのとき任命拒否された6名のうち1人は、弟子に当たる加藤陽子さんでした。この一連の問題についてどのようにお考えなのか、まずは伺いたいです。

伊藤 もともと日本学術会議って、僕とはまったく無縁の存在でね。あれはいろんな学閥というかな、大学とか、企業とか……それと民科(民主主義科学者協会)という、共産党系の人たちにとっては関心があるんだろうけど、他の大半の学者にはまったく関係ないんですよ。どちらかといえば、今はもう左翼の巣窟になってるからね。あんなもん、なくしたほうがいいと、僕は思っているわけです。

――あの6名の方が任命拒否されたのは、政府の安全保障の法制に反対したからだ、という意見もあります。

伊藤 安全保障についての研究に、彼らはだいたい否定的ですから。それはだって、今、安全保障の問題は日本にとって一番緊急じゃないですか。(任命拒否の背景は)たぶんそういうことだろうな、と僕は思っていますけども。

――加藤さんについては、以前、毎日放送でやっていた『教育と愛国』という番組でインタビューをお受けになっていますね。同じタイトルで本にもなっています。

伊藤 なんだかね、いろいろ忘れてるね。それ、僕がインタビューを受けてるの? (本を確認して)……本当だ。ああ、なんかね、この本、送ってくれなかったな。

――そうなんですね。この中で伊藤さんは、山川の教科書を執筆されたとき、問題のある記述を直した。ところが、その後を継いだ加藤さんが、せっかく直した箇所を元に戻してしまった、と仰っています。そして加藤さんに対して「あれは本性を隠していた」と。とはいえ、お二人は師弟関係で、かつては大学の中でかなりコミュニケーションもあったはずですよね。

伊藤 そう。

――それがなぜ、このようなことになってしまったのですか。

かつての教え子たちについて

伊藤 僕のところにいる分には、左翼を丸出しじゃ具合が悪いと思って、隠していたんでしょう。いい論文を書いてましたけどね。でも、ゼミの報告なんかを聞いてると、初めに理論があって、それに必要なデータを集めるという、そういうやり方だからね、非常に気に入らなかったんだけど。

――指導をされていた頃から、伊藤さんとしては違和感があったということなんでしょうか。

伊藤 いや、そのときは本当にうまくやってたと思います。

――学術会議の問題に関しては、同じく弟子である古川隆久さんも、「任命拒否の撤回を求めます!」という署名運動をされています。古川さんに対しては?

伊藤 似たようなもんですね。彼はもともとそんなに左翼だったわけじゃなくて、だんだん、だんだん……今の歴史学界を見たら、やっぱり左翼でないとやりにくいんですよ。

――ある意味生存戦略によって変わっていったと?

伊藤 それが自然なんでしょうね。上昇志向のある人はそうなると思いますよ。

――しかし伊藤さんご自身はそうならずに、東大の教授にまでなられたわけですよね。なぜ、そのようなことが可能だったんでしょうか。

伊藤 その頃は左翼が全盛というほどではなかったんですよ。左翼でない者も住める世の中だった。ただ、大学にいる頃はやっぱり、これは将来、就職は無理かなと思ってました。大学はだいたい左翼が握ってたからね。

かつて共産党に入党した理由

――伊藤さんは一貫してマルクス主義の問題について言及されていますが、学生の頃には一時期、共産党に入党されていましたね。それは当時、共産党マルクス主義に対して何か共感があったからなのでしょうか。

伊藤 そうですね。僕はね、中学の1年のときに戦争が終わったのかな。それで先生たちを見ていると、それまで軍国主義的な態度をとっていた人たちが、コロッと変わったわけですよ。それで、そういう人たちのことをすごく嫌いになって。そこから始まっているんです。

――権威を振りかざすような人間は嫌いだと?

伊藤 というよりも、世の中の動きに自分を合わせていくような、そういう連中が嫌で。そうしてみると、やっぱり共産党は一貫している、と思ったことは確かですね。でも、入ってみるとね、中は同じだった。要するに、いかにして昇進するかということでね。小心翼々とやっているわけですよ。お金の問題に汚いし、女性関係は本当にいい加減だし。僕は一時期は本当に、職業的な運動家になろうと思ってたの。

――民青のキャップもされていました。

伊藤 そう。でも、これはダメだと思って、六全協(日本共産党第6回全国協議会)のときをきっかけにして、共産党から離れたんです。

――その後の共産主義マルクス主義との関わりを見ますと、伊藤さんはその方面からかなり批判、攻撃をされているなとも思います。小学館の「日本の歴史」シリーズの一巻として出された『十五年戦争』に対する反応はちょっと驚きました。自費出版本の『落ち穂拾い』で引用されていますが、「反動的歴史観」「再読するに耐えぬ」「吐き出したいほどの著書」「不愉快きわまりない本」(松尾章一)と……。これが当時としては標準的な空気だったのでしょうか。

伊藤 本当に彼らがそう考えているのか、それともそう言わないと自分の身が危ないと思って言っているのかは、よくわからないですけれど。もう滅多やたらにやられましたよ。

保守と左翼のバランスは変わっていない?

――昭和50年代ですと、それ以外にも、伊藤さんがNHKの高校講座『日本史』を担当されたときに、朝鮮戦争北朝鮮の侵略で始まったと書こうとすると訂正を求められたとか、強烈なエピソードがたくさんあります。とはいえ、今はそれほどでもないような気がするんですけれども。

伊藤 それは、左翼も認めざるを得ないからでしょ。北朝鮮が攻め込んだということは。

――かつてはマルクス主義がすごく強かった、それに対していろいろ対抗しなければならなかった、というのはよくわかるんです。ただ、現代は左翼も弱くなっていて、たとえば安倍さんが歴代最長の政権を築いたように、むしろ保守の方が強いのかなという気もするんですが。

伊藤 いや、そんなことはないですよ。自由民主党憲法改正を綱領のトップに置いているにもかかわらず、未だに何もできないでしょ。なぜかと言ったら、自民党の中にも東京裁判史観みたいな人がいるわけ。だからね、ものすごく強いんですよ。ソ連が崩壊したときも、かなりの人が「これでマルクス主義は終わりだ」と言ったんです。でも、「そんなことはない」と僕は言ったんですよ。だって、隣に中国共産党があるじゃない。北朝鮮の(朝鮮)労働党があるじゃない。ベトナム共産党だよ。

 まあ、中国共産党というのはアジア的なものであって、純粋な共産党じゃないんだと言う人もいましたけど、やっぱりね、一党独裁でやってるわけですから。それでこの間までODAを貰っていたような国が、今や偉そうに日本を見下して、尖閣列島をよこせと言ってる。

――安倍さんがあれだけ長く総理を務めたとはいえ、日本ではまだまだ左翼、共産党は厳然たる力を持っている?

尖閣列島を取られたらどうするのか」

伊藤 だって、安倍さんも憲法改正はできなかったじゃない。

――かつては国会でも、社会党の存在が大きかった時代がありました。3分の1ほどの議席を持っていて、共産党もある程度の勢力があった。そうした頃に比べると、やはり左翼も弱くなったような気がどうしても否めないのですが。

伊藤 逆に薄まった左翼がいろんなところに浸透してると考えたほうがいいんじゃないですかね。文藝春秋みたいに。僕は左翼の人たちに聞きたいんだよ。今、これだけ中国に日本が狙われてるのにさ、向こうから撃ってきたらどうするつもりなのかと。尖閣列島を取られたらどうするのかと。

――左翼にも色んな人がいて、中には憲法改正して国を守ることが重要だと主張する、いわゆる左翼ナショナリズムの人もいるとは思いますが。

伊藤 でも、憲法改正の前に起こったらどうします? それは前から言われていることなのにね、何も解決できていないから、僕は非常に苛立ってるんです。

――伊藤さんは、安倍さんのことは評価していますか。

伊藤 僕はずっと安倍さんの支持者だから。前にもちょっと会ったことがあるし。

――安倍さんとお会いになったときは、やはり歴史の話をされるんですか。

伊藤 いや。あれは何だったろうなあ……何かの機会に会って、ちょっと話をしたんです。

――伊藤さんが安倍さんを評価されているのは、教育基本法の改正や安保法制の整備などの点についてですか。

伊藤 うん。でも、それぐらいしかできなかったんだよね。だって国民の支持がなければ、憲法改正も無理でしょ。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

――なるほど。では、憲法改正まで至らなかったのは、安倍さんが悪いというよりは、国民の動向の問題だったと?

伊藤 やっぱり戦後の、アメリカ日本人に対して行った教育、それの最たるものが東京裁判だけど、その影響がずっと続いているわけですよ。

――「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」と言われるものですね。それについては、2018年に賀茂道子さんの『ウォー・ギルト・プログラム』が出ましたね。そこでは、アメリカの大掛かりな工作が一方的に成功したというより、「軍国主義者すべてが悪かった」ということで処理したかった日本側の事情も指摘されています。

伊藤 まぁ、何でもかんでも日本人のせいというさ。9条の問題もそうだけど、そういう形で今は崩そうとしているんだよね。

――同書は、実証的にもしっかりした内容だったと思うのですが……。伊藤さんは、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムはかなり影響力があったとお考えですか。

伊藤 ものすごくあったと思いますよ。

――それは江藤淳さんの本(『閉された言語空間』)を読まれて?

伊藤 それだけじゃないですけどね。だって現実に彼らがやっていた検閲の内容がわかるわけでしょ。ははあ、こういうことを日本人に言わせたくなかったんだって。

ーー一方で、日本は占領が解けると、収監されていた戦犯容疑者たちをすぐに釈放したりもしています。そうした対応を見ると、そこまでGHQの情報工作がうまくいってはなかったんじゃないかとも考えられるのですが。

伊藤 いやいや、そんなことはないですよ。戦犯を釈放した話は、朝鮮戦争とかでアメリカの姿勢が変わったこととも関係があると思いますよ。つまりはそれも、アメリカの影響力の下で行われたことです。

歴史を分析するための“立脚点”

――次に、歴史との向き合い方について伺えればと思います。伊藤さんは、マルクス主義的な歴史観に対して、実証主義的な手法によって対抗してきた方なのだと思います。ただ、『正論』に掲載された江崎道朗さんとの対談では、実証主義に対しても批判しているところがあります。

 その箇所を読みますと、「『実証主義』に走るひともいて、非常に細かな問題は扱うのですが、ではそれが歴史研究のなかで、どこにどうつながっているのかがわからない、という話になる」「視座や、よってたつ論理がないと説明が付かないし、実証研究など成り立たないんです。ただ、こういう資料がありました、こういう事実があったで終わってしまう。非常に厳しいのです」と。これは、単に実証だけやっている人はダメなんだ、という意味でしょうか。

伊藤 そうですね。やっぱり、歴史を分析するための立脚点は、自分で作っていかなきゃいかんでしょ。それをマルクス主義の図式とか、東京裁判史観とか、そういうものに全部頼ってる人が非常に多いわけです。それをもとにしてやったって、いろんな事実の中で、自分の理屈に合うものを集めてくるだけだから。それは実証とは言わないんじゃないかな。

――ただ、一般に実証主義といいますと、資料を見て「これがありました、あれがありました」という事実だけを扱う、そのようなイメージを持っている人も多いのではないかと思いますが。

伊藤 そこに価値観が入っちゃうと、やっぱりまずいんです。歴史のことを考えるときに、善悪とか誰々の責任だとか、そういう言い方はダメです。だけど、だいたいこういうふうに歴史を認識するという、その構造はやっぱり必要ですね。

今の若い歴史家をどう見ている?

――伊藤さんは『昭和初期政治史研究』の中で「進歩と復古」と「革新と漸進」という軸を作られたわけですけれども。

伊藤 誰でもそれを、自分で作りなさいということです。ただ、世の中というかな、歴史学界にはマルクス主義、東京裁判史観が流布している。それに沿わないとなかなか、認めてくれないわけですよ。大学に就職するときとかに、こいつは変な奴だとはねられないように、そっちに寄っていくわけ。そのうちに、本当に引き込まれてしまう。

――逆に、今の若い歴史家の中で、そうした歴史観に引きずられずに、新しい視座を作ろうとしているな、と思われる人はいますか?

伊藤 いやあ、それがあんまり見当たらないんで、残念だなと思っているわけですよ。

――さきほどの『正論』の対談で、伊藤さんは「宮脇淳子さんと江崎さん、それに櫻井よしこさんははっきりした議論をする人」と仰っています。ただ、例えば櫻井さんは歴史家というよりはジャーナリストですよね。こういった方々について、伊藤さんはどう評価されているのでしょうか。

伊藤 そういうなら、江崎さんも歴史家ではないからね。歴史には非常に関心を持っているけど、彼は政治の実務家ですし。それから宮脇さんは、非常に目を開かせてくれるすばらしい学者なんですが、東洋史ですから。東洋史といっても、やっぱりアウトサイダーではありますけど。僕は今、その3人を尊敬してるんです。

――それ以外で、評価されているかたはいますか。

伊藤 そうですねえ。あと、僕は古代史は専門じゃないからあれだけど、田中英道さんの最近の著作なんてちょっと面白いなあと思ってるんですけどね。半信半疑なところもありますが、でも、やっぱりマルクス主義に毒されてないという点で非常に面白いと思って。

アウトサイダーへの期待

――伊藤さんとしては、アウトサイダーのほうが見るべき人はいるとお考えですか。

伊藤 そうです。自分で考えて歴史を分析してますから。

――最近ですと、百田尚樹さんの『日本国紀』がすごく売れていました。

伊藤 僕、あれ、読んでないんだよ。

――そうですか。ちなみに、東大にいらっしゃったときも、文学部のつながりより、御厨貴さんや北岡伸一さんなど、法学部系の人とのお付き合いが多かったのかなと思いますが。

伊藤 それはね、そうじゃないんです。彼らが僕のゼミに来たんですよ。というのも、僕は法学部との付き合いは深かったんです。法学部の教授になった三谷太一郎氏がアメリカに留学にいったときに代わりに講義をやったり、あとは国史から法学部へ行った佐藤誠三郎は一番の親友ですから。で、僕を高く評価してくれたのも岡義武という法学部の先生なんです。

――なるほど。その御厨さんや北岡さんも日本の近現代の政治史についていろいろと書かれていますが、伊藤さんはそうしたお仕事について、どのように捉えていますか。

伊藤 そうですねえ……まあ、かつては高く評価していたのですが、今はあんまり評価してないんです。だいたいにおいてあの人たちは、学者というよりは、何かちょっと別なものになったような感じがしますね。北岡君なんて、前、日中歴史共同研究の座長をやってたでしょ。それで戦後70年談話のときかな、「安倍さんには『日本は侵略した』と言ってほしい」とか言って。何を言ってるんだと、僕は思ったんですけど。

 資料の復刻とかね、僕は自分のゼミ生と一緒に仕事はしてきました。ずいぶんたくさんの資料を、もう山のようにやりましたけどね、自分の弟子というか、ゼミ生に対しては、多少失望していますね。もうちょっとなんとかならないかなと。

後編に続く

撮影=鈴木七絵/文藝春秋

保守論壇の重鎮・伊藤隆88歳が振り返る“つくる会”騒動「こういうところにはいたくないと思った」 へ続く

(辻田 真佐憲)

伊藤隆さん