新幹線に乗り込み、自由席車両へ。窓際のシートに座っていると、隣席の乗客が酒とつまみで一息つき始めた。

プシュッ、グビグビ...。プハーッ。

――酒とつまみの匂いは、自由席だし我慢しよう。それに車内は、ほぼ満席だし...

しばらくすると車内は、だいぶ空いてきた。すると隣の人が、席を移動。

――やったぜ。楽な姿勢で座れる...

そう思ったのも束の間、視線を斜め下に向けると、座席の網ポケットに空き缶やつまみ袋が放置されていた。

飲み終わったビール空き缶は意外に臭うものです――。新潟県在住のD助さん(仮名、40代男性)は、隣席の乗客について「マナーとして許せない」と語る。

これから紹介するのは、彼がJタウンネット編集部宛にメールで綴ったエピソード。ゴミを持って、座席移動して欲しい...、そう悩んだ彼は、ある「問いかけ」によって、迷惑客の撃退に成功したという。

「持ち物、忘れてますよ」

ゴミは持ち帰ってよ!(画像はイメージ)

公共交通機関」で、イラッとしたことについてお話します。

出張帰りの新幹線に乗っていた時のことです。

車内は、ほぼ満席。私は自由席の窓側に座っていて、隣の通路側席には仕事帰りの方がビールやつまみを持参して座っていました。

ビールやつまみの臭いは、自由席を選んだこともありますし、時にはお互い様ということもあるので、特に気にせずスマホを見ながら乗車していました。

数駅過ぎて他の席がだいぶ空き始めたころ、ふと隣席の人が通路を挟んだ席の方へ移動しました。

隣が空いたので、楽な姿勢で座れる...、と思った瞬間にイラッとしてしまいました。

この路線の新幹線は、各座席の背もたれに、折り畳み式のテーブルと、その下には小物などを入れておけるネットが設置されています。

隣の席にいた人は、飲み終わったビール空き缶とつまみの空き袋をビニール袋へと無造作に入れていました。そしてネットにゴミを残したまま、移動していったのです。

...まだ私が座っていますし、まだ新幹線はこの先も別の駅で人を乗せる可能性もあります。

飲み終わったビール空き缶は、意外に臭うものです。

ルールがあるわけではないですが、マナーとして許せない――。

私は、どうしたらいいものか...、と思案した結果、こう切り出して相手の人に「ゴミ」を渡すことに成功しました。

あの~、持ち物、忘れてますよ」

これで相手の人は「持ち物」として差し出されたせいか、カバンにしまってくれました。

のりもの」で出会った「迷惑な隣の席の人」いませんか?

新幹線や電車などの公共交通機関に乗車した時、イラっと、モヤっとしたことがある人はいるだろうか。そんな体験談をJタウンネットでは募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージメールtoko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

ゴミは持ち帰ってよ!(画像はイメージ)