今回紹介したいのは、ねこかますさんが投稿した『オッドアイの白い珍獣、猫用ドアと死闘を演じる』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

2020年1月、いくつか猫仕様にリフォームする中で、居間の壊れてたドアを猫用ドア付のものに換えました。 我が家の猫達が徐々に慣れて猫用ドアを使いこなす中、半年経っても猫用ドアをくぐれない珍鈍獣がいて…。


 オッドアイの曉璘(シャオリン)ちゃん。動物離れした鈍さを誇るシニア猫ちゃんです。

 そんな曉璘ちゃんも含めた猫たちが暮らすねこかますさん宅には、居間のドアが壊れているという問題がありました。

 猫たちは閉まらないドアを器用に開閉して出入りをしていましたが……

 2020年1月、とうとう猫用扉付きのドアにリフォーム。ところが猫たちが戸惑い、ねこかますさんが猫たちのドアマンになる事態に。

 しかし猫たちはやがて使い慣れ、自分たちで開けられるようになりました。

 ただ、半年以上過ぎても曉璘ちゃんだけが新しいドアをくぐれません。

 曉璘ちゃん専属ドアマンの日々が続くねこかますさん。

 しかし暖房にドアの開閉が影響する冬、ついに特訓を決めました。

 まずはねこかますさん宅の主猫である麿白ちゃんが、お手本として猫用ドアをくぐってみせます。

 続く曉璘ちゃんはドアの前まで来たものの、戸惑うばかりで「お願いします。開けてください」と座り込むのでした。

 そんな曉璘ちゃんをみて、ドアノブで開けようとする麿白ちゃん。その姿に視聴者から「先生かしこいし優しい」「先生さすが」「助けてあげようとしてるな」の声が湧き上がります。

 ねこかますさんがドアを軽く動かすと逃げてしまった曉璘ちゃんに、「大丈夫だから」とばかりにドアをくぐってみせたりもしています。

 そんな特訓が続いたある日。曉璘ちゃんが猫用ドアに手をかけています。

 その動きはいつもより積極的。あと一息です。後ろでは年下の先輩猫の時雉ちゃんが、曉璘ちゃんのタイミングを尊重するかのようにじっと待っています。

 そして鼻をドア下に突っ込んで……

 戻ってしまいました。

 次はグッとやってきて……

 ドアをくぐり抜けました! 11ヶ月目にして猫用ドアを克服です!

 沸き起こる「おおおおお」という感動の声と拍手。

 ご褒美のマッサージを受ける曉璘ちゃんは、どこか得意げな表情です。

視聴者コメント

かわいいなあ
・お手手かわいい
かしこい かなりマジで
・開けたげようとするの優しくない??
・一年近くかかったけど偉い!
・えらい!えらいぞ!
・できたー!がんばったー!!
・よかったよかった

▼動画はこちらから視聴できます

オッドアイの白い珍獣、猫用ドアと死闘を演じる

―あわせて読みたい―

ネコ社会にも新人教育が…? 先輩猫のポーズを一生懸命マネする子猫に「何そのポーズw」「うつったw」の声

猫様、“猫用ドア”を飼い主に開けさせるVIP待遇を要求…? 慣れない扉に戸惑うニャンコ、可愛すぎんか