1998年4月6日月曜日。この日、長岡高校新潟県)を卒業したばかりの中村三奈子さん(当時18歳)は、こつ然といなくなった。その後、韓国に入国したとされたが、その後出国した記録はなく、いまだに行方は分かっていない。そして、その足跡にはいくつもの謎が重なる――。

※本記事は、ノンフィクションライターの菅野朋子氏が「文藝春秋2011年12月号に寄稿した「拉致疑惑 消えた少女・中村三奈子さんの謎」をもとに、新たな取材成果を加筆修正したものです。

◆ ◆ ◆

「今日は予備校の入学金を納める日だよ」

 6日の朝、当時、小学校の先生をしていた母親のクニさん(現在78歳)が出がけに声をかけると、三奈子さんは、「うーん」と答えたという。

「夜の7時過ぎに一度、帰宅した時に家は真っ暗で、でも、ああ、図書館ビデオ屋さんにでも行ったのかしらと思って町内の集まりに出かけたんです。1時間ほどで戻ってきましたが、まだいなくて、あの子の行きそうな所を探し回りました……」(クニさん)

 それでも、下着や衣類も手つかずでいつも持ち歩いていた鞄や気にして毎日塗っていたアトピーの軟膏もそのまま置いてあったため、クニさんははやる気持ちを抑えて1日待った。しかし三奈子さんは帰宅せず、8日の早朝、地元の警察に出向いたが、「財布だけ持って出たなら2、3日で戻るでしょう」と取り合ってはもらえなかった。

ゴミ箱から見つかったレシート

 家出ならば資金が必要だが、入学金50万円が入った封筒は3万円だけ抜かれ、残金47万円はそのまま。「3万円借りました。私の通帳からおろしてください」と書かれたメモがチラシの下から出てきた。通帳も持ってでておらず、ただ、三奈子さんの部屋には10円玉を貯めていたペットボトルが空になって転がっていたという。

 そして、三奈子さんの部屋のゴミ箱には、見つからないように細かく千切ったとしか思えない紙切れがあった。クニさんが、一つひとつつなぎ合わせると証明写真レシートになった。新潟県庁の売店のもので、ほどなく、パスポートを取得したことが判明する。自宅のあった長岡市の出張所ではなく、在来線で1時間以上かかる新潟市にある県庁までわざわざ出向いていた。県庁で申請すると発給が1週間ほど早いという。未成年者パスポート取得には保護者の承諾が必要だが、 

図書館カードを作るのに私の保険証が必要で三奈子はそのまま持っていたんです。それを使って保護者欄にはあの子が代理として記入したようで、表に記載した文字と一致しているといいます。自分の意思でパスポートをとったのか……。海外へのあこがれなんて聞いたこともなかったし、どこかに行きたいと話していたこともありませんでした。その年のお正月には親戚に『ママがひとりになるから遠くには行かない』って言っていたそうです……」(クニさん)

 三奈子さんは2人姉妹の次女で、父親は三奈子さんが生まれる前に他界。当時、姉は関西の大学に通っていて、クニさんと三奈子さんはふたりで暮らしていた。三奈子さんは地元の進学校長岡高校を3月に卒業したばかりで、3月に受けた国立大は不合格となったが、それでもあまり落ち込んだ様子はなく、4月からは地元の予備校に通う予定だった。

旅行会社に電話をかけた「ハスキー声の女」

 三奈子さんがパスポートを取得したことが判明した後、クニさんは、新潟空港や旅行会社などを尋ね歩いた。ひと月後、ようやく、いなくなった翌日の7日、午前9時40分発の韓国行きと14日に日本に戻る航空券を予約していたことを突き止めた。予約の電話が旅行会社に入ったのはパスポートが発給された4月3日。4万8000円だった。

 しかし、この後出てくるさまざまな証言は三奈子さん像と大きくかけ離れる。

 まず、電話口の声がハスキーで24、5歳くらいの女性だったという点だ。ひどく急いだ様子で、「明日でも明後日でもなるべく早い韓国行きの航空券がほしい。韓国には行ったことがあるのでホテルの手配は必要ない」と言ったという(旅行会社関係者)。声色から年齢を測ることは難しいが、三奈子さんは甘い声で、韓国に行ったことも、まして海外旅行の経験すらなかった。また、当日、空港の団体カウンターで搭乗券を受け取った女性もハデなブラウスを着ていたと証言されたが、三奈子さんが好んだのはクニさんのお下がりなど落ち着いた色で、いなくなった日に着ていたとされるグレーっぽい紺色のパーカーとも異なっていた。

 しかし、それでも三奈子さんが韓国に入国したとされる有力な手がかりとなったのが、韓国の金浦空港に提出した入国カードの存在だ。2004年にこのカードを確認したクニさんは、「カードの筆跡は確かに娘のものだった」という。

“波のようなサイン”の意味

 入国カードには滞在先を書き込む欄があるが、三奈子さんのカードには波のようなサインが記されていた。これが何を意味するのか解明できなかったが、韓国の元入管関係者に照会するとこんな答えが返ってきた。

「おそらく『T/S』(トランシップ)のサインでしょう。これは、入国審査時に滞在先が空欄になっていた場合、旅行者に質問し、韓国を経由して他国に向かうと答えた場合、記載するものです」

 そうだとすれば、三奈子さんは第三国へ行く予定だったのだろうか……。

 入手した座席名簿を見ると、飛行機の座席は三奈子さんは3人掛けの席の窓側で、隣は空席、通路側に座った女性がハスキーな声で派手な服装らしいことがわかった(当時、新潟、韓国を結ぶ飛行機の機種の座席は、2人掛け、通路、3人掛けだった)。

 この女性を仮にAさんとしよう。 

Aさんの自宅を訪ねると……

 長岡市近郊に住むAさんは韓国出身で70年代日本人男性に嫁ぎ、日本に帰化。90年代後半には、地元に韓国式の寺を建て、宗教法人を設立し、その代表を務めていた。

 クニさんがAさんを尋ねると、

「(三奈子さんは)生きていますよ」と話したという。 

 その根拠を問うため、筆者がAさんの自宅を訪ねると、こう憤慨した。

「あの時は韓国式の寺を建てるための視察旅行で韓国に行った。飛行機には、設計士さんら3人で搭乗して、近くに座っていた女の子についてはまったく記憶にない。私は警察にもそう話した。お母さんに『生きている』といったのは、私はその人の後ろにあるものを見て話をするから、三奈子さんという女の子おばあさんに連れられているのが見えたからそう答えただけ」

「その女の子と金浦空港で一緒に出口まででた」

 しかし、このAさんについて韓国で取材をすると韓国人の知人からはこんな話も飛びだした。

「Aがずいぶん前、(日韓)ワールドカップが終わった頃だったか、日本でいなくなった女の子について取り調ベを受けたと文句を言っていた。『その女の子と金浦空港で一緒に出口まででた。空港には男女ふたりが出迎えにでていて、ほんの少しの謝礼しかもらえなかったのに、こんなことになって』と」

 一連の不可解な動きには三奈子さんが信頼した、もしくはそうせざるを得なかった第三者の存在があったことは想像に難くない。では、その目的は何だったのか。

 三奈子さんは、パスポートの有効期限が切れた03年、特定失踪者問題調査会から北朝鮮による拉致の可能性が完全には排除できない特定失踪者とされた。拉致に詳しい捜査関係者が慎重に言葉を選びながらこう言う。

「可能性のひとつですが、第三者が日本人として韓国に入国する目的だったと考えれば、パスポート取得は日本出国よりも韓国入国のために必要だったと考えられます」

 今一度、原点に立ち戻っての捜査が必要なのではないか。

*  *  *

 舞台後方には、中村三奈子さんの幼い頃の写真などが次々と映し出される。

チームキャッチフレーズを伺いましょう?」

 司会者がそうふると、中村クニさん(現在78歳)の隣にいた金明子さん(キム・ミョンジャ、現在89歳)が力強くこう答える。

「いなくなった娘を探しています」

 そして、クニさんが続けた。

お母さんが待っているよ。帰っておいで、三奈子」

韓国警察にも共有された“三奈子さんの指紋”

 2019年1月30日

 クニさんは、韓国KBS(韓国の公営放送)の人気番組『歌が好き』の収録にのぞんでいた。この番組は、家族がその家族の歴史や思い出などを語った後、歌を競演するもので、毎週土曜日午前10時30分から放映されていた(現在は放映時間と内容が変わっている)。

 クニさんは、三奈子さんがいなくなってから長岡市新潟県内で「三奈子さんを探すチラシ」を配るなどの活動を続けながら、三奈子さんが韓国に入国した可能性があると知ってからは毎年のように韓国を訪れていた。ソウルにある駐韓日本領事館、新潟県ソウル事務所、そして韓国の警察署、新聞社などを回りながら捜索協力を頼み、ソウル駅前などで韓国語で作成した捜索チラシを配っていた。

 韓国を初めて訪れた時には飛び込みでソウル地方警察庁にも行った。知り合いもいなかったので観光ガイドに頼み込んで連れていってもらったそうだ。中に入ることはできなかったが、その後、金さんの協力で話を聞いてもらえることになり、駐韓日本大使館の所在区を管轄する鍾路警察署に三奈子さんの失踪届も提出。インターポールを通じて三奈子さんが使っていたノートなどから採取された指紋が共有され、また、鍾路警察署はクニさんのDNAも採取。韓国全国のさまざまな施設などでの照会作業が行われたが、該当者はいなかった。

「消息はまだ分かりません」

 チラシをネットで見たという人からは情報提供もあった。韓国の元入管関係者だというその人物とも2014年に会ったが、手がかりとなるような情報はなかった。

 幼児教育に携わる金さんと知り合ったのは、クニさんがまだ小学校の教師をしていた頃だった。金さんが仕事で長岡を訪れていると知り、会いに行ったという。事情を知った金さんは、その後もずっとクニさんに寄り添った。クニさんは韓国を訪れるたびに金さんと会い、一緒にチラシも配った。番組出演も金さんアイデアだった。

「私も子どもがいる身ですからクニさんのつらくて苦しい気持ちを思うと、いたたまれない。警察に行ったり、新聞社に行ったり、それでも三奈子さんの消息はまだ分かりません。この番組に出ればもしかしたら何か手がかりがつかめるかもしれないと思ったんです」(金さん

 クニさんがこの番組で披露したのは、チョー・ヨンピルの『釜山港へ帰れ』だ。日韓で馴染み深い曲だということと、自身の心情が歌詞に込められているような気がしての選曲だった。ただ、韓国語で歌わなければならなかったので、出演が決まると2週間ほど韓国の金さんの家に泊りこんで、2人で猛特訓を重ねた。

お母さんが探しているから、絶対に会おうね」

 番組では、歌う前に三奈子さんがいなくなった当時の様子が語られた。1998年4月6日予備校に入学金を納める日にいなくなってしまったこと、翌日7日には韓国に入国していたことが入国カードで確認されたこと、往復チケットを買っていたが出国した記録はないこと、韓国行きを急いでいたこと、けれど三奈子さんはそれまで海外旅行をしたことはなかったこと――。 

 収録が終わると、観客席にいた人からは、「何か情報が分かったらテレビ局に連絡しますから」と声がかかり、「がんばってください」という人もいた。

 2019年は三奈子さんが40歳を迎える年だった。

 鍾路警察署では、クニさんと三奈子さんの父親の写真をもとに40歳となった三奈子さんの想定写真を作成した。

 歌い終えた後、クニさんはこう締めくくった。

「健康で生きていてさえくれればいいよ。お母さんが探しているから、絶対に会おうね」

韓国で消息を絶った日本人

 番組は2019年2月23日に予定どおり放映された。しかし、新たな情報はまだない。

 韓国で消息を絶ったと把握されている日本人は中村三奈子さんの他にも2人いる。1991年3月、考古学を専攻していた大政由美さん(当時23歳)は旅行先の韓国の古都・慶州のユースホステルから行方が分からなくなった。大政さんは、拉致の可能性が濃厚とされる特定失踪者でもある。そして、2009年1月には旅行で韓国を訪れていた棚橋えり子さん(当時58歳)が江原道で消息が分からなくなっている。

 前政権から拉致問題は最優先課題とされてきた。日韓間でももっと協力できることがあるのではないだろうか。

◆ ◆ ◆

もし、中村三奈子さんを見かけたり、何かご存じの方は次の連絡先にご連絡ください。

 

中村三奈子さんをさがす会
EMAIL:sagasukai98@gmail.com
電話:090-4279-4724

(菅野 朋子/文藝春秋 2011年12月号)

90年代後半の新潟空港(1996年撮影) ©共同通信社