カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

cat-5092320_640_e

pixabay

 アメリカニューハンプシャー州で、このほど約40年前に成立した動物の過失致死傷罪に対する法律の修正案が可決された。

 これまでは、ペットの犬のみがその対象となっていたが、今後は飼い猫もその対象となる。これは、2019年に愛猫を引き逃げ事故で失った同州議員が、自ら法案を起草したようだ。『Fox News』などが伝えている。

【動物の過失死に対する届け出対象に猫が追加】

 ニューハンプシャー州では、交通事故などが原因でペットの動物を死なせたり怪我をさせたりした場合、警察に届け出の義務があり、過失致死傷罪に問われるという法律が40年ほど前に成立している。

 だが、これまで法の対象は犬のみで、事故を起こした運転手には1000ドル(約109000円)の罰金が科せられることになっていた。

 犬以外の他のペットが対象外だった理由は不明だが、今回、犬と猫を平等に扱う検討がなされ、法の修正案が可決される運びとなった。

cat-2314325_640_e

pixabay

愛猫をひき逃げされた議員の強い思い

 そのきっかけとなったのは、同州のある議員に起こった出来事だった。

 2019年7月、ダリル・アバス州議員の飼い猫だったアロー(当時5歳)が、交通事故で命を落とした。

 同議員によると、目が不自由だったアローは自宅から度々外に出てしまう傾向があり、その日も家から姿を消したが、自宅近くの路上で車に轢かれて死んでいるところを妻によって発見された。

 アバス議員は悲しみに暮れながらも、妻と「これは事故だったのだから仕方ない。轢いた人を許さなければならない」と言い聞かせ合ったが、「なぜ、轢いた時に止まってくれなかったのか」と、轢き逃げされた事実に怒りが収まることはなかった。

 その後1件を動物管理局に連絡したアバス議員は、「猫の事故死は届け出る必要すらない」と言われ、現存の法律の不公平さに改めてショックを受けた。

 しかしこの時、管理局職員が州の代表に掛け合ってみてはと提案。そこでアバス議員は、これまでの動物過失死の法律に対する修正法案を自ら起草することを決心した。

cat-2476228_640_e

pixabay

法の改正は動物の命の尊さと人間との絆を認める形に

 この度、修正案が可決されたことで、アバス議員は次のように述べた。
ニューハンプシャー州の法律では、自動車によって引き起こされた物的損害を所有者に報告することを義務付けています。唯一の例外は飼い猫が被害を受けた場合でした。

これまでの法の下では、猫の像に車が衝突した場合には届け出を義務付けられていても、本物の猫を轢いて死なせてしまっても届け出の必要がなかったのです。この2つは、少なくとも同等の保護が必要だと思います。


 また、Animal Legal Defense Fund(動物法務防衛基金)の刑事司法プログラムディレクターローラ・ダーンさんは今回の法の修正案が可決されたことについて、このように話している。
いずれの州でも、車で動物を傷つけることは財産の破壊として潜在的な違法となる可能性がありますが、同州の法案は更に1歩進んだ対応を実施していくことに繋がります。

これら法律は、動物が財産以上のものであり、命があって存在していることを認めるものとなります。つまり、法によって人と動物の絆が認められた形になるわけです。


 この修正案においては、公聴会では反対の声が一切なかったという。下院は今月初めにそれを可決し、スムーズに上院委員会も修正案の可決を推奨したそうだ。

 ちなみに、他の州にも同様の法律があるが、それぞれ州により異なる。

 ちなみに、コネチカット州では犬のみ、マサチューセッツ州は犬と猫のみ、ニューヨーク州では犬猫、馬、牛、そしてロードアイランド州では全ての家畜とペットがその対象となっている。

 また、アメリカでは一部州の都市部を除き、飼い猫は外と家を自由に行き来できる飼い方が一般的である。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

人間には見えていない?蛇口から流れる水を飲んでいる風の猫 - カラパイア

引っ越し完了「新しいおうちも居心地最高!」サモエド犬と猫たちの新居をたっぷり公開してみた - カラパイア

心がポカポカするってこういうことか。ささくれだった感情を癒してくれる12の画像 - カラパイア

前脚を失った犬は歩くことをあきらめなかった。自ら後ろ脚で歩くことを覚え、毎日を全力で楽しんでいる - カラパイア

猫をひき逃げしたら過失致死傷罪で罰金。アメリカ・ニューハンプシャー州で法律の修正案が可決