出産祝いに贈られたアンパンマンの人形と男の子トイ・ストーリーが、Twitterで人気を集めています。

【画像】漫画を読む

 まぼさんの息子「よいたん」が生まれた翌日、親戚のおばさんアンパンマンの人形を贈ってくれました。その1年後、アンパンマンはよいたんが“振り回すオモチャ”という役割を得ます。さらに半年後、よいたんがアンパンマンの名前を覚えると大の仲良しに。ごはんの時も寝るときも一緒に過ごします。出かけた先ではぐれてしまい、涙の再会をしたことも。アンパンマンの仲間たちもどんどん増えていきました。

 公園では他のお家のアンパンマンを見かけることも。どのアンパンマンにも、その家の歴史が刻まれています。いっぱい遊んで泥んこになったアンパンマンは、よいたんと一緒にお風呂場へ。きれいに洗ってもらいます。

 保育園にも一緒に行きたいくらいアンパンマンのことを大好きなよいたんですが、ある日、二人の友情を揺るがしそうな事件が起こります。アンパンマンと一緒にお出かけをしたよいたんがおもちゃ屋さんに入ると、店内には魅力的なお友達がいっぱい。よいたんはその中にいた別のアンパンマンが欲しくなってしまいます。

 「今日はおもちゃを買うお約束してないよね?」といわれて、トイレやお着替えを頑張っていることをアピールするよいたん。「同じアンパンマン持っているよね?」という問いかけには、お口の形の違いや片目がウインクしていることを訴えます。そうきたか……。

 お母さんが発した「(翌月の)お誕生日の時に買おうか」という言葉を聞いてしまったアンパンマン。「ぼくたちの絆はどこに行ったんだよ」と打ち震えます。アンパンマンとよいたんの絆はどうなってしまうのでしょうか……?

 小さい頃の“お気に入り”を巡るストーリーは多くの人が心当たりがありそう。アンパンマンの目線で描かれているのも、まさに映画「トイ・ストーリー」のようですね。まぼさんは他にも子育て漫画を投稿しており、少しお兄さんになったよいたんの姿も見ることができます。

よいたんの親友、アンパンマン