日本政府は13日、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出を決めた。

これに関連し、中国国営中央テレビCCTV)のニュースサイトは17日、韓国の8つの市民団体が同日、共同記者会見を開き、日本政府の決定に抗議したと報じた。

記事によると、8つの市民団体は、日本政府の決定について、「周辺国の安全を全く考慮していない無責任な決定」とし、「即時撤回」を求めた。

記事はまた、ソウルの日本大使館周辺では「汚染水が安全と言うなら飲んでみろ」と書かれたメッセージを掲げて抗議する人もいたと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

韓国の8つの市民団体は17日、共同記者会見を開き、日本政府が東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出を決めたことに抗議した。資料写真。