ファミリーマートの看板商品「ファミチキ」をイメージしたホットスナック袋(以下、ファミチキ袋)が、2021年4月24日から性の多様性やLGBTQ支援を意味するレインボーカラー(6色)になります。

全国約1万6600店舗にて、数量限定での展開です。

スタバ、チェリオも

これは、4月24日5月5日に開催される東京レインボープライド主催のプライドウィークに合わせて行われるもの。

これまでもファミリーマートは、2019年から様々な活動を通じてLGBTQに対する理解を深め、社員一人ひとりの多様性を受容する職場環境を整備してきたといいます。

今回は、40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」の5つのキーワードの1つである『「あなた」のうれしい』の一環として行われます。

LGBTQ支援やプライドウィークに合わせた各企業の取り組みも盛んです。

たとえばスターバックスコーヒーは、4月19日から、氷を入れたアイスドリンクを中に注ぐと本体の色とは違った色があらわれるカラーチェンジングコールカップセットNOFILTERを販売。

19日~6月30日の期間に購入されたカップセット売上(本体価格)の10%は、認定NPO法人ReBitへ寄付され、中高生と多様性やLGBTについて考える授業を届けるレインボー学校プロジェクト」の実施に使用されます。

また、チェリオジャパンは、レインボープライドを盛り上げようとレインボーウォーターを販売中。LGBTQの象徴であるレインボーフラッグカラー6色にちなんだ、フルーツの香料を使用したフレーバーウォーターです。