KAT-TUNは今年が15周年アニバーサリーメンバー頭文字を取ったデビューグループの先駆けで、「K」亀梨和也「A」赤西仁、「T」は田中聖、「T」は田口淳之介、「U」は上田竜也、「N」は中丸雄一だった。ところが、赤西と田中と田口が脱退・退所。現在はちょうど半数となった。「KA」が亀梨、「TTU」が上田(「た」「つ」や「う」えだ)、「N」が中丸という強引なこじつけになっている。

 KAT-TUNは01年に、KinKi Kids堂本光一の専属バックダンサーとして結成された。従来のキラキラジャニーズと異なり、不良・ギラギラ・ワイルドを打ち出した。それはイメージではなく、メンバーがもともと持っていた性質で、当時はその反抗的すぎる態度で事務所関係者や番組スタッフタレント仲間が手を焼いた。

「とにかく生意気でした。踊りを教えたとおりに踊らない、衣装も指示されたとおりに着ない、時間を守らない、取材の際の口数も少ない。光一から何度も、『おまえら2度と出るな!』と雷を落とされています」(アイドルライター

 上田は「クズだった」と当時を振り返る。その頃に共演した有吉弘行からは、「おまえ、ポケットに手突っ込むな」と厳しい口調で注意された。昨年、その有吉と嵐の櫻井翔が司会を務める「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演した際、有吉から「確かに(態度が)ひどかったから、マジでKAT-TUNだけは(許せない)と思ってた」と打ちあけられている。

「田中と上田は、目が合っただけでケンカになったこともあります。いろんな組み合わせで衝突することが日常茶飯事。その状態のまま番組やコンサートに出るので、周りが大変でした」(前出・アイドルライター

 ツッパることが格好いいと勘違いしていた上田は、11年ごろから始めたボクシングで変貌を遂げた。12年のドラマボーイズ・オン・ザ・ラン」(テレビ朝日系)では、天才ボクサーを熱演。ボクシングきっかけで、スポーツバラエティ「炎の体育会TV」(TBS系)で「ジャニーズ陸上部」や「ジャニーズ水泳部」を発足。ソロでレギュラー番組をゲットした。現在はさらにストイックな道を探究しており、軍隊格闘技を習得。アザだらけにして脛を鍛えるマニアックな強さを求めている。

 ジャニーズ格闘技といえば、11月1日で解散するV6の岡田准一。戦術武道のジークンドーフィリピンの伝統的武術のカリ、体術のシラット、初代タイガーマスクこと佐山聡が考案したUSA修斗など、総合的に網羅。ライセンスまで持っている。

 上田が見つめる背中は当然、岡田。かつてのクズジャニーズが“第二の岡田”を襲名する日は、決して遠くないかもしれない。

(北村ともこ

アサジョ