アップル4月21日iPhoneを使って大事なアイテムを簡単に見つけるためのアクセサリーAirTag」を発表した(最速レビュー記事はこちら)。iPhoneなどの「探す」(Find My)アプリを使ったりSiriで呼びかけると、AirTagのある場所までの距離と方向を表示でき、AirTagを付けた鍵や財布、バッグなどを素早く探し出せる。離れた場所に置き忘れてしまった場合でも、世界中のユーザーが持っているiPhoneiPadを利用してAirTagのある位置を追跡できる。価格は3,800円で、4個セットモデルも12,800円で用意する。発売日は4月30日

BluetoothとUltra Wide Bandを利用した探し物トラッカーデバイスコイン状の小型デバイスで、別売のホルダーなどを用いて鍵や財布、カバンなどに取り付けて使用する。

鍵などを探したい場合、「探す」アプリの「持ち物を探す」タブを利用するか、Siriで「Hey Siri,財布を探して」と呼びかけるだけでよい。AirTagの内蔵スピーカーが鳴るので、場所が確認できる。U1チップを搭載したiPhone 11以降のモデルでは「正確な場所を見つける」機能が有効になり、AirTagのある場所の方向や距離が正確に表示される。

もし、AirTagを離れた場所に置き忘れてしまった場合でも追跡できる。AirTagが発したBluetoothの信号を、周囲にいるユーザーが持っているiPhoneiPadが受信した場合、その位置情報をiCloud経由で送信し、AirTagのある位置が把握できる。AirTagを見つけた人がNFC対応のスマートフォンを当てると、連絡先の情報が表示されるようにも設定できる。

AirTagを悪用して自身の行動を監視されない仕組みも用意する。自身のものではないAirTagが自分の近くにある場合、アラートを表示するとともに音を慣らす機能を備えている。この機能は、そのAirTagが本来の持ち主から離れた場合にのみ有効になる。

本体は耐水性能を備えており、水に濡れても問題ない。バッテリー寿命は1年以上で、バッテリーは簡単に交換できる構造になっている。

カバンなどに取り付けるための純正アクセサリーは、本革製の「AirTagレザーキーリング」(4,500円)やバンドが長い「AirTagレザーループ」(5,500円)、「AirTagループ」(3,800円)を用意。エルメス仕様の高級モデルや、ベルキン製のアクセサリーも用意する。
(磯修)

画像提供:マイナビニュース