日々さまざまな工夫を凝らした素晴らしいファン活動が話題となるあつまれ どうぶつの森。発売から1年が経ったが、今なおさまざまな創作物がネットをにぎわせている。

 海外掲示板RedditユーザーのSylver_Acnh氏は、『あつまれ どうぶつの森』で『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のドーフ・ワゴンを再現した。決して交わることのない暴力の世界とのんびりした島が合体してしまった。

(画像はRedditより)

 『あつまれ どうぶつの森』は2020年3月に発売され、先月めでたく1周年を迎えた。島を開拓して住人を呼び寄せ、楽しいスローライフを送るゲームだ。新型コロナウイルスの感染拡大の最中に発売され、多くの人々がオンラインで一緒に過ごす場を作った。水を独占するイモータン・ジョーや、その手先であるウォー・ボーイのような敵はもちろんいない。

 自分だけの島を作ることがゲームの主な目的のため、これまでのシリーズ同様無数の家具が登場する。それらと「マイデザイン」を駆使して独創的な島が毎日のように作られている。

 画像の中央には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に登場したドーフ・ワゴンと戦いの奏者ドーフ・ウォーリアー。火を噴くギターをかき鳴らし、ほかのウォー・ボーイズを鼓舞していた。戦闘には直接関係のない車両ではあったが、ミュージシャンで俳優のiOTA氏存在感のある演技を披露して視聴者に強い印象を残した。

 ゲームでイモータン・ジョーコンボイを再現するため、「月面移動車」と「着陸船」を使って印象的なポストアポカリプスバギーを再現している。ドーフ・ワゴンは無数の蓄音機スピーカーを再現。ドーフ・ウォーリアーもしっかりと顔のほぼすべてを覆うマスクと赤い服でキメている。荒野には頭蓋骨まで落ちている本格派だ。

(画像はYouTubeより)

 崩壊後の砂漠化した世界を舞台にした『マッドマックス 怒りのデス・ロードテーマファン創作を紹介したが、現在『あつまれ どうぶつの森』では地球環境について考える「アースデー」をテーマにしたイベントを開催中。22日までは「かっこいい地球儀」が販売中だ。

 地球がいつか『マッドマックス』のような世界になってしまわないように、地球環境について考えてみてはいかがだろうか。

あつまれ どうぶつの森 | Nintendo Switch | 任天堂はこちら映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式サイトはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。