JR北海道札沼線に「ロイズタウン駅」が誕生することに。個性的な名称を持つこの駅について、きっぷを買うと楽しくなりそうな、その相棒たり得る駅を見つくろってみました。

「愛の国から幸福へ」が話題になりましたが

JR北海道札沼線2022年春、個性的な駅名が誕生することになりました。

その名は「ロイズタウン駅」。チョコレートで知られるロイズコンフェクト(ROYCE')ふと美工場近くに、同社と、その工場がある当別町による請願を受け設置されるもので、場所は札幌駅から約20km、所要時間およそ30分のところ。開業後は工場見学アクセス駅になるほか、これによる地域活性化も期待されています。

さて昭和50年ごろ、北海道では国鉄広尾線1987年廃止)の愛国駅から幸福駅までのきっぷが、駅名の字面から「愛の国から幸福へ」ということで、全国的な話題になったことがあります。

新たに誕生する個性的な駅名「ロイズタウン」。ほかの駅と組み合わせてどんな楽しそうな字面ができるか、考えてみました。実際にそのきっぷを買えることを考慮し、JRの駅だけを対象にしています。

町から町へ そしてロイズタウンから宇宙へ…

ロイズタウン駅」と組み合わせると面白そうなきっぷを、いくつかご紹介します。

ロイズタウン → オレンジタウン

オレンジタウン駅」は、JR四国高徳線に存在。香川県さぬき市にあり、高松駅から約19kmの距離です。「オレンジタウン」はJR四国グループが開発する住宅団地で、駅はその開発にあわせて設けられました。

普通片道運賃(大人)は、室蘭本線経由で2万1580円。営業キロは2007.8kmです。

ロイズタウン → ユニバーサルシティ

ユニバーサルシティ駅」は、JR西日本桜島線JRゆめ咲線)に存在。大阪市此花区にあり、大阪駅から約7kmの距離です。「ユニバーサルシティ(USJ)」のオープンにともない、その最寄り駅として新たに設けられた駅です。

普通片道運賃(大人)は、室蘭本線経由で1万9470円。営業キロは1781.6kmです。ただしこのきっぷを普通に買うと、「ロイズタウン大阪市内」というきっぷになってしまうため、新大阪駅から遠回りしておおさか東線関西本線大和路線)経由で計算しています。

Jヴィレッジ → ロイズタウン

「Jヴィレッジ駅」は、JR東日本常磐線に存在。福島県楢葉町にあり、いわき駅から約25kmの距離です。サッカーなどのスポーツトレーニング施設「Jヴィレッジ」の最寄り駅として、2019年4月に開設されました。

普通片道運賃(大人)は、室蘭本線経由で1万2980円。営業キロは957.8kmです。

ロイズタウン → スペースワールド

スペースワールド駅」は、JR九州鹿児島本線に存在。北九州市八幡東区にあり、小倉駅から約10kmの距離です。「スペースワールド」は宇宙のテーマパークで、その最寄り駅でしたが、2018年1月にテーマパークの「スペースワールド」は閉園。駅と駅名はそのままになっています。

普通片道運賃(大人)は、室蘭本線経由で2万4360円。営業キロは2377.1kmです。ただしこのきっぷを普通に買うと、「ロイズタウン北九州市内」というきっぷになってしまうため、小倉駅から遠回りして日田彦山線後藤寺線経由で計算しています。

※ ※ ※

これら運賃は、ロイズタウン駅が開業前であるため、近隣のJR札沼線石狩太美駅を基準に「JR運賃計算システム MARS for Windows Version 0.29」で計算しました。

札幌近郊に誕生する「ロイズタウン駅」(画像:JR北海道)。