大阪で飲食店7店舗を展開するMAJIMAは、大阪名物ミックスジュースイメージしたプリンなどを提供する「私のプリン食堂」を4月3日オープンした。同店舗は、オープンから2日間で3000個のプリンを完売している。

画像付きの記事はこちら



 大阪市内で居酒屋などを経営していた同社は、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが前年と比較して8割減少していた。

 こういった事態を受けて、これまで運営してきた夜の居酒屋唐揚げテイクアウト店、ラーメン屋など、昼の飲食店へ業態転換を行っており、同社として初の女性客をターゲットにした私のプリン食堂も、その一環としてオープンした。

 妊娠・出産を機に夜の居酒屋で仕事をすることが難しくなった社員からの「居酒屋時代に人気だったプリンを使って、お店を始めたい。昼間のカフェなら子育てしながら働ける」という一言がきっかけとなり、そのスタッフを中心にプリン開発が行われ、「プリン食堂」が完成した。

 私のプリン食堂で販売されている「大阪みっくすジュースプリン」は、大阪名物のミックスジュースイメージした手作りで、プリンゼリーなど食感の違いを楽しめる。オープン初日には300個、翌日にも300個を完売するとともに、他のプリンとあわせて計3000個を完売。新メニュー「飲む和菓子 わらび餅ドリンク」の提供も開始した。

 同社は、居酒屋からの業態転換によって、来店数が新型コロナ禍と比較して100倍、売り上げが30倍を記録している。

居酒屋から業態転換した「私のプリン食堂」、売り上げは新型コロナ禍の30倍に