ど、どういうこと...?(画像はゆっkey(@snowfairy88)さんから、編集部でトリミング)

思わず2度見してしまいそうになる写真が、ツイッターで話題になっている。

こちらは、ツイッターユーザーのゆっkeyさんが2021年4月19日に投稿した写真。列車のドア上に、

ぴえん超えてぱおんからのぶおん

というフレーズが「表示」されている。「ぴえん」とは、泣いている様子を表す若者コトバ。「ぱおん」は、それを強めたコトバだが、なぜココに...。この状況に、投稿者は

東武東上線どうしたの...」

と呟き、困惑気味のようす。電子掲示板がおかしくなってしまった?ツイッターを見た人からも、

「お、どうした?」
「電車も泣きたい時はあるんだな」
東上線、バグる(笑)

といった反応が寄せられている。

なにこれ?と思った人もいるだろう。

種明かしをすると、これは自動車教習所レインボーモータースクール」(埼玉県和光市)が作った「車内広告ポスター」なのである。

「意味不明といった捉え方をしてもらいたかったので...」

この「表示」がポスターだと気づいたユーザーからは、

「これは見てしまう 自動車学校の広告」
レインボーモータースクール 攻めてるね」
「広告イカしてるな、、笑笑」
わたしここで免許取ったわ」

との反応もあがっている。

Jタウンネット記者は20日、レインボーモータースクールに詳しい話を聞いてみた。

広告企画に携わった営業部の前沢雄一さんによると、電子掲示板風の広告は全13作品あり、様々なフレーズが書かれている。その内の1つが「ぴえん超えて超えてぱおんからのぶおん」だという。

キャッチコピーコンテストと題して、電車広告に載せる面白いキャチコピーを職員から募っていたんです。約300作品ほど集まり、入賞した上位13名には、賞金も出し、職員からも好評を得ています(笑)
教習所なので、一人でも多くの人に入校してもらいたいという思いがあります。広告を掲示するにあたって、営業部だけでは面白いキャッチコピーが思いつかないので、職員の力を借りました」

ぴえん」広告を考えたのは、前沢さんの直属の部下で、営業部の杉山佳苗さん。いったい、どんな意味を込めたのだろうか。

「応募するにあたって、どんなフレーズがいいかな...、と思った時に20年上半期に発表された流行語を調べ、『ぴえん』にたどり着きました。
ぴえんの上が、ぱおん。そこから何か、もじれるものはないかな...と。その流れで、車とかバイクエンジンのふかす音、『ぶおん』という単語がひらめきました。ぱおんの『おん』とぶおんの『おん』を語呂合わせしてみました」

実は電子掲示板風のデザインも杉山さんが考えたそうで、

「横長の電子掲示板の真下に、それをモチーフにしたデザインがあれば乗客の目に留まるかな...と思い考案しました」

と話す。杉山さんは、広告が掲載された日に、ツイッターで話題になった投稿を目にしたという。

ツイッター上で、『ぴえん』の広告が大きく拡散されていて、驚きました。作った経緯としては、よくわからない意味不明といった捉え方をしてもらいたかったので、その通りの反応があがっていて、凄く嬉しいです。少しレインボーという名前が広まってくれれば...、興味を持っていただけただけでもうれしい限りです」

ちなみに「ぴえん」のキャッチコピーは、入賞作品のなかでは、下位にランクイン。

上位はどんなフレーズなのか...。気になった方は、列車内で探してみてはいかがだろう。

13種類の広告は、東上線三田線で掲示されている。期間は、9月末までを予定しているそうだ。

ど、どういうこと...?(画像はゆっkey(@snowfairy88)さんから、編集部でトリミング)