世帯年収は多くても、激務で毎日きつい…

世帯年収は多くても、激務で毎日きつい…

世帯年収1600~1800万円の人たちは、収入が多い一方、時間のなさやハードワークに頭を抱えがちだ。また意外にも、老後の生活を心配し、派手な生活を控える人が少なくない。

神奈川県の50代前半男性(IT・通信系/正社員/子ども1人/世帯年収1600万円)は「普段の生活に支障はなし。老後が心配」と率直な思いを打ち明けている。ほかにも、世帯年収1600~1800万円のキャリコネニュース読者の声を見てみよう。(文:大渕ともみ)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「余ったお金をすべて投資に回して増やしています」

宮城県の40代後半男性(メーカー系/正社員)は、世帯年収1800万円。夫婦と子ども1人の3人家族で「最寄り駅から徒歩30分の一戸建てに住んでいます」と綴る。共働きのため、家事負担を減らすことに費用を惜しまず、

「乾燥機・食洗器・ロボット掃除機などの時短家電を積極的に購入しています」

と明かす。なかなか有意義なお金の使い道だ。ただし、「普段は住宅ローンを含め月20万円以内に収まるよう、質素な生活をしています。車も1台でやりくりし、自分は125㏄のバイクか、荒天時は徒歩で通勤です」といい、倹約精神も忘れない。

40歳になる直前のタイミングで、妻と結婚した男性。子どもを授かるまでは苦労の連続だった。「長い不妊治療を経て、ようやく第一子に恵まれました。でも、不妊治療も子どもの医療費補助も、そして子ども手当も、所得制限ですべて対象外です」と不満を口にする。男性は、

子どものためにも、自分の老後のためにも、貯蓄をしなければならないのに。子ども関連費が家計の負担ですが、余ったお金をすべて投資に回して増やしています」

と明かした。

家事から解放されるために「土日は外食することが多い」

神奈川県の30代後半の既婚男性(メーカー系/正社員)は、世帯年収1700万円。夫婦揃って猛烈に働いており、「残業時間は、妻が月20時間程度。自分は月80時間くらいで、土日も、ときどき仕事。長時間労働でプライベートの時間はまったくない」と疲れを見せる。

「妻は妻で、日中の業務密度が非常に高く、ストレスがたまりやすい状態。お互い仕事があまりにもきつく、毎日を乗り切るので精一杯。確かに、世帯年収は多いが……」

家事負担から少しでも解放されたくて「土日は外食することが多い」と男性は語るが、将来への不安から「そんなに贅沢もしない」と付け加える。それでも、

「気分転換しないと、仕事だけになって精神的に病んでしまう。だから趣味の旅行を2、3か月に1回楽しんでいる。車で1時間ほどの温泉街に1泊」

と打ち明けた。忙しいなか、何とか余暇を楽しむ時間を作っているようだ。また、「老後や子どもができたあとに備えて、メリハリをつけてお金を使うようにしている」とコメントした。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「会社や人事にバレたらヤバいこと」などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

世帯年収1600~1800万円のリアル「食洗機、ロボット掃除機を駆使」「仕事があまりにもきつく、毎日を乗り切るので精一杯」