子どもがふと発した言葉に、思わずハッとさせられたというツイートイラストでご紹介。今回の「子どもの名言」は、クトゥルフ神話モチーフにしたTRPGテーブルトークRPG)の説明をしていたら、「それって桃鉄?」と指摘されたというもの。

【元のツイートと反応を見る】

●思わず笑ったけれど、確かに共通点が……!

・・・・・

クトゥルフ神話TRPGのことを子供に「やばい神様のせいで心がグチャグチャになってたまに死んじゃうゲームだよ」って説明したら「桃鉄ですか?」って言われて笑った 桃鉄ではないです(ナタさんのツイートより)

・・・・・

 クトゥルフ神話TRPGとは、作家・ラヴクラフトによる怪奇小説をモチーフとしたTRPGテーブルトークRPG)。プレイヤーは「正気度」を保ちつつ、クトゥルフ神話で描かれる「宇宙的恐怖」と対峙することになります。

 ツイートしたナタさんが、クトゥルフ神話TRPGの説明として「ヤバい神様」というワードを使ったことから、子ども貧乏神がお邪魔キャラとして登場するゲーム桃太郎電鉄」(桃鉄)と同じようなイメージを抱いたようです。まあ、あいつもヤバい神様だから……。

 桃鉄もTRPGと同様にサイコロダイス)を振って遊ぶゲームであることから、リプライ欄には、「キングボンビーを見たあなたはSAN値チェック1d100」などと両者をうまく結びつけるコメントが並びました。

 ちなみに「1d100」とは、100ダイスを1回振ることを意味し、出目によって「失敗」となれば、SAN値(いわば正気度)が減ることを意味します。キングボンビーは確かに、人を狂気にいざないますからね……。

クトゥルフがまちがって伝わった(イラスト:野田せいぞ)