ユーチューバーの「YURAME」が約3年ぶりに自身のYouTubeチャンネルを更新。現在の姿に驚きの声が挙がっている。

 YURAMEは東京から大阪までヒッチハイクをした動画などを投稿していたユーチューバーYURAMEのチャンネルの中には600万回近く再生された動画もある。

 そんなYURAMEだが、約3年前から動画の投稿がストップし、音沙汰なしに。心配していたファンもいたようだが、4月18日に約3年ぶりに「ブラック企業で働く社畜の1日ルーティーン」のタイトルで動画を投稿し、動画を投稿していなかった期間について明かした。

 YURAMEによると、2018年に高校を卒業後、1年間の浪人を経て受験したそう。だが、志望校に落ちたことで家から追い出され、2019年から一人暮らしを始めたという。しかし、当時は無職だったためユーチューバーとして得た貯金を切り崩して生活。世界を旅行したかったこともあり、家賃3万円のアパートで、もやしパスタなどを食べて貧乏生活をしていたそうだ。そして、貧乏旅行を経て2020年コロナ禍が深刻化した中、就職活動を開始。その結果、現在のブラック企業に就職することになったという。

 YURAMEは現在働いている業種については具体的には明かさなかったものの、「上司のパワハラや時間外労働のストレス」に晒されていると言い、上司から「深夜1時に明日までに資料作成しとけってメールが来た」ことや、「(始業開始の)15分前に出勤したら遅いと怒られた」ことを告白。さらに、「入社4か月目に上司に『ぶっ殺す』と言われた」ことがあると明かしていた。なお、YURAMEはこの日、22時30分まで仕事をしたが残業は全てサービス残業だという。

 ​>>社長ユーチューバーの動画に「通報しました」の声相次ぐ 同業者からも「規約違反になる」と指摘<<​​​

 しかしながらYURAMEは「今は社会経験を積む時期」だと捉えているようで、「本当はやりたいことだけやって生きたいけど、世の中そう甘くない」と経験を踏まえて伝えていた。

 この動画を受け、視聴者からは「元YouTuberでさえも、パワハラに耐えながら“サビ残”してる仲間がいると思うだけで心が救われる」「こんな壮絶な生活してたんか…俺の仕事どんだけいい所なのか思い知ったよ無理しないで」「考え方とか生活とかすげぇ大人になっててかっこいいと思った。頑張って」「ユラメなら絶対今を乗り超えて最高の生活送れる。マジ応援してる」といった応援の声のほか、「社会人になるの怖くなってきた」「うちの会社1分単位で残業代出るけど」など、YURAMEが勤務する会社のブラック具合に驚く声も挙がっていた。

 いずれにせよ、YURAMEの数年ぶりの動画投稿を喜ぶファンは多く、今後の動画にも期待を寄せているようだ。

記事内の引用について
YURAMEのYouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCvVG6ZeYHjp1OdbERUiMneA

画像はイメージです