先月、札幌地裁が国の同性婚否定に対して初の違憲判断を下した。今週末は東京レインボープライド2021がオンラインで行われ、家族の多様性をテーマにしたトークイベントも開催される。

 2015年パートナーと一緒に江戸川区役所に婚姻届を提出した七崎良輔さんは、今も同性婚制度化に向けて積極的な活動を続けている。この5年間の同性婚・同性カップルの受け止められ方の変化と、依然として残っている課題について聞いた。

——七崎さんがパートナーの方と江戸川区役所に婚姻届を提出してから、5年以上が経ちました。この5年間で、同性婚に対する世間の受け止め方は変わったと思われますか?

七崎 世論調査では20~30代の8割が同性婚に肯定的という結果が出ています(電通による2019年11月調査)。3月17日には札幌地裁で「同性婚否定は違憲である」という判決が出て、それが全国の新聞の1面を飾っている……そういったムーブメントを目にする機会が増えてきているように思います。

 まさか全国初の判断が札幌でなされるとは思っていなくて、同性婚の法制化に一歩大きく近づいたと思います。当日の傍聴席は26席くらいあったんですけど、傍聴券を求めて150人以上の列ができていました。それだけ注目されていることにも感動しましたね。

——当日はご家族と傍聴券を求めて並ばれたそうですね。

七崎 僕は地元が北海道なので、札幌地裁の判決を機に帰省して、両親と妹に「一緒に行こうよ」と誘いました。

 両親も前向きでしたよ。カミングアウトの直後は、自分の息子がゲイであることを受け入れられなかったけれど、少しずつ変わっていきましたね。札幌でパートナーシップ制度ができたり、それが報道されたりすることで「誰かが国の制度から排除されている状況がおかしい」と考えてくれるようになりました。

 僕が婚姻届を出した時、母親からは「そういうことは隠して生きていきなさい」と言われたけれど、今は一緒に傍聴券を求めて並んでくれて……社会も身の回りも大きく変わったと感じます。今回の判決では原告の訴えを退けた結果になったけれど、違憲判断については両親も喜んでいました。

 ただ、今回の判決は「違憲である」ということを示しただけで、立法の方に投げた感じになっている印象を受けました。今後も話し合いがきちんとされていくことを期待します。大阪、名古屋、福岡でも同性婚訴訟は進行中だけれど、今回の判決が何らかの影響を与えるんじゃないかな。

——著書『僕が夫に出会うまで』を読んで、七崎さんが江戸川区役所に婚姻届を提出した際、窓口の方の「今はまだ受理できないんです」という言葉に誠実さを感じました。当時のことを改めてお聞かせいただけますか?

七崎 婚姻届を提出して不受理になることはわかっていました。決して喧嘩を売りたかったわけではないんです。でも、好きな相手と結婚したいのに、法律で同性婚が認められていないことで妨げられるのが嫌だった。自分がゲイであることで何かを諦めるなんて……、何も諦めたくないし、より多くのものを掴みたい。だから、婚姻届を出すのも諦めたくなかったんです。今思うと勢いがありましたね(笑)

10代に「この国では幸せになれないと思う」と言わせてしまう社会

七崎 先ほど「社会も身の回りも大きく変わった」と話したけれど、まだ身近に同性愛者がいないゆえに自分事として捉えられない、と言う人は多いです。今は山梨に拠点を移しているのですが、東京との差をすごく感じます。山梨の6万~7万人規模の市の市長にご挨拶した時、「自分の周りには同性愛者はいないし、そういう人はどうぞ東京に行ってください」と言われました。そんなことを悪気もなく笑顔で言えちゃう人がまだいるんだな、とショックでしたね。

 先月講演会をさせてもらった時に、参加していたお母さんの一人が「高校2年生の息子がカミングアウトをした時に “自分はこの国では幸せになれないんだと思う” と言っていた」と話してくれて。若い子に「自分はゲイだからこの国では幸せになれない」って思わせちゃう、そんな社会を作ってしまった僕たち一人一人に責任があるんだな、と。同性カップルを身近に感じられない方の考えるきっかけになれば幸いです。

 一方で、今の10~20代の子は現状を冷静に見ていると思います。僕が結婚式を挙げた時に、参列してくれた当時高校生だった子が「え、同性同士で結婚できないの? どうしてダメなのかが分からない」と言っていました。そういった疑問をもつ子が増えてきている感じはします。

 最近は北海道高校生から取材を受けました。英語のディベート大会の「海外の人がもっと札幌に来るにはどうしたらいいか」という議題について、その学生さんはLGBTQの側面から考えていました。僕が高校生の時はLGBTQすら知らなかったから、この20年近くでかなり進んだと思います。希望はありますよ!

 むしろ30代以上の世代が「結婚は男女でするもの」と思い込んでしまっている。僕自身もそうでした。今のルールが本当に当たり前なのか、考えていかなければいけないですよね。

同性カップルを描いた作品は増えているけど、中には傷つく内容も

——最近はドラマや漫画で、同性カップルが描かれることが珍しくなくなってきました。昔に比べると「同性カップルは当たり前のもの」と考えている人も増えてきた……と考えて良いのでしょうか?

七崎 入り口はそれぞれだから作品から入るのも良いと思いますよ。でも、嬉しくない描かれ方をされることもあります。例えば、去年話題になった「噛まれたら同性愛者になる」という設定を入れた映画『バイバイヴァンプ!』。最近だと稲毛新聞の4コマ漫画ショックでした。同性婚が受け入れられると少子化が進む、という内容です。

 ゲイのカップルにも色々あるし、どのような描かれ方があってもいいけれど、差別を助長するような内容は害でしかないと思います。しかも、事実に基づいていない。

 オランダ同性婚が認められたのは2001年で、その年に生まれた子供はもう大人になっています。そんな時代に「同性婚で少子化が進む」と主張するのは恥ずべきことと思います。

相手への配慮を忘れなければ大丈夫。間違った発言をしてしまったら、素直に謝ること

——差別を助長する発言・作品が見られる一方で「自分は同性カップルに理解がある」と考えたり、主張したりする方も増えましたね。本人はLGBTQ当事者のためを思っての発言をしたけれど、その内容に引っかかってしまった……ということもあるかと思います。

七崎 最近そういう話が増えましたね。「私はLGBTQでもいいと思うけどね」みたいな発言がマウンティングと受け取られてしまうような。でもそういう問題が出てくるってことは、世の中が一歩先に進んだことだと思っています。

 ゲイ当事者でも「今これを言って大丈夫だったかな?」と悩むことがあります。でもあまり難しく考える必要はなくて、LGBTQとか関係なく、相手への配慮を忘れなければ大丈夫だと思います。もし間違った発言をしちゃったら、素直に謝ること。

 本にも書いたけれど、失恋のショックで友人に思いがけずカミングアウトしてしまった時に「辛かったね」って言われたことが印象に残っています。性的指向関係なく、失恋したらみんな同じ気持ちになるんだ……って。コミカライズ版にもこの話が入っていて、読んでまた泣きました。

——七崎さんの著書をコミカライズした『僕が夫に出会うまで』、作画を担当されたのはBL作品を多数手がける、つきづきよしさんですね。

七崎 僕はBL作品が好きで、いつもスマホで読んでいます。ゲイの世界とBLの世界、なぜか交わらないことが多かったけれど、どっちの世界にも属している僕みたいな人はいて、コミカライズのお話をいただいた時はぜひつきづきさんにお願いしたいと思いました。あと、自分を綺麗に描いてほしかった(笑)

 原作は僕が実際に経験したことを書いていて、ゲイの当事者の方から「自分の人生と似ていて救われました」という声をいただくこともありました。今回のコミカライズ版は、原作のエピソードを活かしつつ、さらに読みやすくなっていると思います。

 余談ですが昔ブログを書いていた時に、ブログを読んで下さったBLファンの方と仲良くなったことがあります。その方は居酒屋をやっていて、お店に足を運んで本を貸し借りしたことも。BL作品が好きな方も、この作品を通じてLGBTQに興味をもっていただけたら嬉しいです。

(写真:山元茂樹)

マンガ『僕が夫に出会うまで』を第1話から読むにはこちら

(文春コミック/文春コミック)

七崎良輔さん ©文藝春秋