4月22日に開催されたVRゲームショーケースOculus Gaming Showcase」にて、Oculus Quest 2版『バイオハザード4の最新映像が公開された。対応プラットフォームはOculus Quest 2のみで、2021年後半にリリース予定。三人称視点から一人称視点となり、オリジナルとは異なる雰囲気になった本作のゲームプレイが確認できるトレイラーも公開されている。

 VR版『バイオハザード4』は、名作TPSバイオハザード4FPSとしてVR専用に再設計したゲームだ。開発はメトロイドプライムの制作に関わったスタッフらが独立し設立したArmature Studioが担当。移植にあたり、ゲームエンジンUnreal Engine 4に変更しているほか、4500枚ものテクスチャの高画質化を伴うリマスター作業が進められている。

 また武器やアイテムは実際に手に持つアクションに沿うよう、物理オブジェクトとして再設計されている。武器はメニュー画面から取り出すのではなく、実際に体に装備して手で取り出すように操作する。両手で異なる武器を持つことも可能だ。

 VR向けFPSではとくに酔いやすいアクションとして「プレイヤーの移動」が挙げられるが、こちらはプレイヤーの好みに変更することができる。動画では水平移動になっているが、移動はほかにもテレポートとルームスケールにも対応しており、座ったままでも遊べるようになっている。

(画像はYouTube 「Resident Evil 4 | Oculus Gaming Showcase | Oculus Quest 2」より)
(画像はYouTube 「Resident Evil 4 | Oculus Gaming Showcase | Oculus Quest 2」より)
(画像はYouTube 「Resident Evil 4 | Oculus Gaming Showcase | Oculus Quest 2」より)
(画像はYouTube 「Resident Evil 4 | Oculus Gaming Showcase | Oculus Quest 2」より)

 VR対応となり大きく様変わりした『バイオハザード4』。シリーズの転換点として有名な名作は、2021年後半にVRゲームとしても楽しめるようになる。

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros