【元記事を音楽ナタリーで読む】

WANDSの木村真也(Key)が活動を休止することを発表した。

WANDSのオフィシャルサイトによれば、木村は新型コロナウイルス感染拡大に伴って過度なストレスを抱き、昨年から心身ともに万全な状態ではなかったという。これまで様子を見ながら活動を行ってきたが、今年に入っても状況は改善せず、健やかな心身を取り戻すためにライブ、制作活動を休止することを決断した。休止期間は決められていない。

木村の望みもあり、WANDSは今後、柴崎浩(G)と上原大史(Vo)の2人で活動を続ける。5月4日に千葉・千葉市蘇我スポーツ公園で開催されるイベントJAPAN JAM 2021」、8月27日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催されるイベントAnimelo Summer Live 2021 -COLORS-」にはサポートメンバーを加えた編成で出演する。また6月9日リリースされるシングル表題曲「カナリア鳴いた頃に」のミュージックビデオの撮影に木村は参加していない。

WANDS。左が木村真也(Key)。