今回紹介するのは、やまたいさんが投稿した『自作3D風キャラクター表示機で「シニカルナイトプラン」を踊ってもらった【CharaPod】』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

3Dキャラクターそこにいるように見えるデバイスCharaPod」を作製したので、Ayaseさん作曲の「シニカルナイトプラン」を初音ミクに踊ってもらいました。


 まるで、初音ミクそこにいるかのよう。立体的に見えるデバイスをやまたいさんが制作しました。

 初音ミクが筒の中でAyaseさんによる楽曲『シニカルナイトプラン』を踊っています。表示は立体的で、歌詞も宙に浮いているように見えています。

 小型の液晶ディスプレーを透明アクリル製の筒に入れてみたところ、立体っぽく見えたそうです。より3Dに近づけるため底面にガラスを張り、影のように見せています。

 デバイスの作り方の動画は後日あらためて投稿してくれるそうです。また一歩、ミクさんと一緒に暮らせる日が近づきました。

視聴者コメント

幸せな気持ちになりました!
おおー
これが噂のっ!

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

自作3D風キャラクター表示機で「シニカルナイトプラン」を踊ってもらった【CharaPod】

―あわせて読みたい―

“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」(30万円)を2万円で自作する猛者が現る。 初音ミクが机の上で歌い、踊る「くっそ、目の前にいるのに」

これどうなってるの!? 角度を変えてもモニターに映った初音ミクさんと視線が合い続ける不思議な窓