子供から大人まで大人気のアニメ鬼滅の刃」。国内では昨年10月に映画「劇場版鬼滅の刃無限列車編」は公開から73日間で興行収入が324億円以上に上り、これまで歴代興行収入1位だった「千と千尋の神隠し」(2001年、約316億円)の記録を破った。鬼滅人気は海外にも広がっており、米国では劇場版4月23日に公開されると、たちまち外国映画で興行収入1位の大ヒットコロナ禍では珍しく、行列ができる映画館もあった。

 劇場版「鬼滅」の北米でのタイトルは「Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba the Movie: Mugen Train」。タイトル内の「Mugen」やほとんどの登場人物の名前、「Hashira」など物語中の多くのキーワードは訳されずにそのまま日本語が使われている。鬼の最高位「十二鬼月」も「Twelve Kizuki」と一部を残した。

 血が飛び交うなど、子供には刺激の強いグロテスクな場面が特徴の鬼滅の刃。国内では、劇場版12歳未満には保護者の助言や指導が必要とされるPG12指定だったが、米国では17歳未満に保護者の同伴が必要な「R指定」と対象年齢が引き上げられている。

公開3日で2100万ドル「コロナ以降、米国で最大の興行収入に」

 ゲームエンタメ情報サイト「IGN」によると、劇場版「鬼滅」は4月23日(金)に米国やカナダ1600カ所以上の劇場で公開された。たちまち人気となり、米国では海外映画のオープニング興行収入歴代1位を記録。その週末だけで、興行収入は2100万ドル(約23億円)を超える大ヒットに。4月8日に公開された「モータルコンバット」の公開週末の興行収入2250万ドルをわずかに超えることはできなかったが、5月第1週の週末は「モータルコンバット」を抜いた。2週目で逆転したのだ。鬼滅人気の高さは太平洋を越えてもうかがえる。

 映画情報サイト「Box Office Mojo」は、「昨年初めからのコロナ禍以降、米国で最大の興行収入になった」とした上で、感染拡大の影響で自宅で動画配信サービスで映画を見る人が増える中、「人々が再び映画館に足を運ぶようになったことを表している」と指摘した。

 実際、映画ファン批評家からの評価も高い。SNSには「映像も音楽も、キャラクターの描き方も全部良かった」「泣かないと思っていたけど泣いた」と高評価の書き込みが並ぶ。中には「もう一度見に行く」というリピーターの姿もあった。

 映画批評サイト「ロッテン・トマト」では95%の高評価を得た。大手映画データベースIMDb」でも10点満点中8.4点がついている。ユーチューバーで映画批評家クリススタックマン氏は自身のチャンネルで、「テレビアニメ版から物語が直接続いている映画は昨今珍しい」と解説し、「今まで見たアニメ映画で1番良かった」と絶賛。さらに「テレビアニメ版を見た人は、劇場版も絶対好きになるはず」と勧めた。

テレビを見ていないと理解しにくい」という評価も

 スタックマン氏のいうように、劇場版「鬼滅」はテレビアニメ版第1期にあたる「立志編」からストーリーが連続し、第2期の「遊郭編」(2021年放送予定)へと続いていることが魅力の一つ。米国でも「立志編」は動画配信サービスHuluNetflixなどで配信され、人気を呼んだ。

 だが、裏を返せば、テレビ版を見ていなければ劇場版の物語を理解しにくいというマイナスポイントでもあった。映画批評家デービッドエーリッヒ氏は、映画レビューサイト「IndieWire」で、戦闘シーンなどのビビッドな描写が「新鮮」と評価しつつも、「テレビアニメ版を完走していない人にとっては、目を開けているのがやっとだろう」とC評価(上はAから下はFまでの6段階評価)を付けた。

 鬼滅人気は米国のみならずアジアでも高いが、韓国では主人公竈門炭治郎の耳飾りが旭日旗を想起させるとして問題になり、耳飾りのデザインが差し替えられる。一方、米国では「Tanjiro’s Hanafuda earrings」などと呼ばれ、国内同様、ネット上で模倣品が販売されるなど、政治的な問題にはさほどなってないようだ。

 人口の30%がすでに新型コロナウイルスワクチンを接種した米国。パンデミックの影響で映画館も一時期は閉鎖を余儀なくされたが、劇場版「鬼滅」の大ヒットコロナ前のにぎわいを取り戻しつつあることを表しているだろう。

(村田 珠里/Webオリジナル(特集班))

アメリカでの公開を知らせるツイッター画像