地毛が黒いとヘアカラーが入りにくい?
819314_s

地毛が黒いとヘアカラーは入りにくいのか

地毛が黒くてもヘアカラーに影響はありません。

ヘアカラーに影響があるのはカラー剤で黒色に染めた時です。

メラニン色素に黒色が浸透してしまっている状態なので色を落とすのが難しくなります。

自然な形の黒髪でしたら、特に問題なくブリーチで色落ちさせてからカラー剤の色を入れることができます。

尚、日本人は皆、黒髪ですが細かく言うとその中でも髪質が異なります。

髪の毛が細く、柔らかいタイプ
髪の毛が太く、硬いタイプ

髪の毛が細く、柔らかいタイプの人はカラーが入りやすいです。

その理由として髪の色を決定するメラニン量が少ないため、それだけ染色する部分も少なくなり、ヘアカラーが浸透しやすくなります。

逆に髪の毛が太く、硬いタイプの人はメラニン量が多いので、じっくり時間をかけて浸透させないとカラーの浸透も低くなりがちです。

よくカラー剤を購入すると放置時間が記載されていますが、それは気温だけでなく、髪の太さなども考慮して微調整するのがお勧めです。

地毛が黒い人でも綺麗に色が入る方法とは

地毛が黒い人はメラニン色素も黒くなっていますので、その色素を抜くことがカラー剤を綺麗に入れるポイントです。

主な方法としては2つあり、1つはブリーチで髪の深部まで色素を落としていく方法です。

ブリーチなら市販のものもありますので、自分でも簡単に色素を落としていくことができます。

色素を落とした後にカラー剤で浸透させれば髪が染まりやすくなります。

そしてもう一つは脱染剤を使うことです。

脱染剤はヘアカラーで染めた色と、もともと地毛として持っている色素の両方を無色化させる効果があります。

それでいて髪へのダメージがほとんどありませんので安心してヘアカラー出来ます。

尚、脱染剤で色を抜いた後はできるだけ早いタイミングでヘアカラーを行いましょう。

髪はすぐ発色するので黒髪が復活してしまいます。

脱染剤は業務用として扱われているものが多いですが、市販のものもいくつか取り扱われているので検討してみると良いでしょう。

ただ、脱染剤の中には、髪の毛の持っている色素を抜くことができないタイプもありますので注意しましょう。

ヘアバターの塗りすぎは良くない?