人見知りで話しベタで気弱」を自認する新卒女性が入社し、配属されたのは信販会社の督促部署! 誰からも望まれない電話をかけ続ける環境は日本一ストレスフルな職場といっても過言ではなかった。多重債務者や支払困難顧客たちの想像を絶する言動の数々とは一体どんなものだったのだろう。

 現在もコールセンターで働く榎本まみ氏が著した『督促OL 奮闘日記』(文春文庫)から一部を抜粋し、かつての激闘の日々で身につけたお金についての基本的なノウハウを先輩との対談形式で紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◇◇◇

Q.毎日毎日怒鳴られて、仕事がつらいです~。K藤先輩はどうしてこの仕事を続けていられるんですか?

N本 また2時間もクレーム電話の対応でした~(涙)。仕事とはいえ、毎日毎日怒鳴られてばかりで、こんなつらい仕事、K藤先輩は辞めたいと思ったことはないんですか?

K藤 仕事自体は確かにつらい部分が多いかもね。精神的なストレスがかかることもたびたびだし。でも、なかなか支払ってくれないお客さまを説得して、入金してもらったときの達成感はあるじゃない?

N本 うーん、それは私にも分かりますけど……。朝から晩までコールセンターに閉じ込められて一日電話する仕事、土日も祝日も出勤(*1)だし「どうして私ばっかりこんな仕事!」って思うときがあるんです。

*1 コールセンターは基本的に土日も祝日も稼働しているため、土日祝出勤があるのは当たり前。

要求は仕事の実績との等価交換

K藤 会社に不満があるときは、文句を言いたくなるわよね? でも、会社はそれじゃ動いてくれないのよ。私がこの仕事を続けている理由は、「発言力」を持つためかな。

N本 は、「発言力」~?

K藤 会社にこんな仕事をさせてほしい、業務をこうしてほしいって言うためには、ちゃんと成果を持っていかないとね。私も新入社員の頃は、N本と同じように会社に不満ばっかり言ってたわよ、でも会社はなんにもしてくれなかった。

N本 えっ、K藤先輩にもそんな初々しいときがあったんですね。意外ですね!

K藤 N本、あとで体育館裏においで(ニコッ)。

N本 ひいっ、ここ体育館裏ないです!(震)

K藤 新入社員は上司に不満を言えば改善してくれるって思ってるけど、文句だけ言ったって動いてくれないわよ。私だって会社に提案が通ったのは回収金額がチームで一番になったときだった。まぁそのときは気持ちよかったわね。組織を変えたいと思ったら、それは仕事の実績との等価交換なの。要求を聞いてほしけりゃ手ぶらで来るな、成果を持ってこいってこと。

N本 ぎくっ。

K藤 それに、少しでも影響力が持てて周りを動かせるようになったら会社って、働くって楽しいわよ! ひとりじゃできないことも会社の力があればなんだってできるんだから。だからN本も、文句や不満があるならそれを改善するために会社から要求されてる利益を持ってきたら? ま、とりあえずアンタが成果出したら、私が一つアンタの要求上に伝えてあげるわよ。

N本 えっ! と、とりあえず頑張ります!

A.成果を出せば周囲に影響力を持てる。会社を動かせれば仕事って楽しくなるかもよ。

Q.お金に困ってしまう人って今どんな問題を抱えているの?

N本 不況不況って言われていますけど、今、お金に困っている人って、どんな人でしょう?

K藤 少し前なら多重債務(*2)なんかが社会問題になってたわね。

*2 銀行やカード会社など、複数の貸金業者からお金を借りている状態のこと。

多重債務者が減ったワケ

N本 多重債務……あちこちの会社でキャッシングをして、月々の支払い額がものすごい金額になってしまった人たちですよね。借金返済のためにお金を借りてはまた返しの繰り返しで、苦しんでいる人がたくさんいましたよね。最近、多重債務問題が減ってきたのは、2006年に総量規制(*3)に関する法律が成立してからと言われています。

*3 国が一人につき、一度に借りられるお金の金額に制限をかけたこと。借入金額の上限を年収の3分の1とし、2007年から段階的に施行された。

K藤 N本にしては珍しく真面目なことを言うじゃない。そう、2006年に成立した改正貸金業法は多重債務の防止を目的とした総量規制や救済措置を盛り込んだ法律だったの。それによって多重債務者は劇的に減少したわ。ただ逆に困ったことが起きているのも現実なのよ。

N本 えぇっ、いいことばっかりじゃないんですか~⁉

総量規制の功罪とは

K藤 お金を借りたくても借りられない人が出てきちゃったのよね。本当にお金に困っているのに、総量規制のせいでどこも貸してくれないという状況が起こっているのよ。

N本 総量規制以上に融資をすると、貸した会社が法律で罰せられちゃうんでしたっけ……。

K藤 年収の3分の1までしかお金を借りられないってことは、年収が200万円だったら、66万円ちょっとが限度額ということでしょう? 子どもの入学金とか、海外旅行とか、ちょっと大きな出費が重なると、あっという間に限度額を超えてしまうというわけね。

N本 法を破ってお金を貸しているところ、いわゆる闇金でお金を借りる人が増えてしまうんですね。繁華街の電柱とかで「クレジットカード枠の現金化(*4)します」みたいな看板見かけたりしますけど、あれも言ってしまえば総量規制で借りられなくなった人を狙ったサービスですよね。

*4 クレジットカードのショッピング用限度額を利用して、その枠内で現金に換金するサービスのこと。一度クレジットカードで業者から商品(といっても価値のないものの場合がほとんど)を購入することで、その購入した商品の金額の一部を業者から受け取るしくみ。

なかなか周囲に相談できない“お金”の問題

K藤 カードのキャッシング枠には、さっき話したような総量規制がかかるんだけれど、ショッピングの限度額は総量規制の対象外なのね。だからこの「クレジットカード枠の現金化」というのは、それを利用してショッピングの限度枠を現金に換えてくれるというもの。違法か合法かというと、限りなくグレーゾーンサービスと言えるわね。実際出資法違反で逮捕者も出てるしね。

N本 でも、そういうところを利用するお客さまは、よっぽど切羽詰まった状態ってことですよね。

K藤 日本人って、そもそもお金のことを口に出すのが恥ずかしいとか、はしたないって風潮があるからね。なかなか周囲に相談できないのよ。

N本 うっ、確かにどんなに仲の良い友達にも、「お金がない」「借金で苦しんでる」なんて言えないかも。飲み会に誘われても「お金がないから行けない」なんて言ったら、その場がしらけちゃいますもんね~。

K藤 私は、お金がないことはたまたま不運が重なっただけであって、決して恥ずかしいことではないと思うわ。お金がないことを言ってくれないと、周りも助けられないしね。黙って闇金とかで借りて、それも返せなくなる前に、周囲にできることもあるかもしれないのにね。

N本 一人で抱え込まず、もっとお金についてフランクに話し合える雰囲気になるといいですよね。私もお金に困ったらK藤先輩に相談しますから!

A.お金に困っていることを誰にも相談できないってことかしらね

【続きを読む】返せなかったらやっぱり最後は自己破産!? お金に本当に困ったときに検討すべき意外な“相談所”とは

返せなかったらやっぱり最後は自己破産!? お金に本当に困ったときに検討すべき意外な“相談所”とは へ続く

(榎本 まみ/文春文庫)

©iStock.com