エンターテインメントソフトウェア協会(ESA)は5月6日(木)、オンラインイベントとして開催される「E3 2021」の新たな参加企業10社をイベント公式Twitterアカウント@E3)を通して伝えた。本イベント6月12日(土)から15日(火)までの4日間実施される予定だ。

 なお、公式サイト上で発表されていた参加企業のうち、コナミデジタルエンタテインメント「発表する準備ができていない」として、日本時間5月1日出展中止を発表している。

(画像は2021 Home – Electronic Entertainment Experienceより)

 世界最大級のゲーム見本市として知られるE3は例年であればアメリカカリフォルニア州にて開催されるイベントだが、昨年の「E3 2020」は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、代替イベントも実施されずに開催中止へと追い込まれていた。

 オンラインイベントとしての開催は今回が初。開催決定を報じた4月時点では任天堂をはじめ、Xboxマイクロソフト)やカプコンコナミデジタルエンタテインメントユービーアイソフトなどの企業が参加を表明していた。

 今回新たに発表された参加企業は以下のとおり。

スクウェア・エニックス

セガ

バンダイナムコエンターテインメント

XSEED Games/Marvelous USA

Gearbox Entertainment

Freedom Games

Devious Eye Entertainment

Turtle Beach

Verizon

Binge

ライターヨシムネ

E3の公式Twitterアカウント(@E3)はこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura