かつては教育熱心な親が「教育ママ」などと呼ばれて問題視された時代もあったが、2010年代以降に使われるようになったのが「教育虐待」なる言葉。日本子ども虐待防止学会によれば「子供の受忍限度を超えて勉強させたり、行きすぎた習い事をさせること」を指す。

 実際に「教育虐待」と言える幼少期を過ごした女性に、その壮絶な体験を語ってもらった。

(取材・執筆=常田裕/清談社)

◆◆◆

 今年1月、滋賀県内で起きた長女による実母殺害・死体遺棄事件の控訴審判決が言い渡され、懲役10年の刑が確定した。この裁判の過程で注目を集めたのが、被告人が母親からまさにこの「教育虐待」を受けていたという事実だ。母親から地元の国立大学医学部に進学するよう強く求められた被告人は9年の浪人生活を送っており、その間、過度な拘束を受けていたことが明らかになっている。

教育熱心と虐待は紙一重

 殺人にまで発展したこの事件は確かに特殊なケースだろう。しかし、小中学校など受験の低年齢化が進む中で、「教育虐待」になりかねない日常を強いられている子供たちは意外に多いという。

「教育熱心と虐待は紙一重ですよね。母にしてみれば虐待しているつもりなんて無くて、良かれと思ってやっていたのは理解できるし、今はそれなりに感謝もあります。でも、気づいた当時は恨みしかなかったです」

 こう話すのは鈴木セリーナさん。大分県出身で「田舎のお嬢様」として育てられるが、15歳ドロップアウト。以降は波乱の人生を経て、現在は都内で複数の会社を経営する実業家だ。そんな鈴木さんの子供時代は、まさに「教育虐待」と呼ばれても不思議ではない環境だったという。

「私が通っていたのは地元にあった国立の附属小学校。東京と違って私の田舎では私立が少ないため、教育熱心だったり経済的に余裕がある家の子は国立の附属に入るのが当時のステータスだったんです。小学受験じたいは抽選でほとんど運なんですが、抽選に外れた誰かの親が声をあげて泣いていた光景はいまだに忘れられません」

 物心ついた頃には、すでに熱心すぎる教育は始まっていたというが、まずは幼少時代からの習い事をざっと挙げてもらった。

小学校1年生の頃には、1人目の家庭教師

「最初の習い事は2歳で始めたバトントワリングとリトミック(音楽と触れ合うことで、潜在的な基礎能力を伸ばす教育法)。バトンは自分からやりたいと望んだらしいんですが、正直、ハッキリした記憶はありません。あとは基本的に全部母親の勧めで、3歳からはピアノ教室にも通い始めました。小学校1年になると一人目の家庭教師つくようになって、他にも習字と硬筆の教室、バトンが上達すると言われてバレエ教室にも通い始めました」

 小学校3年生頃になるとさらに習い事の数が増えていった。これまでの習い事はすべて続けたままで、である。

「中学受験する子はこの頃から本格的に対策を始めるんですが、私の場合は二人目の家庭教師が家に来るようになりました。ピアノももうひとつ別の教室に通い始めて、これまでの教室は楽しく学ぶためのところ、新しい教室はコンクール対策のためという理由です。他にもエレクトーン教室、絵画教室、それからテニススクールを始めたのもこの頃だったと思います」

学校帰りに友達と遊んだ記憶はない

 5年生になった頃には、さらに中学受験を見据えた進学塾と英語塾通いが加わった。特に英語塾は週3ペースで、鈴木さんは小学校のうちに英検3級を取得している。当たり前だが、小学校も普通に通っていた。

小学校が終わるのがだいたい3時半頃で、そこからすぐ習い事です。夕方は芸術系や運動系の教室で、これが2時間くらい。それから少し休憩して、6時からはずっと塾の勉強で、これは毎晩10時頃までやっていました。なので、学校帰りに友達と公園に行って遊んだりした記憶は一切ないんです。

 ただ、同級生の子たちも放課後は同じようにいろんな塾や習い事に通っていましたからね。さすがに私は多かったとは思うけど、それでも3つくらいは普通で、行ってない子の方が珍しかったくらい。だからこれが当たり前だったし、嫌になるようなことも、友達同士で不満を言い合うようなこともありませんでした」

 鈴木さんの環境を主導していたのは母親だ。父親は鈴木さんが3歳の頃に離婚している。いわゆるシングルマザーの家庭で、母親は身体に障害も抱えていた。ただし母親の実家が温泉の源泉権などを持つ裕福な家だったため、経済的には十分な余裕があった。

「5LDKの大きな平屋に母親と二人暮らしでした。母は働いておらず、家事もほとんどしない人で、食事もたいてい外食か、よくてスーパーのお惣菜。塾のある時はお金をもらって塾で食べたりしてました。子供の頃に『何か食べたいものある?』って聞かれると、いつも『家で食べたい』って答えてたのを覚えてます」

学年2位だと「1位じゃないの?」と怒られる

 母親が教育熱心だったのは、自分ができなかったことを投影する思いもあったようだ。

「大人になってから知ったんですが、付属小学校には母の姉の伯母も通っていたんです。母は合格できず、小学生の間もずっと転入試験を受けたけど叶わなかったそうです。そんなコンプレックスのせいか、余計、私に期待したのかもしれません。私から学校生活や友達の話を聞くのが大好きで、もうウザいくらいでしたから」

 もうひとつ、母親が過剰な教育を強いていた理由を鈴木さんはこう推測する。

「母からはとにかく『全部の習い事で1位になりなさい』って言われてました。もちろんそんなことはできないんですが、たとえば習字では佳作や金賞でもすごく怒られました。母はガミガミ怒るタイプじゃなく、なんというか、不機嫌になって圧をかけてくるんです。

 3年生の時にバトンで西日本エリアの大会に進めなかった時には本気で寝込んでいましたからね。しかも私が『ごめんな』って謝っても、『もう私は死ぬけん』とか小学生の私に言うんですよ。次の日、心配になって小学校公衆電話から家にいる母に電話をしたことを覚えています。

 見かねた伯母が、母に『そんなに全部が全部は無理だよ』って言ってくれてたんですが、自分で経験していない母は勉強の大変さを分かってくれなかった。それでも私にとっては母が世界のすべてでしたから、子供ながらに何とかしなきゃって思ってたんです。今思うと、母は別れた父に対して、『一人でも立派に子育てはできてますよ』って伝えようとしていたのかもしれません。田舎ではバトンとかの小さな大会でも結果が名前入りで新聞に載ったりしますからね」

 そのまま中学校に内部進学した鈴木さんは、部活動で全国クラスの強豪だった合唱部に入部する。他の習い事は継続していたが、才能がないと見切りをつけられたのか、一番続けたいと思っていたバトンバレエをやめさせられ、代わって声楽(オペラ)の教室が習い事に加わった。

 ちなみに勉強は期待されたほどの結果は残せていなかったが、学年では中位以上で、英語に関しては学年トップクラス。それでも母親は、英語が学年2位だと「1位じゃないの?」と怒り、1位を取っても「全科目総合では80位? もっと頑張れるんじゃない」と、常に足りない点を指摘され続けたという。

東大や早慶ではなく、あくまで地元のトップにこだわった母

 転機が訪れたのは中学2年生の頃。徐々に自分の環境が他の家庭と違っていることが分かるようになり、反抗期も相まって母親に自分の意見をぶつけるようになった。

「高校の進路を決める時期になって、ピアノも声楽も本気でやっていたので音楽科がある高校を志望したんです。でも母親はどうしても県立トップの普通高校に行かせたがって、『あそこ目指さんて、どういうこと?』って迫ってきた。毎週のように学校の担任に相談に行くくらい入れ込んでいて、最後まで『トップの県立じゃないと……』って言い張っていた。

 文系理系の違いもよく分かっていなかった母の希望は、将来、私が地元でトップの大分大学医学部に入ることだったはずです。不思議なことに東大や早慶ではなく、あくまで地元のトップが母の望みだったんです」

 最終的に鈴木さんは付属小中学校同級生がほとんど行かない下位クラスの公立高校にあえて進学する。中学の最後の時期は模試の解答欄を全部埋めず点数を落とすという苦肉の策までとった結果だった。そして、その高校をドロップアウトするまで時間はかからなかった。

「高1の6月頃に初めての彼氏ができて、それからはアッという間でした。ドロップアウトして、ようやく『私の家って普通じゃなかったんだ』って、冷静に自分を振り返ることができるようになりました」

 鈴木さんは17歳で妊娠、18歳で出産を経験し、20歳で上京。銀座のナンバーワンホステスを経て起業し、今は自分で選択した人生を生きている。

「男の人無しでも生きていけるように」

「小中学校同級生に、私と同じような境遇の子がいます。彼女は必死に勉強して首都圏の有名国立大学に進学しましたが、『家から逃げるにはそうするしかなかった』と話していました。私はそこまで頭もよくなかったから、彼女のようにはできなかったけど、後悔はありません」

 鈴木さんは大人になってから、母親に「私にどうなってほしかったん?」と聞いたところ、母親はこう答えたという。

「私は障がい者だから働くという選択もせず、人に依存して生きてきた。だからあなたにはいろいろやらせて、自立、自活をしてほしい、男の人無しでも生きていけるようになってほしかったんだと思うわ。結局、今のあなたの形になったんだから、よかったのかもしれんね」

(清談社)

©iStock.com