20日放送の 『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、同局局員でレギュラーコメンテーターの玉川徹氏が、大阪府知事・吉村洋文氏に異論を唱えた。

 吉村知事は新型コロナウイルス感染者急増により、今日にも政府に緊急事態宣言を出すよう要請する。同知事はこの宣言について、「街全体の人の動きを停止するぐらい厳しい内容の緊急事態宣言」として、 映画館、ショッピングモール、百貨店、テーマパークも休業要請、休業命令を想定している。

 一方で、知事は「子どもから子どもへの感染はそれほど聞いていないので“一斉休校”はやるべきではない」として、学校閉鎖をする考えはないと述べている。

 だが、現在の主流は、従来のウイルスよりも感染力が非常に強い「英国株」。司会の羽鳥慎一アナウンサーが「学校の問題も、ちょっと前とは(状況が)違うんじゃないかと」と振ると、玉川氏は「『聞いてない』じゃなくて調べろって話なんですよ。聞いてないで済ますんじゃなくて」と知事に向けて、報告を受けてないからと言ってそれで安心するなと一喝。

 ​>>吉村知事のSNS投稿に批判 「お願いせざるを得ず」受け身の緊急事態宣言要請表現が物議に<<​​​
 
 また同氏は、大阪・豊中市の小学校で感染者が出ているという実態を報告しながら、現在、全児童を対象にしてPCR検査を実施。21日までに結果が出ると説明した。

 その上で「今まで『子どもはかかりにくい』と言われていたが、(今は)わからない」、さらには「無症状(の感染)がいっぱい広がっている可能性だってある」と持論。「そのためには、やはり調べない限りわかりませんので調べていただきたい」と求めていた。

 SNS上では「言わんとしてる事はわかるし珍しく意見が合ったんだけど、今の大阪の状況でまずやらなきゃいけないのは病院関係の話になっちゃうから、そんな余裕ないんじゃないかな」「ごもっともです」「またしても上から目線の暴言」といった意見も寄せられている。
画像はイメージです