詳細画像はこちら

ラヴォイタ・オープン戦、今年は開催

textKazuhide Ueno(上野和秀)
photo:Club Mothrheadクラブマザーヘッド

クラブマザーヘッドが開催するクラシックモデルサーキットイベントが「コッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ」だ。

【画像】ラヴォイタ・オープン戦(3月28日開催)【現地の写真】 全63枚

イタリア車を始めとするクラシックモデルで走りを楽しむ愛好家から支持され、親しみを込めて「ラヴォイタ」と呼ばれている。

詳細画像はこちら
今回のハイライトは1920年代に製作されたアミルカーCGSSが特別参加したことだ。悪コンディションながら本気でアタックしていた。    クラブマザーヘッド

その「ラヴォイタ」の春に開かれるオープン戦だが、昨年は新型コロナ感染症による緊急事態宣言の発令により中止に追い込まれてしまった。

コロナ禍も落ち着いた今年は、3月28日いつもの名阪スポーツランドEコースを舞台に万全の感染対策を施して行われた。

春の「ラヴォイタ・オープン戦」は、年式や生産国の制限なく参加できるのが特徴。走りを存分に愉しめるサーキットイベントとして、新旧趣味車のオーナーから支持されてきた。

単独走行なので安心

「ラヴォイタ」はレースとは異なり、単独でタイムアタックするスタイルで行われる。ビギナーにとっては他車との競り合いが無く、ジムカーナと違ってコースを覚える必要が無いため、参加し易いイベントといえる。

クラシックモデルのみで競われる秋の「ラヴォイタ」では排気量ごとにクラス分けされるが、春のオープン戦クラス分けが無く、速い者勝ちというシステムで行われる。

詳細画像はこちら
フィアット・アバルト124ラリーなど、なかなか目することのできないモデルが参加する。    クラブマザーヘッド

名阪スポーツランドのEコースはタイトなレイアウトで、操る者のテクニックがキーとなる。結果を見ると小排気量車が上位に入っていることからも、腕がタイムに直結することが分かろう。

参加車もポルシェ914-6やフィアット・アバルト124ラリー、三菱コルトギャランなどの貴重なクルマが参加し、ダイハツスズキホンダ軽自動車勢も元気にトライしていた。

生憎の天候ながら59台が参加

今年の「ラヴォイタ・オープン戦」は、終日雨が降り続く厳しいコンディションのなかで行われた。この日を待ちわびていた参加者は、雨を理由に欠席する者はほとんどいなかった。

今回集まったのはクラシックスポーツカーからモダンモデルまでの59台。その中には1920年代に造られたアミルカーCGSSが賞典外の特別参加として姿を見せた。

詳細画像はこちら
生憎の天候だったが古今東西の59台がタイムトライアルに挑んだ。    クラブマザーヘッド

タイムアタックテストラン(習熟走行)を行ったのち計測走行が4回用意され、その中のベストタイムで順位が決まる。計測は主催者が折角の力走を盛り上げたいという思いから、自前で高性能な光電管を用意する拘りぶりだ。

天気は終日雨が降り続き、クラッシックカー勢が調子を崩すかと心配された。しかし、日ごろのメンテナンスが良いため、テストラン+4回のトライアルトラブルが発生した参加車は無く、最後まで果敢にトライしていた。

最速はジュリア・スーパーを駆る久保選手が

「ラヴォイタ」オープン戦は、年式、排気量、チューニングも関係なく争われるのが特徴である。戦前車から21世紀のクルマまでが一堂に競うイベントはここだけといえる。

表彰式では全ての参加者にトロフィが贈られるというアットホームさも「ラヴォイタ・オープン戦」の優しさだ。それだけに一度参加すると嵌ってしまう方が多いという。

詳細画像はこちら
すべてのアタック終了後に表彰式が行われ、その後参加全員揃って記念撮影を行った。    クラブマザーヘッド

今回の結果は、初参戦となる国江選手のオースチン・ヒーレーがいきなり2位を勝ち取るという展開に。久保選手(アルファ・ロメオジュリアスーパー)は、前回優勝のアルファ・ロメオ145を駆る永野選手を破り総合優勝を果たした。

旧車が最新モデルを打ち破るのもラヴォイタの面白いところ。全体的に接戦で1位から5位までが1秒以内の差で続き、このほかにも僅差の静かな闘いが繰り広げられた。

タイムアタック終了後に表彰式が行われ、それぞれの素晴らしい走りを称えた。最後に参加全員揃って記念撮影を行ったのち、名残惜しい中お開きとなった。

次回のラヴォイタは、10月下旬に1975年までのクラッシック・モデル限定で開催が予定されている。


■BMWの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【詳細データテスト】BMW M4 文句なしのエンジン 卓越したシャシー ルックスだけが問題
【字幕付き動画】BMW M3コンペティション vs アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ 世界最高のスーパーサルーンは
【35年の歴史で初の四輪駆動】BMW M3とM4にM xドライブ採用 M3ツーリングも登場予定

アウトビアンキの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【希少なヒストリックカーが集結】いにしえと最新の東京を巡るヒストリックカー・ラリー 第14回コッパ ディ東京
【ウィズコロナ時代のイタ車ミーティング】イタリアンジョブ2020開催 今年のイタジョブは車両の制限なし
台風に負けるな! 熱海ヒストリカG.P.2019 愛好家秘蔵の名車が熱海に集い、走る

■アバルトの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【愛車を「造る」喜び】ABARTH 595カスタマイズプログラム「Make Your Scorpion」に触れてみた[PR]
【WRCを闘ったホンモノ】ランチア、フィアットのラリーカーが勢揃い オートモビルカウンシル2021
【「技術弱者連合」とは呼ばせない】「ステランティス」支える日系サプライヤー

■アルピーヌの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【ル・マンに名を残せるか】アルピーヌ WEC参戦マシン「A480」公開 モータースポーツへ注力
【コスト度外視のスポーツカーたち】内燃機関の火が消える前に 技術の粋を味わえる3台 後編
【コスト度外視のスポーツカーたち】内燃機関の火が消える前に 技術の粋を味わえる3台 前編 

アルファ・ロメオの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【字幕付き動画】BMW M3コンペティション vs アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ 世界最高のスーパーサルーンは
【労働者のFFアルファ】アルファ・ロメオ・アルファスッド 希少になった大衆車 後編
【労働者のFFアルファ】アルファ・ロメオ・アルファスッド 希少になった大衆車 前編

イベントの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【WRCを闘ったホンモノ】ランチア、フィアットのラリーカーが勢揃い オートモビルカウンシル2021
【すぐに乗れる】マクラーレン・クオリファイド 認定中古のメリットとは オートモビル・カウンシル2021
【新旧フェラーリ 130台集合】コロナに負けず、伝統のフェラーリ・ブランチ開催

オースチンの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【日産版も存在した】オースチン・ケンブリッジ/ウェストミンスター 英国版クラシック・ガイド 後編
【日産版も存在した】オースチン・ケンブリッジ/ウェストミンスター 英国版クラシック・ガイド 前編
【希少なヒストリックカーが集結】いにしえと最新の東京を巡るヒストリックカー・ラリー 第14回コッパ ディ東京

シトロエンの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【1960年代のセカンドカー】シトロエン・ビジューとウーズレー・ホーネット 小さな高級車 後編
【1960年代のセカンドカー】シトロエン・ビジューとウーズレー・ホーネット 小さな高級車 前編
【斬新なフラッグシップモデル】新型シトロエンC5 X 欧州発表 小型SUV、セダン、ワゴンの融合

スズキの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【長寿の秘訣は?】フルモデルチェンジせずとも堅調に売れる長寿モデルたち
【車中泊は、ソリオ新型で】どんな人が購入? 軽キャンピングカーより広い、キャビン2ミニ・ウィッシュ
【軽キャンパーにも】大画面ナビ・ストラーダFシリーズ ジャパンキャンピングカーショー2021に登場

ダイハツの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【長寿の秘訣は?】フルモデルチェンジせずとも堅調に売れる長寿モデルたち
【詳細/価格は?】ダイハツ・コペン一部改良 安全性・利便性強化
【内装/外装/詳細/価格は?】ダイハツ・ブーン一部改良 安全装備強化

フィアットの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【クルマ好きに不思議と刺さる】フィアット・パンダ・クロス4×4試乗 2気筒に惚れる
【WRCを闘ったホンモノ】ランチア、フィアットのラリーカーが勢揃い オートモビルカウンシル2021
【小柄で元気なイタリアン】ロンバルディ・グランプリ ベースはフィアット850  後編

プジョーの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【ハンドリング輝くワゴン】プジョー508 PSE SW ハイブリッド4へ試乗 1.6LのPHEV 後編
【ハンドリング輝くワゴン】プジョー508 PSE SW ハイブリッド4へ試乗 1.6LのPHEV 前編
【生産に影響続く】半導体不足 自動車メーカーの対応は? 一部モデルで仕様変更も

ポルシェの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【新次元の992型GT3】ポルシェ911 GT3へ試乗 510ps Fサスはダブルウイッシュボーン 後編
【新次元の992型GT3】ポルシェ911 GT3へ試乗 510ps Fサスはダブルウイッシュボーン 前編
【高価格でも】「大人のレゴ」の魅力と「ポルシェ911レゴ」商品化の背景

ホンダの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【出だし好調】新型ホンダ・ヴェゼル高級化/上質化の背景 米SUVが影響?
【カスタム優勢】ホンダNボックス グレード別販売比率に変化 なぜ?
【乗りかえ検討の方へ】新旧比較 新型ホンダ・ヴェゼルどこが進化? 

マツダの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【詳細/価格は?】マツダ3/CX-30一部改良 環境性能/乗り心地向上
【社会人1年目、ポルシェを買う。】第127話:練習号に牽引フックをつけました。
【日常の運転に充足感】マツダCX-30 eスカイアクティブXへ英国試乗 見て良し 走って良し

ランチアの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【WRCを闘ったホンモノ】ランチア、フィアットのラリーカーが勢揃い オートモビルカウンシル2021
【戦後のクーペ 4台乗り比べ】ランチア・アウレリア/アストン マーティンDB2/ACアシーカ/ブリストル404 後編
【戦後のクーペ 4台乗り比べ】ランチア・アウレリア/アストン マーティンDB2/ACアシーカ/ブリストル404 中編

ロータスの記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【英国スポーツカーの新時代】ロータス 新代表インタビュー 「復活」をかけた劇的な変化
【J・バトン氏率いるチーム支援】JBXE×ロータス・エンジニアリング パートナーシップ締結
【現代のWRCマシン級】トールマン・タルボ・サンビーム・ロータスへ試乗 レストモッドで263ps

■三菱の記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【主役張れるか】日本でEV「成功or失敗」する? 2つのシナリオ考察
【長寿の秘訣は?】フルモデルチェンジせずとも堅調に売れる長寿モデルたち
【販売とブランド力強化】三菱、米国でのディーラー網拡大 10事業者と提携

■日産の記事
【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦
【次期エクストレイルの北米版】日産ローグ SV AWDへ試乗 オンロード性能を向上
【とことん比較】新型ヴェゼル/ヤリス・クロス/キックス どんなユーザーにピッタリ?
【主役張れるか】日本でEV「成功or失敗」する? 2つのシナリオ考察

【今年はコロナに打ち勝ち開催へ】戦前車も参加、ラヴォイタ・オープン戦