SNSは便利で楽しい。しかし、昨今のSNS空間は楽しいことばかりではなくなってしまった。毎日のように誰かが炎上するし、タイムラインが罵詈雑言と怒りに満ちたものになることも珍しくないている。多くの人がSNSの危険性を感じ、窮屈だと思うような経験もしているにもなってきているだろう。

(参考:【写真】10代少女に性的メッセージ送りつける男たち……現在上映中の『SNS-少女たちの10日間-』

 そんなSNS空間の闇を描いた2本の映画が相次いで公開される。動画をバズらせるために殺人を犯す男を描いた『スプリー』と、10代の少女に性的なメッセージと写真を送りつける男たちをあぶりだすドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』だ。

バズるために殺人する究極の迷惑系YouTuber

 昨今、動画撮影のために迷惑行為・犯罪行為に走る「迷惑系YouTube」がニュースとなることがある。『スプリー』は究極の迷惑系YouTuberというべき男を主人公にしたスリラー調の作品だ。主人公カート・カンクルという若い白人男性。バズりたい一心で10年間動画投稿を続けてきたが、一向に注目されない。そこでカートは、バイトのライドシェア中に乗客を殺害し、その一部始終生配信することを思いつく。

 カートは、本当に人を殺害してしまう。しかし、ネットの反応はいまいちだ。だれもそれが本当の殺人だと信じず、コメントで「フェイク」扱いされてしまうのだ。意地になったカートは、さらなる犯行に及び、その行為はどんどんエスカレートしていく。

 本作の映像の多くは、車に据え付けられたカメラ視点からの映像で、観客に実際の生配信を見ているような気分にさせる。普段、我々がスマホなどで見なれた構図の映像ばかりでスマホ時代ならではの臨場感たっぷりの作品だ。

 主人公は劇中、数人の乗客を乗せて多少の会話をするが、その会話でわりと「ポリコレ」が守られているのが面白い。白人至上主義者の男性を乗せた時には差別はいけないと言い、女性蔑視的な発言をする客にもそれを批判してみせる。ライブ配信で不用意な発言をすれば炎上するのは自分である。彼は、そのこともきちんとわかっている。上辺だけリベラルな人間を気取るのは簡単なのだ。

 本作が描くのは、SNSによって膨れ上がった承認欲求というモンスターだ。SNSで認められることは、彼の中で全てにおいて優先されることとなってしまっている。彼は女性にモテたいとか金持ちになりたいとか、具体的な動機は語らない。ただ、バズってインフルエンサーになりたいと思っている。「バズバス」そのものが、物語の主人公の動機として成立する時代なのだ。現代人にとって「バズ」というものがそれだけ魅惑魅力的なものになっているということなのだろう。

■少女に性的メッセージ送る大量の男たち

 もう一つの作品『SNS-少女たちの10日間-』はドキュメンタリーだ。こちらは、SNSを通じて10代の女性に性的メッセージや画像を送りつけてくる大人の男性をあぶりだす、ある実験を捉えた作品だ。

 仕掛けはこうだ。撮影スタジオに3つの子ども部屋のセットを用意し、童顔の18歳以上の女優3人に12歳という設定で偽のアカウントを作成してもらい、各々のセットメッセージを送ってくる男性とやり取りする。

 この仕掛けでコンタクトをしてきた男性の数は、なんと10日間で2458名だったそうだ。しかし、映画はその数以上に衝撃的な実態を赤裸々に映し出す。

 相手が12歳の少女だと認識しているにもかかわらず、自分の性器を見せる者やオンラインビデオセックスを持ち掛ける者たちが数多く捉えられている。性的なセックス目的で外に誘いだそうとするものもいる。

 本作は上述した通り12歳だと偽り、素人を釣り上げる手法で撮影しているという点で倫理的にどうかと思う人も当然いるだろう。共同監督の1人であるバーラ・ハルポヴァ―も、「今回行った撮影方法には倫理的な脆弱性があったのは事実です」と認めている。(参照:映画公式プレスシート

 いずれにしても、その代わりに、制作者はその仕掛けを隠さずに、全て観客に明らかにしている。自身の倫理的な弱点もあますところなく見せた上で、問題を問う姿勢を貫いている。撮影には、メンタルをケアする精神科医や弁護士も性科学者も立ち会い、3人の女優を守る体制も万全に敷いており、コミュニケーションする際にも、こちらからは性的な誘惑をしない、12歳であることを明確に告げるなど厳格なルールを適用している。

 ネット上のコミュニケーションには、男女の非対称性があるのは事実だ。女性の3人に1人がネットセクハラ被害に遭ったことがあるという調査(https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/online-harassment)もあるが、女性にとって不愉快な性的メッセージが送られてくるという経験はそれほど珍しいものではないし、ネットナンパなども男性よりもはるかに多く経験しているだろう。本作はSNS上で実態を伴う性犯罪が野放しになっている現状を明らかにしている。

 本作の監督の1人、ヴィ―ト・クルサークは知り合いの娘に起こったある出来事が本作の制作のきっかけになっていると話す。父親が偶然、娘の携帯電話を見てしまい、父親と同じくらいの年齢の男性にヌード写真を送っていたことを見つけたそうだ。その理由を問うと、その娘はクラスメイトたちがその男とやり取りしていて、自分もやらざるを得なくなったのだと話したという。ヌードを送らなければ仲間外れにされるのだろう。(参照:映画公式プレスシート

 本作はチェコ映画だが、わいせつ画像とSNSをめぐるいじめの問題は日本でも起きている。つい最近も旭川の女子中学生が猥褻画像を拡散され、自殺に追い込まれた事件があったが、これは日本やチェコに限らず、世界中で同じようなことが起きていると考えるべきだろう。

■増大するSNSトラブルにプラットフォームの責任は

 2本の映画を観ると、なぜこのような事態が野放しになっているのかと憤る人もいるだろう。増大するSNSでのトラブルにプラットフォーム事業者は、きちんと責任を果たせているのだろうか。FacebookTwitterYouTubeなど多くのSNSラットフォームに対して、管理体制の強化を求める声が高まっているが、プラットフォームの規制強化は表現の自由を奪う恐れもあり、一筋縄ではいかない議論だ。

 米国議会では今年の3月、IT大手3社のCEOに対する公聴会が開かれ、そこではSNSが抱える多くの問題が指摘された。ワシントン議会選挙事件に至るまでの真偽不確かな情報への対処の遅れ、社会的責任よりも利益を優先しているのではないか、そして「プラットフォーム企業は脳や社会性が未発達な子どもSNS利用に見て見ぬふりをして、彼らの健康を犠牲にして広告収入を得ている」のではないかなど様々な指摘が相次いだ。
(参照: https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN251200V20C21A3000000/)

 米国議会では、プラットフォーム事業者が個別の投稿に法的責任を負わないことを定めた通信品位法230条の改正についての議論も起きている。日本にも同様の免責を認めたプロバイダ責任制限法がある。

 日本では、プロバイダ責任制限法の改正案が国会に提出された。これまでの法でも、誹謗中傷などの相手を特定するための発信者情報の開示請求は行えたが、時間も手間もかかるので、被害を受けた人にとって利便性のある制度ではなかった。今回の改正案は、その手続きの簡略化を目指したものだ。

 こうした改正案が出てくる背景には、2本の映画が描くようなSNSでの犯罪行為やトラブルの増大が背景にある。コロナ禍巣ごもりする人が増え、人々はますますオンラインで過ごす時間が多くなりオンライン上での児童への性的虐待が増えているとも言われている。(参照:https://www.afpbb.com/articles/-/3320817)プラットフォームの責任は、これまでとは異なるものになっていくのだろうか。

 しかし、事業者による、ユーザーの投稿の管理強化は事実上の検閲強化となり、自由な表現が損なわれる恐れもある。そして、こうした投稿への管理に大規模な人員と予算を割けるのは大手企業だけであり、強い規制を義務付ければ新規参入を阻むことにもなるだろう。GoogleのピチャイCEOは、230条改正について事業者が「過剰規制になるか、まったく投稿を管理できなくなるかのいずれか」になると改正に慎重な姿勢になるよう求めている。
(参照:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN251200V20C21A3000000)

 2本の映画は、我々のオンライン社会の闇を見事に暴き出しており、SNSの使い方や事業者の道義的な責任についても深く考えさせられる作品だ。日本でも起きているプラットフォーム事業者の責任を議論する上でも非常に参考になるだろう。

(杉本穂高)

(C)2020 Spree Film Holdings, LLC. All Rights Reserved.(スプリー) (C)2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio and Television of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.(SNS-少女たちの10日間-)