子どものひと言にハッとなったというツイートイラストで再現する「子どもの名言」。今回ご紹介するのは「薬剤師になりたい」という8歳児の言葉です。ついこの前まで「ドラゴンになりたい」と言っていたのに……と思いきや、われわれが想像する薬剤師とは、少し違う薬剤師だったようです。

【元のツイートと反応を見る】

●「みんなが喜ぶ薬をつくりたい」

・・・・・

8歳児「将来の夢が決まった」

俺「ドラゴンになるんじゃなかったっけ」

8歳児「薬剤師になる」

俺「いいね」

8歳児「みんなが喜ぶ薬を作りたい」

俺「どんな薬かな」

8歳児「防御力アップとか」

俺「ドラゴンと戦う側なんだ」

Kosuke Sawaさんのツイートより)

・・・・・

 話題のツイートを投稿したのは、Kosuke Sawaさん。Twitterプロフィール欄によると、大学の心理学科の教授だそうです。

 ある日、Kosuke Sawaさんのお子さんが「将来の夢が決まった」と言うので耳をかたむけてみると、「薬剤師になる」と宣言。この前まで「ドラゴンになる」って言っていたのになぁと思いつつ、さらに詳しく聞くと、「防御力アップの薬を作る」との答えが返ってきました。なるほどファンタジーRPGの世界なんかに出てくる、薬草を調合して作る人のイメージなのでしょうね。いつのまにかドラゴン側から、ドラゴンを倒す側にまわっている気がするけれども……。

 このツイートにはさっそく「バフ大事ですね」とのコメントが。「バフ」とはRPGなどで、おもに味方の能力を引き上げる効果を持った魔法やスキルのこと。お子さんが思い描く「薬剤師」にぴったりの一言です。

 そのほか「前衛ではなく支援とは、立ち位置が渋い」とお子さんの着眼点を評価する声や、「精神的な防御力を上げるお薬を」、「回復アイテムをください」などと、現実世界でも「バフ」を欲する大人たちから、切実なコメントが寄せられていました。

なるほどそれも「薬剤師」だね(イラスト:野田せいぞ)