世帯年収1000万円~1200万円のリアル

世帯年収1000万円~1200万円のリアル

年収1000万円を超える人たちはどのような暮らしをしているのだろうか。愛知県の50代男性(メーカー/世帯年収1100万円)は、

「2人の子どもがいますが、どちらも私立大学に通わせています。それでも節約する必要もありません」

コメントを寄せた。男性は、「海外旅行にも頻繁に行きますし、輸入車も所有しています」と優雅な暮らしぶりを明かしている。今回は、世帯年収1000万円~1200万円のリアルに迫る。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「使うお金を徹底的に考えて、無駄な出費を避けている」

神奈川県の50代男性(マスコミ/世帯年収1000万円)は、「年収の高さが生活の余裕に直結するかどうかは、本人の金銭感覚による」と主張したうえで、

「特別贅沢をしているつもりはありませんが、親への仕送りと専業主婦を養っています。使うお金を徹底的に考えて、無駄な出費を避けています」

と堅実な暮らしぶりを綴りながらも、「給与は税金で1/3くらい持っていかれるのが悲しいです」と不満も口にした。

東京都の50代男性(サービス業/世帯年収1200万円)は、「ローンもなくなったので、比較的余裕はある」と語るが、「これを維持するのに、仕事でも相当プレッシャーの高い毎日が続くため、精神的な余裕はまったくない」と続けた。

「給料は安くても、決められたことをやっていたときの方が、人として幸せだった気が時々しています」

「6人の子どもを育てているが、補助も受けられず、生活が苦しい」

岡山県の40代男性は、妻と6人の子どもと8人で暮らしている。

「大学、高校、中学、小学、幼稚園、全ての層の学校に子どもたちが通っていますが、無償化や減額の恩恵も受けられず、補助がほとんどない中でどうやりくりすれば良いのか教えてくれよ!といつも思っています」

コメントを寄せた。妻はもともと専業主婦だったが、お金が足りず「最近パートを始めた」と綴る。

男性は、「日々の生活があまりに過酷すぎて、妻が体調を崩して、ますます家が回らなくなってしまいました」と嘆いた。

千葉県の40代男性(金融業/世帯年収1200万円)は、自身が目標に掲げていた”年収1000オーバー”を達成したものの、実際には、「年収が上がるだけでは満足できなかった」と語る。男性は、

所得税や住民税、社会保険も健康保険も高いため、手取りはたいしたことありません。仕事量、責任、リスクに相応の額かと言ったらまったく足りません。誰のために働いてるのかと思うときもあり、生活に余力はありません」

と不満を漏らした。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「会社や人事にバレたらヤバいこと」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

年収1200万円の男性の「仕事のプレッシャーが半端ない。安月給でも決められたことをやっていた時のほうが幸せだった」という声