高齢者2人を包丁で刺して殺害しながら、盗んだのは約7000円と犯行後に囓ったリンゴ2個――。2020年9月に死刑が確定した土屋和也死刑囚(32)を、不可解な犯行に駆り立てたものは何だったのか。

『売春島』などの著作で知られるノンフィクションライター・高木瑞穂氏が、土屋本人や家族への取材、土屋から受け取った手記から解き明かした。(全2回の1回目/#2を読む)

◆◆◆

「はよ、判決言えや。死刑だろうが!!」

〈被告である自分は、あの日証言台の席でややうなだれていた。

 

(裁判長)「これより判決を言い渡す。被告人前へ」

 

 それを聞いて証言台へ移動する。

 

「はよ、判決言えや。死刑だろうが!!」

 

 そう心の中で叫んでいた。

 

(裁判長)「主文は後に回して罪となるべき事実、理由から先に述べる」

 

 後方、傍聴席の記者席からバタバタと急いで法廷内から外に出ていった。

 

「はい正解予想通り」

 

 判決文を読み進める裁判長。それから一息吐いてこう言った。

 

(裁判長)「被告人起立しなさい。主文を言い渡します」

 

「下手なドラマでもこんな演出しねぇぞ」

 

(裁判長)「主文。被告人を死刑に処する」

 

はいはい、茶番、茶番。はじめから死刑って言えや。後からペタペタと理由を補完する様な文体にすんな」〉(一部要約、以下同)〉

 これは、2人の高齢者を殺害したとして死刑判決を下された男、土屋和也の述懐である。発言者が明記されていない箇所は彼の、当時の心情だ。

 和也は手記でこう息巻いたが、後に彼が綴った別の文章と照らし合わせると、それが咄嗟に出た“空いばり”だと分かる。自分は根っからのシリアルキラー連続殺人犯)じゃない。悪いのは母親始め、世間だ。そんなやりきれない思いが感じ取れるのだ。

〈自分にとっての転機は、良くも悪くも4歳から15歳まで過ごした児童福祉施設です。それが一番影響が大きい。年を重ねる度、自分に対しての自信、期待、夢が薄れていきました。

 

 俺。虚勢だった。

 

 体調は普通…時々、昔の仕打ちや行動を思い返しては悔やんだり、頭に来たり、非のない人などに八つ当たりしたことを反省しています。

 

 人生やり直したいけど、またあんな思いをするのは……〉(和也の手記より)〉

 裁判員裁判での一般裁判員のなかには、その境遇から彼に同情する声も少なくない。犯した罪に弁解の余地はないが、確かに和也には「またあんな思いをするのは……」と、生きることを躊躇するほど安息の地がなかった。

 僕は一審での死刑判決直後の2016年8月から友人の映像作家「日影のこえ」氏と共に取材を始め、和也への面会を重ねた。

 きっかけは後先考えない和也の犯行にあった。分別のある成人男性が起こした事件にしてはあまりにも短絡すぎる。

 なにしろ人を2人も殺して得たものが現金約7000円とリンゴ2個だけなのだ。本稿はそんな死刑囚を生んでしまった家族との、いびつな半生の記録である。

殺人現場に残された「かじりかけのリンゴ

 群馬県前橋市。どの地方都市にもある長閑な住宅街で事件は起こった。

 2014年11月10日午前3時頃、土屋和也(26歳、当時)は、93歳の女性宅に侵入し、女性をバールで殴り包丁で刺して殺害。現金約7000円を奪う。

 1ヶ月後、12月16日午前3時半頃にも女性宅から約700メートル離れた81歳の男性宅に侵入し、包丁で男性の首や左脇を刺して殺害。トイレから出てきた80歳の妻も切りつけて重傷を負わせた。10時間ほどこの家に潜んだ後、夫婦を襲った。盗んだのはリンゴ2個だけだった。

 逮捕の決め手は、現場に残されたリンゴだった。男性宅への侵入口となったとみられる、割られた出窓がある部屋には、芯の部分まで食べ切ったり、かじったりした状態のリンゴが複数残されていたのだ。

 付近の防犯カメラには事件後、和也とよく似た男が写り、現場に残されたリンゴに付着したDNA型と、彼の型とが一致した。俗に『前橋高齢者連続殺傷事件』と呼ばれている。金目当ての強盗殺人事件と報じられたが、その犯行目的と残忍な犯行の整合性がとれず、物証となるリンゴをわざわざ血まみれの現場に残した点も含めて、不可解な点の多い事件とされた。

 和也の自宅を捜査すると、室内はカップ麺ペットボトルなどのゴミで散らかり、電気は止められ、生活が苦しかった様子が垣間見られたという。

 警察での取り調べに対して「家に入ったら人がいたので、刺した」「借金があり生活に困っていた」などと供述した和也は、高齢者2人を強盗目的で殺害し、1人に重傷を追わせたとして一審で死刑判決を受ける。

 続く二審でも控訴は棄却。最高裁に上告するも判決は覆らず2020年9月8日、死刑が確定した。

家族との思い出を綴っていた和也

 深い反省には至っていない。自分の事件を母親のせい、その生い立ちのせいにしている節もある――和也と面会を重ねた印象はこうしたものだった。

 彼は自分でも口にするように両親への憎悪をずっと持って生きていた。東京拘置所で語った言葉だ。

「母親を責める気はない。でも、みんな等しく悪い。俺が一番悪いけど、母親も父親も。もっと親に対して言いたいことはあるけど、言いたくない」

 反面、母親に対し特別な愛情も持っていた。幼少期に家族3人で遊園地に遊びに行った時の手記の記述である。

お菓子か、アイスを買ってもらい近くの人工池の囲いに腰をかけて座り、兄弟並んで食べていた。

 

 そのお菓子に、夢中になっている子供の姿を思い出に残そうと、母はインスタントカメラを手に写真を撮った。

 

「みーちゃーん、カズー」と母が呼んだ。

 

「ん?」

 

 と思って声の方を向いたらパチリとフラッシュと音がした。

 

 カメラを片手にいたずらが成功したようにはしゃぐ母。

 

 母のしてやったりな顔が「ニシシ」。

 

 まぶたの裏に浮かんでは薄れていく〉(和也の手記より)〉

 買い物帰りか、親子3人で自転車に乗る記憶である。

〈後輪側にまず姉が座らされ、その次にボクが前輪側に座った。うろ覚えだが「まえ! まえ!」とごねた自分が当時居たのかもしれない〉(同)〉

 幼稚園の帰り、母親が2人の子供を乗せての自転車の操作に慣れておらず転倒し、和也が頭を打った際に自分を気遣ってくれた思い出だ。

〈あっちを向けられ、今度そっちを向けられて、せかせかと動き回る母。決して首をコマの様に回された訳ではないが、自分でも確かめたので困った反面、その母の想いが嬉しく感じてボクは目を伏せたんだった〉(同)〉

 5年間に渡り書き続けられた手記で綴られたのは、母親への恨みや事件の反省ではなく、母との楽しかった思い出ばかりだったのだ。

「憎たらしい奴の半生を詳しく知りたくないですか?」

「自分の半生を知ってもらいたい」

 これが死刑確定前からの、彼の望みだ。

 しかし面会では生い立ちを聞くも黙り込む場面が多かった。

 そこで「自分の半生を書き残したらどうか」と提案すると、興味を持ち書き始めることを約束した。

 が、そこから約3年、一行も書くことはなかった。「過去を思い出すと辛い。事件を思い出すと辛い」というのがその理由である。

 それでも事実上の死刑確定日となる判決公判が昨年9月8日に行われることがその前月に決まると、猛烈なペースで書き始める。「自分の半生を世に知ってもらいたい」と断続的に手紙を送り、計160枚の手記を僕らに託したのだ。

〈まずこの手記を書いている理由は、自分の反省を振り返った上で、何が原因でこのような人格、性格となり、何がどう影響し合い、「土屋和也」という男性がどのような環境下において変換していった過程(プロセス)を経て、その最期には殺人犯までに堕ち果てたそれらを明確にすることが、自分に課せられた使命であると考えている。

 

 情景や心情、人それぞれの表情や言動を可能な限り表現・再現しようとする事で臨場感ある表現になると思いますが、これがなかなか難しいです。

 

 自分が犯した際、その被害者と遺族らは「償いなどいらない」「極刑だけを望む」との内容を前橋地裁、東京高裁ともに公表し、土屋本人が彼らに直接賠償をするというのは彼らが望んでいないため行おうとは思っていません。

 

 自分が彼らの愛する大切な人を殺めてしまったのも事実で、反省をしても彼らの元へは被害者は戻りませんし、反省はしても自分に何の利点はないし、何も環境は変わりません。

 

「人でなし」「殺人犯」「卑怯で卑劣者」「反省ゼロの殺人犯」「老人狙いのゴミ野郎」…etc

 

 そう世間から後ろ指差されて、憎たらしい奴の半生を詳しく知りたくないですか?

 

 自分の手記を読んで、トラウマになったり、気分を害したりした場合の責任は負いかねます。

 

 自己責任でお頼み致します〉(同)〉

母親が語り始めた「和也の半生」

 だが手記は未完成のまま、起こした事件や半生を俯瞰で見て整理しきれないまま裁判は進み、死刑が確定。彼の半生の全貌を知りたいと考え、ツテを辿り母親・聖子(仮名、53)と接触して内容の補強をお願いすると、「それが和也の望みなら」とあっさり承諾し、概ね半生は完成した。批判されることも承知の上だという。

 彼が知って欲しかったことは何か。惨憺たる家庭環境である。

 和也は1988年栃木県の山間部で生まれた。母親・聖子は21歳。年子の姉のほか、父親の連れ子もいたという。

 しかし、父親の浮気と暴力で、約2年で両親は離婚。聖子は着の身着のまま姉と和也を連れて水商売の寮に逃げ込んだ。

 聖子の祖母は、粗暴な父親について、後に和也にこう話したという。

「実の父はろくに家に金を入れず、定職にもつかずにパチンコ三昧で、母から金をせびっていた。その上、実父が前の嫁に産ませた男児の世話も母にさせていた。

 成人式で着るはずだった晴れ着も、実父が遊ぶ金欲しさに無断で質屋に売り、『お前の服、1万ほどにしかならなかったぞ』と吐き捨て、結局、レンタル品で成人式に行ったらしい」

 若くして母子家庭になるなどいまどき珍しいことではないが、聖子は女手だけの子育てに限界を感じていた。それでも前述の通り、和也の手記には家族3人で遊園地に遊びに行くなど楽しい思い出ばかりが綴られている。彼は、当時の困窮した母の状況には気づいていなかったようだ。

 だが、ほどなく聖子は再婚して平穏な生活を手にする。前夫と真逆の、優しく面倒見がいい男。家族で夕食を共にし、お風呂に入って川の字になって寝た。絵に描いたような理想の家族像である。

「決心して和也を施設に預けました」

 家族に亀裂が生じたのは、新たな生活を手に入れた2年後のことである。

「訪問販売でミシンや布団を1000万円分ぐらい買っちゃったんです、旦那さんに黙って。で、それがバレて愛想を尽かされちゃって」(聖子)

 2度目の離婚。再び水商売をする母親について回る生活になったが、1回目の離婚で片親の限界を感じていた彼女のこと、その生活も長くは続かない。和也4歳のときである。

「決心して和也を施設に預けました」(同)

 夫の収入に頼らなくてもなんとかなるのでは。子供の笑顔を励みに頑張れるのでは。なぜ聖子は和也を施設に預けたのか。

「ひとりで生活するのと、3人で生活するのは違うし。毎回炊事するわけじゃないから。コンビニで済ますみたいな感じだったので、やっぱりね、私には無理だったんですよ、きっと」(同)

 息子を手放した母。多額の借金を抱えた聖子自身が生きるための選択だろう。

 施設に入った和也。そこで待っていたのは壮絶なイジメだったという。しかし和也は、その記憶を呼び戻したくないのか、イジメの内容について面会でも手記でも一度も語らなかったのである。

 和也は高校に入学すると同時に施設を出て、福島県内の聖子の実家に身を寄せた。

 高校では卓球部に所属した。勉強はでき、教室ではよく漫画や新聞を読んで過ごしていた。大人しく、友達はいなかったようだが、イジメられることはなかったという。事件を知った中学の同級生も「もの静かな子だったのに」と驚いた。

和也の元を再び離れた母

 和也は高校を卒業すると、福島で塗装業の仕事に就いた。が、本人曰く「人付き合いが苦手」で仕事にも慣れず、わずか7ヶ月でクビに。塗装は未経験で覚えが悪く、先輩から嫌われ、会話もなかったという。職場でも孤立してしまったのだ。

 そのとき頼ったのは、当時群馬県内に暮らしていた聖子だった。だが、1週間だけ母親のもとに身を寄せるも、母親と暮らす同棲相手と折り合いがつかず、すぐに逃げ出してしまう。和也からすれば、聖子は自分ではなく同棲相手を取ったということになった。

 和也は生活保護を受けた後、ようやく群馬県内のラーメン屋でのアルバイトにありつけ生活が安定する。給料は15万円と僅か。職場とアパートは母親が暮らす家の近くだ。また糊口を凌ぐが、母親とも交流を重ね、充実した生活を送っていた時期だった。

 が、ほどなくして親の介護を理由に、聖子は和也の元を去り福島の実家で暮らすようになるのである。ここでも和也は顧みられることもなく、聖子の行動は変わらなかった。

 度重なる離婚や施設に預けられたことで摩耗しきっていた親子の絆の糸が、このとき、和也のなかで完全に切れたのかもしれない。

〈自分の場合、母からの連絡が途絶え、こちらからの連絡が出来ない状態でした。金がなくガス、水道、と止まり、料金未納でスマホも通話不能になりました。日々食うものに困る状態になっていました。

 

 生活保護を受けることも考えましたが、その受給時代の係からの言葉のない無音の重圧。それらに耐える意思も気持ちも崩れ去り、希望のない絶望のうちにいるのだ俺は…と実感しました〉(和也の手記より)〉

 殺人犯は、怨恨や金銭目的で殺めるタイプと、不遇な自分を世に問うため無差別テロを起こすタイプに、大まかに分かれる。

 和也は、そのどちらでもないのかもしれない。飢えを凌ぐために現金約7000円とりんご2個を盗むも「自分の半生を知ってもらいたい」と最後の望みを語ったからだ。あるいは2つを内包しているのだろうか。(文中敬称略)

後編につづく》

YouTubeチャンネル「日影のこえ」

「恨んでるんじゃないかな」前橋高齢者連続殺傷事件32歳死刑囚の母が語った“犯行前の息子”と“手紙の返事をしなかった真意” へ続く

(高木 瑞穂/Webオリジナル(特集班))

和也が綴った「直筆の手記」(筆者提供)