(片桐新之介:地方創生コンサルタント、第6次産業コンサルタント

JBpressですべての写真や図表を見る

 まちづくり、という言葉は結局何を意味するのだろう。最近はそんなことばかりを考えている。「まちの人のつながりをつくる」「産業を再生する」「賑わいをつくる」どれも正解のように見えて、正解ではないように見える。

 私は現在兵庫県尼崎市の都市計画審議員を務め、かつこの6年間ほど、兵庫県の「人間サイズのまちづくり賞」という、兵庫県が市民のまちづくり活動を表彰するという取り組みの審査員を務めている。2019年度まで審査委員長を務めていた兵庫県立大学大学院(人と防災未来センター上級研究員)の小林郁雄特任教授は、兵庫県立大学大学院教員コラムで、まちづくりの定義を以下のように定めている。

『私は、まちづくりとは「地域における、市民による、自律的・継続的な、環境改善運動」と定義している。すなわち、まちづくりとは運動である。重要なのは、「地域における」「市民による」という点にある。地域市民が安全安心・福祉健康・景観魅力のための環境改善運動を、自分たちが自律的に、継続的にやり続けることが「まちづくり」である』。

 この文章を見ると、冒頭で私が述べた疑問には、大切な視点が欠けていたことが分かる。それは「主体」だ。すなわち、「誰が」まちづくりをするのか、ということが欠けていて、「目的」「手段」ばかりを考えていたような気がする。しかし、現実的には、小林先生が指摘しているような「地域における、市民による、自律的・継続的な、環境改善運動」と、行政が主体となって実施する都市計画などより良いまちをつくるための行政の取り組みが混然としているところが実情だと思う。

 大阪市西成区に、新今宮という駅がある。JR環状線南海本線の乗換駅としても重要だが、それ以上にこの駅名が知られているのはその周辺環境、いわゆる「ドヤ街」の存在や、そこで営まれてきた多くの人の生活、そして多くの事件の結果であることは間違いない。そして今、大阪市の進めるとあるプロジェクトに賛否の声が集まっている。それは、「新今宮ワンダーランド」と呼ばれるプロジェクトだ。

 このプロジェクト内で、4月6日にPRとして出されたブログが炎上している。上記のブログは、あくまでPR記事である。著者は福祉業界にも長く勤めたライターで、しっかりと現地の課題に寄り添って書く人だったらしいが、内容は「貧しい人々がどのような生活を見に行く」いわゆるスラムツーリズムへの批判を受けやすい表現が随所に見られる。私個人から見ても、西成区の新今宮エリアが抱える問題を十分に取り上げていない、表層的なものであると感じた。

 ただ、このブログを、感覚的に(あるいは一部は、ある程度の政治的意志や感情論をもって)批判するだけでは何の価値もない、というのがこの文章の主題である。大阪市がやっている事業ということで反維新の人が批判する、電通が受託した事業ということで、大企業が嫌いな方々が脊髄反射的に批判しているところも見られるが、本質はそこではない。

新今宮エリアブランド戦略の目的とは何か

 プロジェクト自体の評価はここではいったん差し控えるとして、そもそもこの目的は何か。

 大阪市西成区HPを見ると、『大阪市西成区役所では、新今宮エリアの魅力が認知され、訪れて楽しいエリアになるようなイメージ向上を図るにあたり、「新今宮エリアブランド基本戦略」を策定しました』とある。それに伴い生まれたのが先の「新今宮ワンダランド」の取り組みということであろう。では、新今宮エリアブランド基本戦略とは何か。

 西成区のHPを見ると、「西成区イメージアッププロモーション」の項目が目に付く。リンク先を見ると、2020年3月以降、活発的に投稿がされている。2020年度から、この活動が本格化していることの証左であると思われる。そして、その中にある「新今宮エリアブランド基本戦略(令和3年3月)」で、基本戦略と新今宮エリアブランディング調査結果という資料がダウンロードできる。

 まず、調査結果の方の資料を見てみると、この調査目的として『「新今宮」エリアでのブランディング実施前に、現状の認知・イメージを把握する』とある。つまり、この時点で「新今宮エリアブランディングする」ということが方針として決まっている、ということが分かる。なお、調査の内容は、関西内外の人に、大阪の主要エリア西成区のいくつかのエリアに対して、イメージや訪問意向度合いを訪ね、西成区エリアの認知度や魅力について分析し、その中で何度も来訪するようなセグメントはどこだろうかという調査である。その調査内容に関しては後程述べる。

 基本計画の中身を見てみよう。まず、資料冒頭にある、「はじめに」の部分を、少し長くなるが引用したい。

『なぜ今、新今宮のエリアブランディングなのか。新今宮は、関西一円の交通結節点として訪日外国人を含む来街者の増加が見込まれるエリアです。新今宮駅北側では、「星野リゾートOMO7新今宮」の開業予定をはじめとした新規施設等の整備が進んでおり、新今宮駅南側では、高度成長期の労働人材需要を支えてきた「あいりん労働福祉センター」を核とする「あいりん総合センター」の耐震性の課題解消を契機として、周辺の環境改善や施設の機能更新が進んでいます。また、大阪・関西万博の開催や、なにわ筋線の開通が予定されており、大阪市では、新今宮を大阪ミナミの新たな玄関口として発展させ、「大阪都市魅力創造戦略2025」がめざす大阪全体の都市魅力の向上に資するよう、エリアブランドの向上を図っていきます』

しかしながら、これらの動きはまだ広く知られていません。この新今宮をとりまく環境が大きく変わっていくタイミングを逃すことなく、新今宮の内外に向けて今後のまちの方向性や将来像を共有し、訪れる人や日々を過ごす人が安全・快適で過ごしやすいと感じられるまち、楽しいと感じられるまちにしていきたいと考えています。
そこで、西成区役所・浪速区役所・経済戦略局が連携して新今宮エリアブランディングの基本戦略を策定し、大阪市が長年取り組む「西成特区構想」の集大成のひとつとしても、新今宮エリアブランド確立への取り組みを推進していきます』

 つまり、この新今宮のエリアブランディングは、関西万博を見据えた大阪都市魅力創造戦略2025をベースにしたものである、ということだ。

「新今宮」と聞いて思い浮かべるイメージ

 そして、資料6ページでは、エリアブランドの定義として、『「新今宮」と聞いて、人々が様々な魅力やポジティブイメージを思い浮かべることができ、行ってみたい、泊まってみたい、住んでみたいなどすべての起点となる来街意向を高めるような名称、言葉、記号、シンボルデザイン、あるいはこれらの組み合わせを「新今宮エリアブランド」と定義します』とある。「新今宮と聞いてポジティブイメージを」ということは「現在はそうではない」という課題設定だということだ。

大阪都市魅力創造戦略2025」については、大阪市のHPで公開されている。2021(令和3)年1月25日の戦略会議資料を見ると、8ページに大阪市が目指している都市像が様々な言葉で説明されている。その中に、「大阪ならではの賑わいを創出する都市」という文言があり、その具体的な施策目標として、大阪市内の重点エリアの魅力向上が掲げられている。その重点エリアにあるのは、大阪城や中之島地区と並んで「新今宮地区」が挙げられている。

 まとめると、2025年に向けて、大阪市が大阪ならではの賑わいを創出するために、今回の「新今宮ワンダランドプロジェクトが位置付けられていることが分かる。その目標自体の設定や、そもそも目指すべき都市像がどうなのかという評価はここでは避けたい。ただ、一つだけ疑問を呈すると、その都市像は「誰が」考えているのかということだ。

 当の西成区の人々はどう思っているのだろうか。長年にわたってこの地で活動し、様々な方々の支援に尽力している人から話を聞いた。

 当事者にもいろいろあり、このプロジェクトを歓迎しているのはいわゆる一般の西成区民だという。やはり、住んでいるエリアに新しいものができ、きれいになり、素晴らしい場所として取り上げられるようになることは念願でもあるという。ただ、当の新今宮エリアの町会はというとそもそも高齢の人ばかりで、こういったウェブメディアの動きなどを知ることすらできないので、興味がないというところが本当のところらしい。

 もっというと、先のブログで取り上げられたホームレスの方々もこのプロジェクトには興味がない。それはそうだろう。ホームレスを支援している団体は数多くあるが、その中で賛否両論はあったそうだ。ただ、最終的にはこのプロジェクトに協力することでより新今宮のしっかりとした発信をできるようになるならば、ということで取材など様々な面で協力したということだ。

 しかし、大元の発注元は行政ということで、西成区の歴史におけるいくつかの部分をどう表現するかで難航したらしい。「暴動」という言葉は確かに「魅力向上による町への誘客」を図る上ではふさわしくない。いくつかの歴史の話の掲載は見送られたようだが、暴動があったという事実などはしっかり記載されたという。こういう点は評価できるだろう。ただし、そういう「魅力向上」の取り組みがされたところで、そこで暮らしている多くの支援を必要としている人々が何か改善されるわけではない。

コミュニティ・デザインにホームレスの声は入るか?

 こういった、ホームレスの人やまちの「暗部」に蓋をするように、歴史を鑑みることなく、表面上だけまちをきれいにしてしまおうとする動きは、各所で進んでいる。西成区しかり、ちょっと前だと天王寺公園だったり、東京では上野公園だ。

 私は上野公園の一部である、毎年冬に大量のカモが飛来する不忍池(東京都台東区)から徒歩で10分ほどのところの根津に住んでおり、カモにパンの耳をあげるなどのために足しげく公園に通っていた(中学生くらいの時に矢ガモ事件が起きた)。30年前の不忍池の敷地にはビニールシートなどで建てられたホームレスの住居が所狭しと並んでおり、高齢の方や「イラン人(パキスタン人?)」と呼ばれていた外国の労働者が暮らしていた。不正改造されたテレホンカードを売って歩いている人も何人もいた。

 今では、天王寺公園も上野公園にもホームレスはほとんどいない。ホームレスの就労支援で知られるビッグイシュー調べ(下図)によると、全国のホームレス人数はここ10年でも8割程度減少しているという。しかし、一方でネットカフェ難民と言われている人も4000人程度いるという。町から消えただけであって、ホームレス問題はまだまだ多く存在している。

 まちづくりの中において、こういった支援を必要としている人々の問題というのはかなりシビアな問題となる。そういう人がいるだけで、町としてのブランドが傷つけられるので対応しなければという方向性が示されることが多い。そのために再開発として、幅広いエリアで立ち退きや建物の集約が図られることが多い。だが、家賃の低い古い家でどうにか暮らしていた人は、その建物がなくなればもはや住むところがない。家賃も厳しければ、保証人もいない。そんな人でも部屋を貸す大家は決して多くない。

 今ではホームレスに対して十分な支援もあるという人も多い。確かに現実的には収容できる施設もある。しかし、何人かの人は世界に絶望してホームレス状態になっている。助けがあるということに対しても恥ずかしいとか、辛いという感情が先に立つことが多い。この感情は、自分が似たような立場にならないと分からないだろう。そういう人にまで十分に手が回っているとはとても言い難い。

 ジェントリフィケーションで問題になるのは、貧困層がかろうじてその日その日を一生懸命に生きていたエリアに比較的所得がある人が住み始めることによって、貧困層が徐々に追い出されることによって起こる。具体的には解体された家やビルの跡地に、新しいマンションが建ち、そこは比較的都心部に近いながら家賃はとても安いため、中間層の人間が住み始める(比較的すぐにマンションは満室になる)。その結果、いくつかの不動産会社がマンション開発で追随したり、既存アパートオーナーが家賃を値上げしていくことによって起こる。

 まちづくりとは、「みんなが住みやすいまち」を作ることでもある。しかし、そこの「みんな」に、ホームレスの人も含めて、ということを考えている人は稀だと思う。エリアブランディングはまちイメージを高めることでもある。そのイメージに、労働者のまち、というものを加えようという人もまた稀だと思う。

 読者の方には、こういった問題を解決するために、コミュニティデザインのような手法で、町の人たちによる様々な議論があるべきだと考える人もいるだろう。ただ、あくまでコミュニティ話し合いの場所に行くのは住民であり、声なき支援を必要としている人々ではない。社会資本に弱者も巻き込む仕組みづくりがなければ、本来のコミュニティデザインとは言い難い。まちづくりを考えるメンバーは多様性がなければいけない。

コミュニティ・デザイナーの本質的役割

 もし新今宮が人気スポットとなり、多くの人が訪れるようになると、ブログで取り上げられた飲食店などのお店の人は喜ぶだろう。ただ、人の流入が増えればビルは新しいものに建て替えられるだろう。当然家賃は高くなり、お店のサービスも高いものになっていく。安くて美味しいお店が多かったはずが、いつの間にやらおしゃれなお店が増えて、少しずつ提供されるものの値段も上がるかもしれない。その時、立ち飲みの居酒屋で楽しんでいた人たちはどこへ行かねばならないのだろうか。

 支援している人の危機感はここにもある。もし将来、新今宮から多くの支援を必要としている人々が追い出されて散り散りになってしまったら、支援が行き届かなくなることを心配している。少なくない人にとって、この新今宮は「最後の場所」、駆け込み寺のようなものなのだ。

 今、巷にあふれる行政主体のコミュニティデザインやまちづくりは、この視点が欠けているのではないかという指摘をすることがある。まちの「コミュニティデザイナー」と呼ばれる人の役割は「みんなの意見を聞くこと」とされているが、実際はそうではない。

 本来のコミュニティデザイナーは、その「みんな」の中に入れない人の声や姿を見破り、見極め、まちの本当の課題をどう解決していけるかをまちの人自身に問いかけることができる人であると思っている。本質的なことに向き合い、その課題(再開発、道路拡張など様々なことがある)で困っている人の立場でまちの未来を語ることができるようにしていくことがまちづくりを主導する人の責務である。

 この新今宮の話題についていえば、行政がその部分をしっかりと考えながら行われなければならなかったが、安易なエリアブランディングに囚われて業務設計をしてしまっただけに、冒頭のブログのようなことになってしまったと推察する。また、あのブログは公開日の1週間ほど前に行政に「納品」され、チェックを受けてから公開されているという(PR事業によるものなので当然といえば当然である)。であれば、この批判をまず正面から受け止めなければならないのは、「大阪都市魅力創造戦略2025」を推進する大阪市であろう。

 まちの歴史・史跡をすべて残すというノスタルジー思考でもいけない。古き良きものだということで性産業や犯罪の温床になるような状況は改善しなければならないし、そういう建物を無理に残すこともないだろう。しかし、歴史は消えない。また、残すべき「機能」がある。それが、このプロジェクトキャッチコピーである「(困った人でも)来たら、だいたい、なんとかなる。」ということではないのだろうか。

 まちの歴史を語り継ぐこと、語り継げるような仕掛けを残すこと、その上で新しく訪れる人・住む人が、既存の人の中に緩やかに溶け込めるようにすること、急激な地価の上昇を抑えるために開発の速度をコントロールすること──が、ジェントリフィケーションを抑えることになり、新今宮のプロジェクト失敗したエリアブランディング」の深化にもつながる。

 今回の新今宮プロジェクトは、歴史を残そうとしつつも、新しく訪れる人のための仕組みづくりを急ぎすぎ、冒頭のブログのような結果を招いたと考えている。そもそも、たった1、2年間の業務委託で歴史のアーカイブからエリアブランディングまでするのが無茶な話で、エリアブランディングはどうしていくべきかというのはもっと大切に時間をかけて行うべきであったろう。(どうやら、間もなく2021年度の新今宮ワンダランドプロジェクトの公募が行われるようである。大阪市はこの反省をどう生かせるのだろうか)

「新今宮炎上」から得られる教訓

 まちづくりにおいて、「誰が」どういう方向性を示すのか、それはどうやって決めていくのかは最重要課題である。そして、その中の古いエリアについては、ある程度の政治的決断で解体や再構築を行っていく必要もある。ただそれであればこそ、その影響を強く受ける人の課題解消についてはしっかりと取り組まなければならない。

 地主にはただ単に新しいマンションで住む権利をあげればいいかもしれないが、賃借人や困っている状況にある人はそうもいかない。

 ホームレスが困っているのは住むところがないからではない。人生に、社会にあきらめてしまっている自分自身の状況がさみしく、悲しくてどうしたらいいのかもわかっていないことが「困っている」ことである。その人のための支援を民間やNPOも頑張っているが、エリアブランディングを行政がしたいというのであれば、まず先に行うのはこういったブログやHPを電通につくらせることではなく、就労支援やリカレント教育であろう。

 先に挙げた「大阪都市魅力想像戦略2025(案)」の5ページには「めざす姿と基本的な考え方」が掲げられている。そこで書かれている基本的な考え方には、「持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する視点を持って推進していく」と明記されている。SDGsには、「誰一人取り残さない」という哲学があったのではなかっただろうか。新今宮の人たちはじめ、まちに住む多くの「支援を必要としている」人たちへの取り組みこそが大阪市の魅力となり、2025年に世界に訴えられるものになるのではないのだろうか。

 クロード・レヴィ=ストロースの『悲しき熱帯』の「群集」という章の中で、インドの貧困者たちを描写した文章がある。

「あるとき、東ベンガルの総督が通訳に、チッタゴンの丘陵地帯に住む、病気と栄養失調と貧しさにさいなまれ、回教徒たちに意地悪く迫害されていた原住民に『あのものたちは何を嘆いているのか』と尋ねた。原住民たちは長い間考えこんだ後で『寒さです』と答えた」

 つまり、長い間厳しい状況に置かれていると、自分がなぜその状況にいて、何で困っているのかすら、わからなくなることもあるということである。そして、何がこの状況から脱出できるのかを考える事すらできなくなる。

 だから、困っている人には解決法を提示することで何とかなるものではない。寄り添って少しずつ状況をほぐすことからが大切である。これは、多くの企業のコンサルティングや個人へのメンターシップなどと同じある(もちろん、企業コンサルだと一刻一秒を争う場合は即効方も求められるが)。まちづくりでも同じである。まちの課題解決を早めたいのであれば、その問題によって影響を受ける人に対して寄り添う人を多くすること、そういった体制をつくること以外に道はないと考えている。

 今回の件においては、ブログの内容や委託されている事業者への反射的あるいは思想的批判で終わることなく、新今宮で多く活動している人への支援がこれを機に逆に集まってほしいと切に願う。私も、今回の件を批判するばかりでなく、困っている人への支援活動にもう少し寄附をしようと思った次第である。

 そして、批判するだけでなく、これからのまちづくりへの「主体」となれるよう、少しずつ、身の回りのことからでも興味を持って、まちが変わるとはどういうことになるのかを想像していってほしいと思う。再度引用するが、兵庫県立大学大学院の小林特任教授が指摘したような状態になってほしいと思う。

 少なくとも、今の多くのまちづくりは『まちづくりとは運動である。重要なのは、「地域における」「市民による」という点にある。地域市民が安全安心・福祉健康・景観魅力のための環境改善運動を、自分たちが自律的に、継続的にやり続けることが「まちづくり」である』という状況に遠いと考えている。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  経済成長とともに年老いる大阪・釜ヶ崎の黄昏

[関連記事]

失敗の研究、地方創生はなぜうまくいかないのか?

3年間の成果が10万円?間違いだらけの特産品開発

新今宮から目と鼻の先にあるあいりん地区。通称「釜ヶ崎」と呼ばれている(写真:AP/アフロ)