朝日新聞社が行った世論調査で、有権者が政治をどう捉えているのかが見えてきました。詳細は以下から。

朝日新聞社の報道によると、同社は全国の有権者に向けて政治意識に関する世論調査を実施したそうです。

世論調査は郵送で行われ、政治家や政党、団体について好き嫌いを「とても好き(プラス3)」から「とても嫌い(マイナス3)」までの7段階で選んでもらう形式に。

「ちょうど中間」を0として平均点を比べたところ、与野党の代表では立憲民主党の枝野代表が菅義偉首相より好感度が低くなっています。

菅義偉首相:マイナス0.27
枝野幸男立憲民主党代表:マイナス0.43

さらに与野党や市民団体を比較すると、自民党よりも立憲民主党やデモで声をあげる市民団体が顕著に嫌われていることが明らかに。政府に批判的なメディアへの評価も厳しめです。

自民党マイナス0.11
立憲民主党マイナス0.59
政府に批判的なメディアマイナス0.27
デモで声をあげる市民団体:マイナス0.66

平等を求めて声を上げる少数派は多数派の反感を買いやすいことをはじめ、さまざまな要因が考えられる今回の世論調査結果。

しかし本当にすべての原因がそこにあるとは限らないため、今回の結果は多くの人々に波紋を投げかけそうです。

コメントを見る

【「自民党は嫌いだけど立憲民主党や政府に批判的なメディア、声を上げる市民団体はもっと嫌い」朝日新聞社の世論調査で明らかに】を全て見る

「自民党は嫌いだけど立憲民主党や政府に批判的なメディア、声を上げる市民団体はもっと嫌い」朝日新聞社の世論調査で明らかに