2019年の4月時点で、全国に刑務所は61カ所、少年刑務所は6カ所。その中で生活する男性受刑者は4万156人、女性受刑者は3564人だという。

 窃盗、薬物事犯の高い再犯率や外国人受刑者の処遇など数多くの問題を抱える現代の刑務所だが、社会全体の問題と並行するように、受刑者の高齢化も大きな問題になっており、60歳以上の受刑者は実に20%を超えているという。

 そんなまさに「社会の縮図」である刑務所の現在について『塀の中の事情』(清田浩司)より、一部を抜粋して引用する。

◆◆◆

まるで高齢者施設

 大阪・堺市の市街地の真ん中に位置する“西日本最大”の大阪刑務所。関係者の間では略して「ダイケイ」と呼ばれる。ここにも再犯や暴力団関係の受刑者などおよそ1800人が収容されている。取材した当時(2017年)、最高の服役回数は35回目という人生のほとんどを塀の中で過ごしている受刑者もいた。

 工場での刑務作業を見ると他の刑務所とは少し違った運用をしている。大阪刑務所では刑務作業が受刑者の状態によってA、B、Cと3つのタイプに分けられているのだ。中には小さなスプーンの袋を外したり、ナプキンを折るだけという簡単なものもあった。いったい、西日本最大の刑務所で何が起きているのか、紹介していきたい。

 午前6時50分。大阪刑務所の一日が始まる。起床時間の様子を見ると、ある一角に少し様子が違う受刑者たちの姿があった。

 刑務所では布団やシーツのたたみ方、置き方に関して細かいルールがあるのだが、起きてから十数分経っても一向に布団やシーツがたためないでいる者がいる。何をするにしても非常に動作が遅いのだ。中には外国人受刑者の姿があったが、他の受刑者が身支度を整え、すでに部屋の掃除を行っているにもかかわらず、着替えすら終えていない。神経質なのか丁寧に毛布をたたんでいて一向に着替えようとしない。

 職員が部屋を見回り、早く着替え、部屋の掃除をするよう再三促す。

 どうにか、着替えを終え、部屋の掃除を済ますと刑務官が「気をつけ!」と号令をかけ朝の点検が始まる。施錠されているか、受刑者たちが自分の部屋にいるかを刑務官が二人一組になって確認していく。

「61室、点検! 1名」

「1名」

 朝点検が終わると、朝食の時間だ。この日の献立はレーズンパンマーガリン、紙パックのコーヒーという簡単なもの。配られるとすぐに食べ始めるが、ここでも奇妙な光景が繰り広げられていた。

 70代の受刑者が飲んでいたのは、洗面台から汲んできた大量の水だった。一気に飲み干すと、その器をなぜかテーブルの上で回し、それが終わると、服の下からタオルを取り出し、汗もかいていないのに、熱心に顔を拭き始める。実は今、刑務所内でも彼のように著しく動作が遅く、認知症のような症状を示す受刑者が増えつつあるという。高齢者施設のように見えるがここは塀の中だ。

 朝食を終えると出室だ。受刑者の部屋の扉が開き、刑務作業を行う受刑者が一斉に工場へと向かう。最初に出てきたのは、車椅子に乗った受刑者。移動に時間がかかるということで先に移動する。中には松葉杖をついている受刑者もいる。

刑務作業と技術伝承

 2015(平成27)年から、大阪刑務所では受刑者の状態に合わせた刑務作業を行わせるため、前述したとおり、工場を3つのタイプに分けた。

 まずAタイプは一般の受刑者が刑務作業を行う工場だ。刑務官が「天突き用意! はじめ!」と叫ぶと、受刑者たちは「ヨイショ、ヨイショ!」と掛け声をあげながら両手を上に突き出す運動を始める。刑務作業前の準備として行われているのが、この「天突き体操」だ。身体を温めることで、けがの防止にもなるという。

 そして刑務官が「よし! 作業はじめ!」と叫ぶと刑務作業が始まる。ここで受刑者が作っているのはカーテンレールだ。電動ドライバーを使いこなし、手際よく組み立てていく。大阪刑務所での刑務作業は、このような民間企業からの受注のほか、地元・堺市の伝統工芸品の敷物「手織緞通」の製作も行われ、技術伝承のために一役買っているという。

刑務作業のレベルを落とさないとついていけない

 Bタイプは何らかの障害がある受刑者だ。工場に到着すると作業着に着替えるのだが、その時間も普通以上にかかる。サンダルから靴に履き替えるのですら非常に時間がかかっていた。Bタイプの工場では、受刑者が長い時間、椅子に座れないため、畳の上で刑務作業をする姿もあった。こうした光景は他の刑務所の工場では、あまり見られない。

 作業の様子を見ると、ある受刑者は袋から小さなスプーンを取り出す作業を延々と繰り返す。さらに隣の受刑者はフォークを束にして袋に入れる簡単な作業をしている。

 彼らが行っているのは、製品の不良を見つけ分別するというごく簡単な検品作業だ。実は懲役刑を科せられた受刑者は、刑務所内で何らかの刑務作業を行うよう法律で義務付けられている。だが、現実には刑務作業のレベルを落とさないと、ついていけない受刑者が増えつつあるのだ。担当刑務官が説明する。

「ほかの工場では1回の指導でできますが、この工場では何度も指導を繰り返し、わかりやすくしています。意思疎通が困難な受刑者も多く、体調面については自ら訴えることが少ないため受刑者が出すサインを見逃さないように心がけています」

意思疎通が困難な受刑者

 そして大阪刑務所では、さらに軽い作業を担当するCタイプの工場も存在する。それは高齢者や何らかの疾患を抱えた受刑者を集めた「養護工場」だ。作業内容も紙ナプキンを折るなど単純な作業のみを行う。取材時には37人の受刑者がいたが受刑者の平均年齢は70歳、そのほとんどが60代から70代だ。

「一列、前へ進め!」

 刑務官が号令をかけると1日40分間設けられている運動の時間となる。養護工場で作業する受刑者たちの運動時間は、他の工場とは異なった雰囲気に包まれる。通常の受刑者のようにグラウンドではなく、養護工場の受刑者たちは周囲を白いフェンスで囲まれた狭いスペースでの運動となる。言い方はよくないが、それはまるで鳥籠のようだった。

 運動する者は少なく、ほとんどが日光浴といった感じだ。さらには雑談をしたり将棋を指すなど、その光景はさながら高齢者の福祉施設の庭先を彷彿とさせる。

 一方、簡単な検品作業を行うBタイプの工場では午前中の刑務作業が終わり、受刑者たちが楽しみにしている昼食の時間となっていた。この日の昼食の献立は、麦ご飯にチキンカツ、バターコーン、鮭と根菜の味噌汁。皆が黙々と食事を口に運ぶ傍らで手先が不自由なのか、食べるのもおぼつかない受刑者の姿もちらほら見られる。食べ物を口に運ぼうとするが、ぽろぽろと下に落としてしまう。

 食後は休憩時間になるが、高齢受刑者たちは雑談にも加わらず、午前中の作業に疲れたのか居眠りをしていた。簡単な刑務作業でも、ようやくこなせている状態のようだ。

ゲームする金欲しさに空き巣へ

 担当刑務官に聞く。

──社会に復帰した際、適応できない受刑者の割合はどのくらいなのでしょう?

「6割から7割近くはいると思います。社会に出て、法律を遵守すること、当たり前のことができない受刑者が多いので……」

 さまざまな原因から、社会に適応できず、結果として再犯を繰り返し刑務所に戻ってくるという。われわれはその中の一人、50代の受刑者に話を聞くことができた。

──服役するのは何回目ですか?

「10回目です」

──今回服役することになった罪名は?

「窃盗です。知らない人の家に入って、現金とかを取って……」

 80代の母親のもとで生活し、お金には困っていなかったというのだが、5万円ほどを盗んだという。今回は出所後、1年も経たないうちに刑務所に舞い戻ってきてしまった。中学卒業後、工場で働いたり清掃の仕事などをしていたが、どれも仕事は長続きしなかったという。その理由を尋ねると、

「自分でもわからないです。違う仕事をしたいなと思ってしまい……やっぱり、上の人に怒られたりしたら、すぐに嫌になってしまって」

 そして再犯の理由を聞き、私はあきれてしまった。

ゲームとかするお金が欲しくて……」

──ゲーム? ゲームセンターとかですか?

「そうです、遊ぶお金がどうしても欲しくて……。家に帰るとまた何か言われるかなと思うので、それだったら、家に帰らないでどこかの旅館に泊まってと……」

「今度はしたくなったら、ちゃんと家でお母さんに言ってから…」

 彼は若いころから、ゲームセンターに入り浸り、そうした遊ぶ金欲しさから空き巣を繰り返し、10回も服役することになってしまったという。

──そのときは働こうと思わないのですか?

「盗んだほうが早いかなと……」

“盗んだほうが早い”という言葉に罪の意識は全く感じられない。出所後の目標を聞く。

お母さんも高齢やし、同じことを繰り返していたら、お母さんの死に目にあえないか、わからないですし、やっぱり今回を最後にして社会で頑張っていこうかなとは思います」

──またゲームしたくなるんじゃないですか?

「今度はしたくなったら、ちゃんと家でお母さんに言ってから、ゲームセンターに行こうかなと……」

 彼のように繰り返し窃盗をした場合、常習累犯窃盗罪で裁かれる。今回は懲役3年6か月だ。被害額が少ない場合でも常習性が問われ、刑期が長くなることも多く、刑務所高齢化の一因とも言われている。

「ぎりぎりで福祉制度に乗りきらない、でも問題をかかえている」状態

 さらに、もう一人。

──刑務所で服役するのは?

「10回くらい……恐喝とか窃盗とかですね」

 60代までに10回もの服役を繰り返した受刑者。高齢になってもなお、再犯を繰り返す理由を尋ねる。

ギャンブルに走った傾向がありました。お金もすぐなくなりますし……、仕事も続かないっていう」

 彼は社会に戻るたびにギャンブルに溺れ、生活そのものが破綻していたという。法務省によると取材当時(2017年)、受刑者の中で再犯者の割合は48%と過去最高を記録した。年々犯罪者の数自体は減る一方で、再犯を繰り返す受刑者が「固定化」しつつあるのだ。

 高い再犯者率、そして受刑者の高齢化という一朝一夕には解決しえない深刻な問題に直面する刑務所の厳しい現実。大阪刑務所で再犯受刑者を心理面などからサポートする刑務官は社会に適応できない出所者を受け入れる社会的な受け皿の必要性を訴える。

「ぎりぎりで福祉制度に乗りきらない、でも問題をかかえている人が結構多くいるというのが現状です。この人は困っている人なんだと気づいて手を差し伸べていくしかありません」

“社会を映す鏡”とも言われる刑務所。再犯と高齢化という刑務所が直面する問題は、決して塀の向こうだけの話ではないのだ。

(清田 浩司)

高齢化問題は刑務所の中でも起こっていた(写真はイメージ) ©️iStock.com