努力しても報われなかった…

努力しても報われなかった…

すべての努力が報われる、とは限らない。人はどんな時に、そう感じるのだろうか。キャリコネニュース読者からは「氷河期世代として、努力ではどうにもならない部分の大きさを痛いほど知っています」(40代女性/東京都派遣社員/年収400万円)という声が寄せられている。神奈川県の30代後半男性(正社員/年収900万円)も、

「就職氷河期もあり、不本意な中小企業に入社したから。私は地方国立大学大学院まで、ずっとトップの成績で卒業するほど学業に専念した。しかし結局は、幼い頃から目標としていた仕事には就けなかった」

コメント。引き続き、この男性の投稿を中心に見ていこう。(文:鹿賀大資)

「周りが遊んでいる中、酒は飲まず、月に400時間ほど勉強したこともあった」

貧しい家庭環境に育った男性。大学時代は奨学金制度を利用し、実家から通っていたという。当時は勤勉な苦学生だったようで、「周りが遊んでいる中、酒は飲まず、月に400時間ほど勉強したこともあった」と続ける。

「1限の授業のために、毎朝7時に家を出る生活だった。授業を休むのは半年に1回あるかどうかで、席は決まって一番前。ゴールデンウイークは図書館でレポートを書き、大晦日の年越しは研究室で実験をしていた。国立大学飛び級制度があるなんて知らなかったものの、成績が良かったためその権利も得られた」

本来なら、就活も教授推薦が受けられるレベルだったという。しかし就職氷河期が災いしたほか、企業とのつながりも持っていなかった学科だったことから「やむを得ず、自由応募で就活をすることに」と再び続ける。

「就活が上手くいっていれば、こんな後悔はしていなかったと思う」

「時代のせいもあるが、就活は本当に残念な結果になった。ちなみに大学院卒業まで異性との接点はほぼなく、携帯電話アドレスにも女性の名前は皆無。勉強ばかりしていたせいで友達が少なく、異性と楽しく遊んだ思い出もない。恋愛にオシャレに遊びなど、若い時にしかできないことはたくさんある。就活が上手くいっていれば、こんな後悔はしていなかったと思う」

男性は「勉強なんてしなければよかった」と未だに後悔しており、「数年前に転職して年収は上がった。しかし、この30代まで苦労だけで使い果たしてしまった」と書いている。

ほかには、

「きちんと仕事をしていても、会社都合による派遣切りの目に遭っている現実があるので」(50代女性/大阪府派遣社員/年収100万円)
「給料を上げて欲しくて頑張ったが、上層部のいいように使われた結果、体を壊し動けなくなった。そして給料も下がった」(40代男性/熊本県エンジニア/年収250万円)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き【緊急アンケート】「努力は必ず報われる」?
のほか「不労所得がある人」「モンスター新人目撃談」などのアンケートを募集しています。

「異性との付き合いも我慢して勉強。大学院まで行ったのに……」就職氷河期で努力が報われず嘆く30代男性