スペインに住むビデオゲーム開発者のフラン・バディージョ氏ら3人が小粒の実験的2DアクションゲームExperiment 4510』を公開した。海外メディアFree Game Planetが報じているゲームitch.ioより無料でダウンロードできる

(画像は『Experiment 4510』より)

 『Experiment 4510』のゲームプレイは、簡単に説明すると2Dアクションにクリッカーゲームの要素を足したものだ。フィールドの足場を移動しながら、丸い玉を集めるだけ。規定数集めると、フィールドに玉を増やしたり、玉が一定時間ごとに増えていくクリッカーゲームではおなじみのギミックが用意されている。基本的にはキーボードコントローラーを使って画面左側に写っているゲーム画面を操作するが、そのすぐ下には購入のためのボタンがある。こちらはマウスで操作して選択しなければならない。

 手に入れた玉を消費し玉の入手速度を加速させ、さらに多くの玉を手に入れる。ゲーム250秒で終了するので、プレイするのはその間だけだ。

 一方、画面向かって右側にはなぜか猿ぐつわをされた人物が映し出されている。本作は「より良い世界をつくるため」謎の実験に参加しているという設定だ。そのため、ゲームは一定時間ごとに変化をしていく。例えば、画面が反転したり、あるいはあるキーが効かなくなったりだ。

(画像は『Experiment 4510』より)

 本作はサウンドに力が入れられており、ゲームの音以外にも何かが行われている物音が度々聞こえる。果たして、この実験の真意は何なのか。

 小さな実験作のため、謎がほのめかされたままゲームは終了する。クリッカーゲームと2Dアクションゲームを組み合わせるアイデアはなかなか面白いが、ゲームアイデアを拡張する予定はないとのこと。

Experiment 4510 by Fran Vadillo, ZAM, Alberto Egeaはこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。