とろりとした食感がたまらない生キャラメルキッチンにある調味料を使って、簡単にできるって知っていましたか?

その調味料とは「みりん」です。キッコーマンの公式サイトに掲載されているレシピを参考に、作ってみました。

砂糖を使わない手作り生キャラメルなら、罪悪感なく食べられそうですね。

材料は3つだけ

材料は4人分で本みりん100ml、動物性脂肪の生クリーム100ml、しょうゆ小さじ1です。すべての材料を小さめのフライパンや鍋に入れて火にかけます。

今回は、直径20cmの鍋を使いました。

ポコポコと泡立つ程度の弱火で煮詰めます。鍋底をゴムヘラでなぞったときに跡が残るくらいの粘度になるまでが目安です。

レシピにはフライパンで作る場合は約10分、鍋で作る場合は約15分加熱するとあります。記者は今回、弱火にしすぎたのか20分程度かかりました。煮詰めていくとだんだんと色も変わって生キャラメルらしくなってきます。

バットクッキングシートを敷いて流し入れ、冷蔵庫で冷やせば完成です!生キャラメルらしく厚みを出したいなら、10センチ四方くらいの型に入れるといいですよ。

完成した生キャラメルは、しょうゆの香ばしさや風味アクセントになって、甘じょっぱい味わいです。塩味が気になる人は、しょうゆの量を減らしても良さそうです。

アイスクリームに添えてもおいしかったですよ。おうち時間に試してみて。

キッコーマンのサイトによると、このレシピアルコールが残る可能性があります。アルコールに弱い人、子どもが食べる際は注意してください。