メイン画像

あす28日(水)夜からは広く雨に。29日(木)昭和の日太平洋側を中心に大雨のおそれも。

低気圧や前線の周辺 雨雲発達

画像A

あす28日(水)は前線や湿った空気の影響で、九州や四国は、ほぼ一日雨。カミナリを伴う所もありそうです。中国地方や近畿、東海、北陸も昼頃から雨の降りだす所が多いでしょう。夜になると、関東も所々で雨が降り、東北と北海道日本海側は広く雨に。
28日(水)の夜には前線上に低気圧が発生して、29日(木)昭和の日は、本州の南岸を東へ進む予想です。低気圧や前線周辺では局地的に雨雲が発達して、大雨となるおそれがあります。また沿岸の地域を中心に風も強まるでしょう。今年のゴールデンウィークは、荒れた天気でスタートとなりそうです。

雨の強まる時間帯

画像B

発達した雨雲は、29日午前9時には九州にかかる予想です。1時間に10ミリ以上のザーザー降りの所も。低気圧の東進に伴って強い雨のエリアも東へ移り、昼頃からは中国・四国、近畿で雨脚が強まるでしょう。
東海は夕方以降、岐阜県など内陸も含めて発達した雨雲がかかり、短時間に強い雨が降りそうです。30日(金)にかけて総雨量が多くなるため、土砂災害アンダーパスなどの低い土地の浸水にご注意下さい。関東や東北では、夜遅くなるにつれて、雨や風が強まるでしょう。北海道は、30日(金)の午後は雨から雪に変わり、先週末のように平野部でも雪の積もる可能性があります。
低気圧の動きが速いため長く降り続く雨ではありませんが、29日(木)昭和の日は、太平洋側を中心にまとまった雨になるでしょう。大型連休の初日ですが、天気の面からもステイホームが安心です。

あす夜は広く雨 ゴールデンウィーク初日は大雨のおそれ