2021年4月21日韓国・中央日報によると、ソウル中央地裁は同日、故キム・ボクトンさんら元慰安婦と遺族20人が日本政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で「原告敗訴」の判決を下した。

記事によると、ソウル中央地裁は日本の主権免除(主権国家は外国の裁判で裁かれない)を認め、裁判管轄権がないと判断した。原告側は「主権免除は不滅の法理ではないため重大な人権侵害のケースにまで適用できない」と主張していたという。

なおソウル中央地裁は1月、故ペ・チュンヒさんら元慰安婦12人が同様の趣旨で提起した訴訟で「日本の違法行為に主権免除は適用されない」として裁判管轄権を認め、「原告勝訴」の判決を下していた。この判決に対し日本政府は「控訴しない」として無対応の原則を貫き、判決が確定していた。

これに韓国のネットユーザーからは「信じられない」「親日裁判官」「日本の裁判のニュースかと思った」「裁判官の顔を公開してほしい。韓国の裁判所でこんな判決が出されるなんて本当に腹立たしい。慰安婦被害者を2度殺したようなもの」「国際的な恥さらしだ。これを見たら日本もあきれ返るだろう」など不満の声が続出している。

一方で「やっと裁判所が法をちゃんと適用してくれた」「日本は何度も賠償してきたのだから民事訴訟は韓国政府を相手に起こすべき」「正しい判決だ。国家間で合意したことは覆さず、被害補償は韓国政府がするべき」と判決を支持する声も見られる。

その他「日本に賠償請求する前に(元慰安婦支援団体の元代表で支援金流用などの罪で起訴されている)尹美香(ユン・ミヒャン)議員に請求するべき」「当然だよ。元慰安婦のお金をくすねた尹議員も金バッジをつけてぜいたくに暮らしている国だから」「もう国民の傷を政治に利用するのはやめてほしい」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

21日、韓国・中央日報によると、ソウル中央地裁は同日、故金福童さんら元慰安婦と遺族20人が日本政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟で「原告敗訴」の判決を下した。資料写真。