幼稚園に通い始めた子どもたちは、良くも悪くもさまざまなことを学んできます。中にはちょっと心配になってしまう言動もあったりして……。みそさんは、娘さんが「ばんばん!」と指で鉄砲を撃つマネを覚えてきた話を漫画に描いています。一見すると物騒ですが最後まで読むとその理由に納得!

【画像】漫画を読む

 ある日、みそさんの娘の“こみそちゃん”が「ようちえんでね おきゅうしょくのまえ 『ばんばん!』ってやるんだよ」と指鉄砲をつくりながら話してくれました。マフィアごっこでもしているのかと物騒に思ったみそさんでしたが、程なくしてその意味を理解する出来事が。

 「ばんばん!」。おうちでお絵描きをしていた“こみそちゃん”が、またもあの遊びを始めたのです。「なぜ今!?」と困惑するみそさん。ですがすぐに真意に気付きます。

 鉄砲を作った親指と人差し指の間にクレヨンを置き、そっと指を閉じると……。なんと正しい持ち方にクレヨンが収まったのです。

 給食の前の「ばんばん!」はスプーンフォークを正しく持つための予備動作。みそさんは、子どもたちに遊ばせながら上手に物事を教えてくれる先生はすごい、と結んでいます。

 言葉での説明が難しい年齢の子どもたちに生活のルールや所作を教えるのは大変なこと。幼稚園保育園の先生たちはきっと、苦労しながらさまざまな方法を見いだし続けているのでしょうね。目からウロコが落ちるエピソードでした。

作品提供:みそさん

指鉄砲には隠された意味が