医療従事者や福祉施設で働く方などのように、コロナ禍でプライベートでの行動が極端に制限されている人は少なくありません。短期間であればまだ我慢もできますが、すでにコロナは1年以上と長期化。なかには、恋人と会えなくなって別れてしまったケースもあるようです。

病院
画像はイメージです(以下同じ)

コロナ前に恋人と遠距離恋愛に

 そんな中、仕事よりも恋人を選んだ人も。地方都市の総合病院で看護師として働いていた橋村弥生さん(仮名・29歳)は、2020年夏に退職。最初の緊急事態宣言が明けた後も県外移動の自粛要請があり、遠距離恋愛中の彼氏と会えなかったことが、退職の大きな理由だといいます。

「彼は大手メーカーの社員で、2018年から私の住んでいた街に赴任していたんです。そのときに知り合って付き合い始めましたが、2019年の秋に再び異動になっちゃったんです。そこは日帰りではとても会いに行ける距離ではなかったですけど、それでも月1、2回、お互い行き来して一緒に過ごすようにしていました。

 でも、年が明けて2月に入って、新型コロナの感染が日本でも広まり始めると、会うのを控えるようになりました。ただ、この時点ではこんなに長く続くとは思わず、しばらく我慢すればいいと思っていたんです」

 ところが、彼女の勤める病院は緊急事態宣言が明けても院内スタッフに対する県外移動は解除されませんでした。また、同時に県外から来た友人・知人との接触も極力控えるようにとの通達が出されており、彼氏に来てもらうことはできませんでした。

家に帰ると会いたさが募って…

遠距離恋愛

「病院としては当然の判断ですし、それに対しての異論はありません。すでにこのころには院内クラスターが発生している医療機関が各地に出ていましたし、いくら彼に会いたいからってルールをこっそり破るような真似なんて決して許されないことです。けど、仕事中はまだいいですが、家にいると彼のことばかり考えてしまい、おかしくなりそうでした

 普段の弥生さんは、どちらかというとさっぱりした性格。いつも彼氏のことばかりを考えているようなタイプではなかったのですが、このときは会えなくなって4か月近くが経過。

 それまで付き合っていた男性ともこんなに会わない期間が続いたことはなかったらしく、自分で考えていた以上にさみしがり屋だったことに気づきます

不安に駆られて退職を決意する

看護師

 しかも、結婚を前提としたお付き合いで、互いに実家には挨拶済み。きちんとした形での結納はしていませんでしたが、事実上の婚約状態にあったそうです。

「ただの恋人同士ならもしかすると仕事を選んでいたかもしれません。でも、結婚してもいいかなと思ったのは、今の彼が初めてでした。そんなに結婚願望が強いほうではなかったですけど、もう私も20代後半です。別れてしまったら次にいつチャンスが訪れるかもわからなかったし、不安に駆られてしまったのもあります。それで病院を辞めることを考えるようになりました」

 とはいえ、コロナ禍で医療機関もひっ迫。勤務先は地域の中核医療機関のひとつでコロナ感染者の受け入れも行っていました。既存スタッフの中からコロナ担当に人員を割くことになり、病院内のすべての医療従事者が疲労困憊の状態だったそうです。

「仕事への責任感もありましたが、コロナ禍が長引くなかで、このまま働いていたら彼と会えない状況が今後もずっと続くと思ってしまったんです。そうなれば、いくら結婚を約束していてもうまくいかなくなる可能性は高い。それで6月中旬ごろ、7月いっぱいで辞めさせてほしいと伝えました」

辞表を出したら上司たちから「無責任」と…

 その際、彼氏や結婚のことも打ち明けましたが、対応した婦長からは「いったん預からせて」と保留扱いにされてしまいます。そして、しばらくの間、婦長や副婦長、主任などから退職を思い留まるように代わる代わる説得を受けます。ですが、辞意を撤回することはありませんでした。

「遠回しな言い方でしたけど、この時期に辞めようとするなんて無責任だと責められました。特に主任なんか『それで別れるような人は本当の相手じゃない』『そのうちいい人が見つかる』なんて根拠のないことばかり言ってきました。

 もし『病院のことは気にしなくていいから!』と言ってくれる人がいたら逆に思い留まったかもしれません。それでも理由はどうであれ、途中で現場を離れたのは事実ですし、罪悪感は今でもやっぱり消えないです」

 現在は式こそ挙げていませんが彼の希望で入籍は済ませ、一緒に暮らしているとのこと。恐らくあのとき辞めていなければ少なくとも2人は今も夫婦にはなっていなかったでしょう。彼女は結果として仕事を辞めましたが、どちらの道を選んだにせよコロナ禍で難しい判断を迫られた人は、きっとたくさんいるはずです。

<取材・文/トシタカマサ イラスト/野田せいぞ(@nodanosei)>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中