目に映るすべてのものに興味を持ち、何でもしたがる2歳の息子。トイレで遊んでいたので母親が様子を見に行くと、母親の歯ブラシを使って笑顔で便器を磨く息子の姿があった。母親は息子が自分の歯ブラシを使ってトイレを掃除したのは、今回が初めてだと祈るしかなかったという。『Mirror』などが伝えた。

スコットランド南部ダンフリーズ在住のニコラ・スティットさん(Nicola Stitt、31)は、ディラン君(Dylan、14)とアイデン君(Ayden、2)を育てる2児の母親だ。

ある日、ディラン君がトイレに向かうとアイデン君が楽しそうにトイレ掃除の真似をしていた。ところがその姿を見たディラン君は驚き、大きな声でニコルさんを呼んだという。

息子の叫ぶような声に驚いた二コラさんがトイレに駆けつけると、満面の笑みで便器を磨くアイデン君がいた。ここまでは良かったのだが、よく見るとアイデン君の手には二コラさんが普段使っているピンク色歯ブラシが握られていたのだ。

座面を掴み、便器の中の水に浸るまで歯ブラシを突っ込んで丁寧に掃除するアイデン君の楽しそうな姿には、怒る気力も無くなってしまったに違いない。

その代わり「一体いつからアイデンは私の歯ブラシトイレを掃除していたのか…」「今までトイレを掃除した歯ブラシで歯を磨いていたのかもしれない…」など、二コラさんの脳裏には様々な思いがよぎったはずだ。

二コラさんは「アイデンの姿を見た時は、もう笑いが止まらなかったですよ。これだけならよかったのですが、その後新しく買った歯ブラシでもまた掃除していたんです」と笑っている。

思わず絶叫してしまうほどのハプニングだが、アイデン君がまだ2歳ということもあり、二コラさんは今回の件を笑い話にしようと決めてFacebookグループに今回の件を投稿した。

するとユーザー達から「私の娘も2歳の時に同じことをしてたの。私の場合は歯磨きしちゃってから気付いたけどね」「うちの子トイレの掃除ブラシで部屋の壁にお絵描きしていたよ」といった声が届いており、似た経験をした人がいたようだ。

二コラさんは「歯ブラシはアイデンの手が届かない、高い場所に置いていたんです。アイデンがそこまで登ってしまったみたいなので、今度はアイデンが開けることのできない引き出しの中に入れておくことにします」と対策を講じたという。

続けて「アイデンは本当にいたずらっ子ですよ。今回の掃除が初めてだったことを信じたいですね」とポジティブに捉えている。

画像は『Mirror 2021年5月3日付「Horrified mum realises her toddler has been cleaning the loo with her toothbrush」(Image: Nicola Stitt)(Image: Family Lockdown TipsIdeas/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト