国際オリンピック委員会(以下、IOC)は、「オリンピックバーチャルシリーズ」(OVS)の開催を発表した。オリンピック史上初となるバーチャルイベントだ。現地時間5月13日から始まり、6月23日まで1カ月以上続く。

 種目は5つ。そのうちeBASEBALLパワフルプロ野球2020』(パワプロ 2020)グランツーリスモの2本が国産ゲームとして採用。ほかにもエアロバイクを使ったバーチャルサイクリングゲーム『Zwift』ヨットレースゲームVirtual Regatta』などが採用された。

(画像はオリンピック公式サイトより)

 オリンピックバーチャルシリーズは、世界中の仮想スポーツeスポーツゲーム愛好家などオリンピックの新たなファンリーチすることを目的にしたイベントだ。「オリンピックアジェンダ2020 +5」の提言に沿って、身体的・非身体的な形態のスポーツの発展を促す。

 「オリンピックアジェンダ2020 +5」の提言には、経費削減やドーピング八百長などの不正防止強化に加え、バーチャルスポーツオリンピック採用の検討やジェンダー平等の促進、収益の多様化などが織り込まれていた。

 世界中から選手がオリンピックバーチャルシリーズに参加する様子は、オリンピック公式サイトから視聴できる予定だ。視聴方法はまた後日詳しく発表があるという。

(画像は『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』より)

 コロナ禍も続く昨今、大規模なイベントは開催が難しくなっている。ビデオゲームオンラインイベントは、「バーチャルイベントの採用」や「ジェンダー平等の促進」、「収益の多様化」といったIOCの意向にも沿っているため、今後も同様のイベントが増えるかもしれない。

「オリンピックバーチャルシリーズ」

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros