都市伝説に登場する怪異「メリーさん」が大阪の魔窟で道に迷ってしまう漫画が、梅田駅のおそろしさを再認識させてくれます。

【画像】漫画を読む

 梅田ダンジョンで迷子になるメリーさんのかわいらしい様子を描いたどろしぃさんの漫画。

 メリーさんは現在地を電話で知らせながら少しずつ距離を詰めてくる怪異ですが、「西梅田」「東梅田」といったまぎらわしい地名を前に経路を見失ってしまいます。ターゲットスマホで検索するようアドバイスをもらい、半泣きになりながら堺駅を目指す姿は、もはやただ道に迷っただけの女の子……!

 どうにか電車に乗って梅田駅から離れられたものの、向かった堺市駅は目的地の堺駅とはまったく別の場所。かなり似た名前の駅ですが、堺市駅と堺駅は徒歩で30分かかるほど離れています。

 しかし、また駅で迷うよりは徒歩で向かった方がまだ早いだろうと、長い道のりを歩くことに決めるメリーさん。これでようやくターゲットの首を取れるのか……?

 息を切らしつつ最寄り駅に着いたと告げるメリーさんでしたが、ターゲットは一足先に自宅を離れていました。彼が向かった先はまさかの「梅田駅」。さすがのメリーさんも大阪の魔窟にはまったくかなわないのでした。

作品提供:どろしぃさん

梅田駅こわい……