俳優の草刈正雄さんの長女でタレントの紅蘭さんが5月4日Instagramを更新。医師も驚くほど大きな腎結石が見つかり、1カ月後に腎臓の手術を受けることを発表しました。

【画像】紅蘭さんが公開したレントゲン写真

 4カ月前に突如激痛に襲われ、検査の結果ヘルニア腎結石が見つかったという紅蘭さん。「この腎臓にある石は先生も驚くほどの大きさでした」と石ができた箇所にマークをつけたレントゲン写真を公開しており、「私の石は大きすぎるので背中を切って内視鏡を入れて石をレーザー? で砕く手術です。手術後は腎臓に穴を開けたまま管を通し、腎臓から直接尿がでるという状態みたいです!」と1カ月後に控えた手術の概要を説明しています。

 紅蘭さんは自身の体よりも、「なにより娘が産まれてから娘と1日も離れたことがなく、約2週間入院することになる予定なので」と愛する娘の心配が先立っているもよう。両親や会社スタッフへの負担も憂慮しているようで、「とにかく私はなるべく早く復活できるようにします!」と早期復帰を目指すとしています。

 紅蘭さんは2019年に大腸ポリープの除去手術を受け、2020年にも新たに2つのポリープを摘出。この経験から人間ドックや健康診断の重要性を説いてきた紅蘭さんは、今回の投稿でも「とにかく健康診断の大切さを伝えたい! この投稿を読んで一人でも多くの方が自分の身体と向き合う時間を作ってくれたらなと思います!」と強く訴えていました。

2歳娘との親子ショット(画像は紅蘭Instagramから)