圧倒的な強さでレギュラーシーズンMVPを獲得した魔王が、ついに目を覚ました。「朝日新聞Mリーグ2020」セミファイナルシリーズ4月22日の第2試合、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)が10万点に迫る大トップを獲得。Mリーグの1試合最高スコアを塗り替える歴史的な大勝で、ファイナル進出を争うチームの負債をほぼ帳消しにした。

【動画】Mリーグ新記録の瞬間

 この試合の対局者は佐々木、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)の並びでスタートレギュラーシーズンでは全30選手中1位の成績でMVPを獲得し、KONAMI麻雀格闘倶楽部が誇る大エースとしてセミファイナルでも活躍が期待されていた佐々木だが、試合前まで3戦出場して3着2回、4着1回と連対なし。しかしセミファイナル4戦目にして、溜め込んできた“魔力”を一気に放出するかのような独壇場が繰り広げられた。

 まずは東1局、仕掛けてテンパイを入れていた園田からダマテンで七対子・赤・ドラ2の1万2000点を直撃。東2局5本場には3連続で有効牌を引いて手応え充分の5巡目リーチをかけ、リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・ドラ・裏ドラの1万2000点(+1500点)でリードを広げる。すでに持ち点は4万7200点とトップには充分な状況だったが、超攻撃的なスタイル佐々木に守りに入るという発想はまったくなかった。

 東4局から南1局1本場にかけて、佐々木は8000点(+300点)、1万2000点(+供託1000点)、1万8000点(+300点)と強烈な3連発。カンチャン待ちリーチを一発でツモるという強烈な親跳満で8万点台に到達すると、視聴者コメント欄には「やばすぎる」「笑うしかない」「無茶苦茶だよ!」「すごすぎひん?」となかば引き気味のリアクションが殺到した。逆転のリスクがほぼなくなった状況で“魔王の進撃”が止まるわけもなく、南3局1本場にも5200点(+300点、供託1000点)を加点。完全な独走状態でオーラスに突入した。

 オーラス、ドラの南をポンして跳満のテンパイを入れた佐々木は、あっさりとダブ南・赤2・ドラ3の1万2000点をツモアガリ。積み棒と供託を抜いた7回のアガリの合計点は7万9200点で平均1万点超と、打点も手数も兼ね備えた圧巻のワンサイドゲームで、ラスの堀だけでなく3着の萩原まで箱下に沈めてみせた。

 過去3シーズンを含めたMリーグの記録を更新する9万8200点の激勝に、「魔王半端ない!」「化け物やわ」「大魔王ランクアップ」「同卓したくねえええ」「強すぎるよ」とファンも愕然。1試合で2勝分に相当する118.2ポイントを荒稼ぎし、120ポイントあったチームマイナスをほぼ完済した。ファイナル進出に向けて、「僕が頑張らないことにはチームも浮上しない」とあらためてエースとしての自覚を口にした佐々木KONAMI麻雀格闘倶楽部にとってこれ以上なく頼れる存在であると同時に、今後も他チームの最大の脅威としてMリーグに君臨することを予感させる一戦となった。

【第2試合結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)9万8200点/+118.2
2着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)8100点/▲11.9
3着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)-1500点/▲41.5
4着 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)-4800点/▲64.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

4月22日終了時点での成績】

1位 KADOKAWAサクラナイツ +311.9(10/16)
2位 渋谷ABEMAS +213.2(8/16)
3位 赤坂ドリブンズ +113.0(10/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲1.8(10/16)
5位 EX風林火山 ▲109.5(8/16)
6位 TEAM雷電 ▲196.1(10/16)

Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)
魔王・佐々木寿人がついに大爆発!歴史的大勝に「半端ない!」「化け物」と愕然/麻雀・Mリーグ