カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

人の目そっくりに再現したウェブカメラ

credit:Marc Teyssier

 監視カメラスマホなど、現代社会にはそこいら中にカメラが溢れていて、いつも監視の目を光らせている。それは目立たないように設置されており、慣れもあってか、もはや見られていることを忘れてしまいがちになる。

 常に見られていることを意識するにはどうしたらよいのだろう?

 だったらもっと生々しい視線を感じることができればいいのだ。そこで誕生したのが、人間の目そのままのWEBカメラ「Eyecam(アイカム)」だ。目玉ハキョロキョロ動くし、ちゃんと眉毛だってついてるんだから。

【徹底的なリアルさへのこだわり】


New generation of webcam? The human eye webcam.

 それはそこにあって、いつもじっとあなたを見つめている。あなたの動きを視線で追い、何をしているのか観察し、ときに驚き、ときに目をしかめる。

 外見は人間の目そのもの。皮膚の部分はシリコン製で、眼球には血管が走り、まつ毛や眉毛には人毛が植毛されるほどのリアルさへのこだわりだ。

 だがリアルなのは外見だけではない。動きも人間の目そのものだ。

 Eyecam(アイカム)カメラがとらえた映像は画像処理アルゴリズムで解析され、周囲で起きている出来事を自動的に判断。それに応じて内蔵された6つのサーボモーターがさまざまな目の筋肉の動きを本物さながらに動かす。

2_e

credit:Marc Teyssier

人間の目の表現を再現

 目は大切なコミュニケーションツールの1つだ。ただ目を見つめるだけで、幸せや悲しみ、怒りや退屈といったさまざまな感情を読み取ることができる。

 人が何かに興味を示していれば、キョロキョロと見回したり、じっと見つめたりする。これは私たちが自然にやっていることだ。

 アイカムはカメラにそうした目の表現力を搭載したものだ。人間による意識的な動きだけでなく、無意識的な動きまで再現されているという。

3_e

credit:Marc Teyssier

監視カメラに存在感があったら?

 製作者はドイツ・ザールラント大学ヒューマンコンピューター・インタラクション研究所のマルク・テシエ氏。

 このようなものをあえて作ったのは、隠されたデバイスの潜在的なリスクを浮き彫りにし、従来の機器設計に疑問を投げかけるためであるという。

 私たちの身の回りには監視カメラが溢れているが、それらは巧妙に隠されており、その姿をはっきりと認識することはできない。

 だが、もしそれらにもっと存在感があったとしたら? きっとこっち見んなと叫び出したくなるに違いない。

 ちなみにGithubで設計とソフトウェアが公開されているので、物好きなギークなら自作してみることもできる。

 最近ではWEB会議が主流となっているが、この目玉カメラパソコンに設置することで、人の目を常に意識している芸能人のような気持ちになれるかもしれないし、そうでもないのかもしれない。

References:Marc Teyssier | Eyecam / Single article | Saarland University/ written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

サイエンス&テクノロジーの記事をもっと見る

この世に存在しない猫を次々と自動生成できるAIが登場! - カラパイア

うつ病や双極性障害の発症リスクを血液検査で診断できるバイオマーカーが開発される - カラパイア

もしあの有名人が今も存命だったら?AIで現在の姿を再現してみた - カラパイア

不透明な物体を通過して反対側に映像を投影できる非破壊ビームが開発される - カラパイア

常に見られていることを意識したい。そんなあなたのための人の目型WEBカメラ(眉毛付き)